2017.07.02

もうすぐ引退する電車 その7

このタイトルで記事を書くのは5年ぶりです(爆)

今年4月に首都圏に復帰して以来、かつてよく乗っていた鉄道車両がめっきり数を減らしているのに気が付ました。

今回はそのような「もうすぐ引退する電車」のうち「地下鉄車両」だけを紹介します。

・東京地下鉄6000系

千代田線とJR常磐緩行線を走行している電車です。

Dscn02291

1968年初登場ながら、当時としては斬新な正面のデザインと、車内の座席袖仕切り部分と連結部の形状が幾何学的模様に連なっているところなど、特徴が目立つ電車です。
最盛期は10両編成が35本(別に試作の3両編成が1本)、小田急-千代田線-常磐緩行線を走行していましたが、新型16000系への置き換えが2010年から始まり、現在は10両編成が4本しか残っていません。
この4本、朝夕のラッシュ時にしか出てこないし、保安装置が新型に切り替わってしまった小田急には入らなくなっています。
しかも東京地下鉄は、2017年度中に千代田線の車両を16000系に統一する計画を進めています。
見られるのは長くても来年の3月までということになります。

それにしても、ワタシが千代田線ユーザーだった頃は、本当にいっぱい走っていたのに、今ではたった4本ということで驚いています。

・都営地下鉄10-000形

都営新宿線と京王線を走行しています。

Dscn00501

1978年の都営新宿線部分開業以来、(1971年製の試作車含めて)8両編成28本が1997円まで製造走行していましたが、これも経年劣化により新形の10-300形に順次置き換えられることになり、2005年から廃車が始まりました。
現に「東京都交通局経営計画2016」には、新形の10-300形を2016、2017の両年度に5本ずつ投入するとなっています。
現在残存している10-000形は8両編成4本。計画では2017年度に新製車が5本入るということですから、この残存車もあと1年も持たないということになります。
画像は残存車の中では最古参の1988年製の編成です。

・東京地下鉄03系

日比谷線と東武スカイツリー線を走行する電車です。

Dscn02891

えっ?この車両なら今も普通にたくさん走っているぞって?
でも2020年度までに新型の13000系に置き換えられることになっています。
日比谷線は従来車長18m車の8両編成で運行されていましたが、車長20m車7両編成の新型車をもって、日比谷線の保安装置を新しくし、かつホームドアを設置することになったのです。
新型13000系は今年3月から運用が始まり、車番の末尾が6の編成(通算6本目にあたる)も運用についており、ひきかえに8両編成42本が存在した03系は、すでに5本が引退した模様です。
撮影はお早めに。もちろん当然ながらルールは厳守して撮影しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.17

久々に吉祥寺に来てみたが

先週土曜日に武蔵野陸上競技場でサッカー観戦をした帰りに、実に10年ぶりに吉祥寺に行ってみました。

とにかく「住みたい街 No.1」ということで、いろんな媒体で取り上げられ、関西にいててもイヤでもその名を聞かされる街ですが、ワタシ2004年度の1年だけ、ここを仕事で担当したことがあります。
その当時に思っていたのですが、吉祥寺ってあまり「キレイ」って印象が無かったんです。
ハモニカ横丁って、正直キレイとは言い難いし、焼き鳥のいせやだってシロートや一見さんはちょっと入りにくい大衆店でしょう?

それと当時驚いたのは駅の公園口を出たところの、あの飲食店が立ち並ぶ狭い道路をバスが頻繁に通ること。
平日の昼間はともかく、土日の午後のあの多くの人通りをかきわけてバスが走る光景は、ハモニカ横丁や近鉄裏に加えて「ここが本当に若いヒトに人気のある街なのか?」と思わせるに十分でした。

そして、今回10年ぶりに観た風景は画像の通りです。

Dscn02451

変わってませんでした(笑)
このまま変わらずにあってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.11

JFL第13節 武蔵野シティFC対MIOびわこ滋賀を観てきた

武蔵野市立武蔵野陸上競技場で観てきましたよ。

われらがMIO側のアウェー応援席におられた方々は、ワタシ含めて21名でした。

でも、なんか草津市にいるみたいで嬉しかったです。

次は9月24日の栃木やな(笑)

Dscn02431

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.29

レイデオロとヤマトダマシイ

「レイデオロ」がダービーを制しました。

藤沢和雄調教師は驚いたことにこれがダービー初制覇でした。
実に12度も調教師リーディングに輝いている名調教師なのに、この方は意外にも3歳クラシックにはあまり縁が無かったんですね。
でも93年にデビューした藤沢師の管理馬「ヤマトダマシイ」がダービーに出ていたら、ダービー初制覇まで、こんな2017年まで待たなくてよかったんじゃないかと思います。

「ヤマトダマシイ」は強かったです。
父パーソロン、母の父キタノカチドキという良血もさることながら、デビュー戦の勝ち方がすごかった。
出遅れから最後の直線で後方一気のブチ抜き勝ちでした。
正直デビュー前から注目していたということは無かったんですが、その勝ち方と、レース後の解説者やアナウンサーのコメントを聞く限り、「今年のダービーはこいつが勝つ」と確信しましたもん。

デビューが93年1月の新馬戦だったので皐月賞のトライアルレースには間に合わず、第2戦は3月末の中山での500万下でした。
ここでいつも連勝式の馬券を購入していたワタシ、初めて単勝式を購入しました。
ええ、「ヤマトダマシイ」に5000円です。
オッズには興味がありません。
勝って当然。
2着馬をどれだけ離すのか、それだけに興味がありました。

結果は・・・
当時競馬に興味をもっておられた方ならご存知のとおり、「ヤマトダマシイ」は4コーナー手前で骨折し外ラチ方向に逸走して競走中止。
そのまま予後不良となりました。

ちなみにこの年のダービー馬は「ウイニングチケット」です。

「ヤマトダマシイ」が健在であったなら、たぶん、おそらく、いやかなりダービーの勝ち負けをしていたと思います。

藤沢師がダービーを制したのを観て、「ヤマトダマシイ」のことを思い出された方が少なからずおられると思います。
ワタシもあれ以来封印していた単勝式馬券を、再び検討してもいいかな・・・と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.21

痴漢の疑いをかけられたらどうすべきか?

今年の4月以降、首都圏で線路内にヒトが立ち入る案件がやたらと目立ちます。
 
ワタシ、2007年6月23日(おおかたちょうど10年前)に、このブログでこんな記事を書いてました。
すでに10年前の時点で、痴漢(または痴漢の疑いをかけられたヒト)が、線路内に逃亡する案件が頻発していたんですね。
それが今になって妙に注目されている。
なんででしょう?
 
要は痴漢(または冤罪者)が線路内に逃げることが増えた、つまり痴漢の冤罪を疑われたら、ともかく逃げろという指南がネットを中心に浸透してきたことが一因と思われます。
 
痴漢は犯罪です。
だが線路内に立ち入ることは、もっと罰則が大きい犯罪です。
それを知ってか知らずか線路内へ逃亡するヒトが目立ちます。
それでこの頃になって、線路内逃亡を防ぐためか、主にネット上ですが弁護士やそのテの犯罪に詳しい関係者による、痴漢に疑われた場合に取るべき行動が書かれています。
とてもその通りにはできません!
おかしい!
信じられませんわ。
理由は以下に書きます。
 
指南1、逃げずに現場に居残って潔白を証明する目撃者を探せ
→いや、ムリでしょ。
 
普通は電車が止まってドアが開いたら、降りるべきヒトは降りますわ。
すぐに現場は保全されなくなる。
目撃者がいたとしても、通勤時間帯の出来事であれば、わざわざ現場に居残って証言してくれるだけの時間的余裕が無いヒトばかりでしょう。
そもそも目撃者っている?
だってみなさん、満員電車の車内で、そんなに周囲の様子を凝視していますか?
ワタシなんか、隣に立ってるオサーンが何をしているのかなんか、まず見ていません。
だからそのオサーンが疑いをかけられたところで、助けることはできません。
 
指南2、弁護士に連絡してください
→あまり実現性のない空論でしょ?
 
知り合いに弁護士がいればともかく、そうでない大多数のヒトは、弁護士を呼ぶってどこに連絡すればいいのか知りません!
アギーレ法律事務所かい?
仮に連絡先がわかったところで、そもそも弁護士がすぐに来てくれるの?
痴漢の有罪率は99%超です。そんな「負け戦」の弁護を引き受けてくれるヒトいるの?
(まあ弁護士からみれば有罪になろうと不起訴になろうと費用だけは請求できますから、結果にこだわらずにすぐ来てくれるヒトもいるでしょうね)
朝のラッシュ時にこのような案件が同時多発したなら、当然弁護士の絶対数が足りないし、まだ出勤していない弁護士が多いだろうし。
仮に運よく弁護士が来てくれたところで、その費用を考えると示談金を払うほうが安くつくかもしれません。
 
指南3、名刺などを渡して自分の身分を明かして、いったん現場を立ち去る。
→いやいや、その名刺に書かれてある勤務地に警察が来て身柄を拘束されることも考えられますから(笑)
 
実際には名刺渡したところで、被害者や駅員に囲まれてしまい、すぐにその場を立ち去るというのは困難なようです。
 
指南4、今は痴漢冤罪を考慮して、警察もそう簡単に逮捕拘留にはもっていかないから、ひとまず警察官といっしょに警察署に行く。
→ウソつけ!
 
最近は痴漢の冤罪が増えているから、警察も捜査方針を変えたなんて正式な発表がありましたか?
警察署にまで行ってしまえば、ほぼ100%クロとして扱われます。
ただし警察署では捜査として指先に付着している繊維の検出鑑定があります。ここで被害者の衣服と同じ繊維が指先から検出されなかったら即釈放ということになります。これだけは指南としては正しいように思えますが、被害を訴えた女性がトンズラしたり自分の衣服の繊維の提供を拒否した場合は残念ながらアウトです。
ちなみに駅員さんは、まず100%警察官へ引き渡します。もし容疑者がクロだった場合、警察に引き渡さなかったら駅員が「逃がした」ことになりますから。
 
どうも、どの指南もムダなように思います。
パニック状態になった冤罪者が線路内に逃げたくなる気もわからんではないですね、残念だけど。
 
では、どうすればいいのか?
どうやら、最初から痴漢に間違われないような行動をとるしかないようです。
 
ワタシの場合、関西在住だったここ9年間は、画像のような座席配置の車両で通勤していて、かつ首都圏ほど混まなかったため、痴漢に間違われるどころか、痴漢行為による容疑者の拘束場面すら見たことがありませんでした。

161206img_0376

が首都圏はこういうふうにはいきません。
 
ワタシの自衛策は以下の3つ。
・カバンは女性の腰にあたる部分には持たない
・片手でつり革、もう片手でスマホという、両手がふさがる体勢をとる
・極力女性の近くに行かない
 
今回は、なんか書いててむなしくなりましたわ・・・
「なら書かなきゃいいのに!」って言われそうですが(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.15

上野駅の混雑、何とかならんか!?

前回の続きです。

ワタシ、4月3日より、かつて通ったことのある
松戸→(常磐緩行線)→北千住→(東京メトロ千代田線)→大手町→(東京メトロ東西線)→日本橋
のルートで通勤してます。

が、大手町駅の混雑(改良工事のため階段や通路の幅がやたら狭くなっている箇所があるので)がヒドくて、それを避けようと、かつて使ったことがある

松戸→(常磐線)→上野→(東京メトロ銀座線)→日本橋

というルートに逃げてみました。

結果は最悪でした。
というのは東京メトロ銀座線上野駅も改良工事の真っ最中で、日本橋駅以上に階段やプラットホームの幅が狭くなっている箇所が多かったんです。

東西線と銀座線の双方を利用された経験のある方ならお分かりになると思いますが、銀座線はまだ乗客が今ほど多くなかった戦前に開業したため、車両は16m長の6両編成であり、それにあわせて駅も小さめのつくりになっています。
一方の東西線は高度経済成長と国鉄との相互乗り入れを考慮して作られたので、車両は20m長の10両編成で、駅も当然銀座線よりは大き目です。
つまり、銀座線上野駅の混雑ぶりは東西線大手町駅以上にヒドかったんです。
どれだけヒドいのかといえば、画像を撮影する余裕すらないんです(笑)
上野駅の改修工事は大手町駅同様に3か月や6か月で終わることはないようです。
ちょっとあきらめです。

なので今のワタシ、
松戸→(常磐緩行線)→北千住→(東京メトロ千代田線)→大手町→(東京メトロ東西線)→日本橋

松戸→(常磐緩行線)→金町→(京成線)→押上→(都営地下鉄浅草線)→日本橋
のルートを使い分けてます。

後者は定期券対象外区間だから自己負担なんですわ(涙)
ストレスはもっともかからないけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.30

大手町駅の混雑、何とかならんか!?

はい、ワタシ、4月3日より、かつて通ったことのある
松戸→(常磐緩行線)→北千住→(東京メトロ千代田線)→大手町→(東京メトロ東西線)→日本橋
のルートで通勤してます。

が、毎朝イヤになります・・・

その理由・・・それがかつてはこれほどでもなかった大手町駅の混雑ぶりなんです。
エスカレーターや通路の改修工事がちょうど行われている最中で、そのため通路や階段の幅が狭くなっており、その部分がラッシュ時のヒトの流れのボトルネックになっているからです。

Dscn00831

1番目の画像が千代田線を降りて東西線に乗り換えるために上がる階段です。
エスカレーター改修工事のため、左半分が閉鎖されており、階段(しかも対面通行)の幅がこれだけしかありません。

2番目の画像は、その階段を抜けて東西線ホームに向かう途中の乗り換え通路。
ここも改修工事中で幅が半分になってます。
配管むきだしの天井には、万一に備えてかネットが張ってあります。

Dscn00851

ここを過ぎて東西線ホームに降り立つ階段の入り口が3枚目の画像。
いちおう上りと下りで区分されてはいますが、どちらもヒトふたり分の幅しかありません。
わかりやすいように、ここだけ昼間のヒトが少ない時間帯に撮ってる画像を載せてます。

まあ3年後には東京オリンピックもあることだし、改修工事を行なうとしたら今しかないというのはよく理解できるのですが、それにしてもタイミング悪い。
千代田線ホームのエスカレーターなんか工期が4月から6月まで。新生活スタートで妙に混む時期がわざわざ工期になってる。せめて7月から9月にしてくれれば、ちょっとはヒトの流れが落ち着いた時期で、夏休みもあるから少しは混雑がマシになるのに・・・と、ここを通るたびに思っているのはワタシひとりじゃないと思ってます。

Dscn00731

この4月から大手町駅(あるいは東京メトロすべて)を使い始めたヒトたちが、要領をわかってくるGW明けになれば、混雑もいくぶんかは緩和されるでしょうが、やっぱりイヤになる。

以前のワタシは、このルートがイヤで
松戸→(常磐線)→上野→(東京メトロ銀座線)→日本橋
というルートに逃げていましたが、今はその「迂回ルート」を使う気になれません。

その理由は次回に書きたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.04.02

変化

ご存知の方も多いのですが、正式にご挨拶致します。
この度、異動により東京へ単身赴任することになりました。
妻と娘たちは滋賀県草津市に残ります。
またワタシの住民票も滋賀県草津市に残します。
大阪在勤の頃にお世話になった方々、本当にありがとうございました。
また快く送り出していただいた友人、同僚、愛すべき広島の方々にあらためて御礼申し上げます。
今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.31

定点写真その24 広島 原爆ドーム前

定点写真シリーズの第24弾は、広島県広島市中区の原爆ドーム前電停です。

1枚目の画像は1987年に撮影したものです。

S5703004

原爆ドームの前を「被爆電車」と称される650型652が走行しています。
この652号、今でも現役ですが、この当時は
・まだ冷房化されていない
・前面に菱形黄色の警戒塗装がある
という特徴のほか、2系統の運用に就いています。
当時の2系統は広島駅~己斐を指し、広島駅~宮島は系統番号を表示せず単に宮島線直通と呼称してました。
現在の2系統は、この広島駅~宮島のことを指すので、652号が就くことは絶対にありません。
また今の広島電鉄は「2号線」という呼び名を使用しています。

そして2枚目の画像は2014年8月に撮影した同一場所です。

20140813fj311835

そうなんです。
同一場所だとは思うんですが、どうも特定できないんです。
それほど変化が著しいんです。
定点のポイントは画面左側中央の歩道上にあるバス停の場所です。
それなのに、旧景にある原爆ドームは樹木に隠れてまったく見えませんし、旧景には無かった電停がありますし、旧景の奥のほうに見られる駐車場は、今では存在していません。
ついでにバス停の名称も「市民球場前」から「原爆ドーム前」に変わっています。

確かに旧景にある駐車場は、何か殺風景な感じがしますが、それが撤去されて芝生と樹木に整備された今では、悲しき遺産の前ではあるものの美しい景観の形成がなされています。
また樹木の成長も目立ちますね。
この「定点写真」は24回目になりますが、「小ぎれいになった」と「樹木が成長した」という二つのポイントは、どこの地でも共通であるように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.18

かつての京都市の市バスでは

いま、普通に公共交通機関である都市の路線バスに乗っていると

「危険ですからバスが止まるまで席を立たないでください」

という意味の女声の案内放送が流れます。
都バスもそうでしたし、全国ほとんどの地区で、おおむねこういう放送が流れていました。

ところがですよ。
かつての京都市は違いました。

Kyotocitybus005

ワタシが小学生のころから社会人になって京都市を出ていくまでの間、京都市交通局の市バスの車内放送は

「次は〇〇、〇〇です。お降りの方はお知らせください。出口は前ですから前の方へお進み願います」

でした。
要は降りるお客は、ボタンを押したら席を立って運転手の横にある運賃箱の隣に立っておれという意味なんですよ。
実際、バス停が近づいたとき、運賃箱の隣に誰もお客がいなかったら、運転手は降りるヒトはいないと判断してバス停を通過してしまうことがごく普通にありました。
これ読んでる方の中にも、修学旅行で京都を訪れたとき、バスが止まってから席を立とうとしたらバスが止まってくれずに目的のバス停に降りそこねた経験がおありの方がおられるんじゃないですか?

今では京都市バスに乗っていても、かつてのような放送は流れません。
やっと、というかどうにか京都も他都市並みになったということかな。

今回言いたかったことは「京都って観光客が思っているほどノンビリした土地ではなく、案外せっかちな面がある」ということです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«スーパームーンの翌日