« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の3件の記事

2006.01.25

窃盗犯よ!チャンスかもよ!

首都圏に積雪してから4日目になりました。
それでもなお、初期の除雪が不十分だったため、結果的に凍結した雪がこびりついたままの道路や歩道があちこちに多く見受けられます。
塀や更地の前ならともかく、普通の民家や商店の玄関前がビッシリ凍結しているのを見るたびに、「ここの人はこれでいいと思っているのだろうか?」と思っています。
歩きにくいしすごく滑る。
入口前が凍ったままの居酒屋なんか、客を招き入れる気があるのかどうか、店主を小一時間ほど問い詰めたくなります。

除雪がまったくされてない住宅街の街区が少なからず存在していることに危機感を抱いています。
これって、その街区の住人達は除雪をしてない=目の前の道路が凍結しようが滑りやすくなろうが放置=そもそもそういうことに関心が無い・・・ということになります。
以前に某テレビ番組でも放映していましたが、窃盗犯が狙いにくい街区って、落ちたゴミや落書きや公共物の破損が見受けられない場所、つまり人の眼が行き届いている場所だというデータがあります。
それなら逆に除雪されていない街区って、まさしく「人の眼が行き届いていない場所である証明」ということになる。
こういう場所っていずれは窃盗犯の餌食になってしまうんでしょう(もうなってたりして)。
また落書き大好き人間にとっても、行動しやすいんじゃないですかね。きっと率先して落書きを消そうって住人はいないと思われるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.23

雪かきならぬ氷かき

千葉県北西部はひざびさの積雪にみまわれています。
昨日も今朝も気温が低いため、雪は融けていません。
昨日は朝から住居の周辺の雪かきを行ないました。
なんか「雪かき」というより「氷かき」でしたわ。
クルマに踏み固められた所なんか、本当にバリバリです。
ただ、このあたりのご近所の方、みんな自主的に自宅の周辺プラスαの範囲の雪かきをされてます。
エライ!
ワタシの場合はクルマの通行よりも小学生の安全な通学路を確保してあげたい一心で雪かきしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.14

雨の夜の出来事

昨晩のことです。
駅の改札口を出ると雨でした。
ワタシは折り畳み傘を持っていたので、タクシー乗り場の行列や、迎えに来たクルマの混雑を横目に家路につきました。
5分ほど歩くと、ワタシの数メートル前を一人の若い女性が傘ナシで歩いてるのに気づきました。
他には人はいません。そのうち彼女に追いつきました。強くはない雨ですが寒い夜です。
傘に入れてあげよう!
でも、ワタシ、結局彼女に傘を差し掛けることなく、横を追い抜いていってしまいました。
「途中まででもよければ入って行きませんか?」
と声かけたところで、なんせ、こういうご時世です。
丁重に辞されるならともかく、たいがいは強い警戒心のもと
「いえ」
という一声残して、足早に去っていくでしょう。
ひょっとしたら逃げ出すのみならず、罵声を浴びせてくるとか、大声あげられるかもしれません。
そう、ハッキリ言って、ワタシはそういうふうになるくらいなら、最初から声をかけないほうがマシだと思ってしまったのです。
こっちは純真に寒いから可哀相だと思ってても、相手からは親切な人というよりアヤシい人と捉えられるに違いない。
そう思ってしまう自分自身が悲しいです。
30~40代の健全な男性諸氏!あなたならこういうときどうする?
ワタシは・・・彼女のことをものすごく気の毒には思いますが、次回、似たようなシッチュエーションがあっても、多分声はかけないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »