« JR西日本脱線事故続報その2 | トップページ | 輸入グッピーとの格闘その7 »

2005.10.12

輸入グッピーとの格闘その6

ついさっき、銀座から帰ってまいりました。

で、水槽を見る。
尾ぐされ病の症状が出ていたダイヤモンド♂くんが☆になっている。
ついでに昨日仲間入りしたばかりのフラミンゴ♂も☆に。水が合わなかったのか?
犠牲者が二匹。事故死ではなく人災なのか?自問自答・・・。

生存者をあらためて観察する。
ブラックタキシード♂の横っ腹がおかしい。一部が白く変色している。なんでしょう?
特徴のない♀の横っ腹には「綿」が。荒療治を施す気にもなれません。
さらによく見ると、今度は嬉しい誤算というか、尾びれの上部が長い♀が出仔しているではないか。
ただ産み切ったあとのようで、もうお腹はぺったんこ。目撃した出仔シーンは最後の一匹を産み落とすところだったようだ。水槽内を観察すると稚魚がポツンポツンといる。ネットで拾い集めたが5匹しか救えず。でも貴重な5匹
。大事に育てねばならん。5匹とも産卵箱に移す。
現在の(稚魚を除いた)輸グピ勢力は10匹。うちおかしいのが2匹。アグテンは効かなかったようだ。

|

« JR西日本脱線事故続報その2 | トップページ | 輸入グッピーとの格闘その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/6359960

この記事へのトラックバック一覧です: 輸入グッピーとの格闘その6:

« JR西日本脱線事故続報その2 | トップページ | 輸入グッピーとの格闘その7 »