« 3人目誕生 | トップページ | 姉歯発覚以後のマンション購入記その7 »

2006.02.25

姉歯発覚以後のマンション購入記その6

今日、赤ちゃんがママと共に退院してきました。
家の中がいっぺんに賑やか・・・を通り越して騒がしくなりました。

・その6 ヒューザー
最初に各社のモデルルームまわった頃には、まだ構造計算偽装問題は発覚していませんでした。
候補を一通りまわったところで「姉歯」とか「ヒューザー」という単語が新聞テレビを賑わせました。
最終的に購入したマンションのセールスさんとは、こんな会話交わしました。
「ヒューザーの物件って、今だから言えるけど、お勧めできません。当方の営業方針として他社さんの物件についてはとやかく言わないことにしているんですが。」
「それはどうして?」
「とにかくなぜか安くて広いんですよ。これは何かあると思っちゃうワケなんです。たとえば角部屋なのに窓が無い物件があったりして。そんなところでコスト削って安くしてるのかなあって思ってました。」
「・・・」
「自分が購入者なら買いたくなかったです。まさかこんなことになるなんてねぇ。」
という具合です。
つまりヒューザーの物件は安くて広いから、商売敵としては難敵だったということです。
いいように解釈すれば、このセールスさんも、業界の性善説を信じていたということになりますね。
私はヒューザーの物件は一度も検討したことありませんでした。
候補としていた地域にたまたま無かったからだけなんですが。

教訓:昔の人はいいこと言います。安物買いの銭失いってね。安い物件はなぜ安いのかをキッチリ説明求めねばならないということです。
次回からは、こんな時期において、チラシやHPの情報収集からMRめぐり、交渉、検討から購入決定まで、どういう軌跡をたどってきたか、数回に分けて、できるだけわかりやすく説明していきます。本当はみなさんそれを読みたいんでしょう?(笑)

|

« 3人目誕生 | トップページ | 姉歯発覚以後のマンション購入記その7 »

コメント

いいなぁ~~私も自分たちだけの家がほしいよ~~
なんせうちは3世帯同居ですもん(泣)

投稿: みや | 2006.02.27 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/8833995

この記事へのトラックバック一覧です: 姉歯発覚以後のマンション購入記その6:

« 3人目誕生 | トップページ | 姉歯発覚以後のマンション購入記その7 »