« 姉歯発覚以後マンション購入記その15 | トップページ | 姉歯発覚以後マンション購入記その16 »

2006.03.08

姉歯発覚以後マンション購入記番外編

・札幌で新たに偽装発覚

出ましたね。
札幌で新たに構造偽装発覚です。
事件の詳細はテレビやネットで出ていますので、ここでは多くを書きません。
率直な感想のみ書きます。

今回の浅沼という建築士、姉歯氏のように施行会社から脅されて仕事欲しさに偽装をしたというのではないんですね。
耐震壁が多ければ地震に強いという自分の信念に基づき、都合の悪い数字を変えたと。
そのくせ記者から
「あなたが客なら、このマンションに住める?」
と尋ねられたら、押し黙って返答しません。

おい!信念はどうした?
ついでに呆れるのが
「保有水平耐力がよく判らなかった。物件を数多く手がけていくうちに判ってくると思っていた」
という発言。
こんな人が何で設計できるの?

もう設計士に性善説を抱くことはかなわぬということでしょうか。
こんなこと、ワタシのような食品業界に例えれば、利益を得るためなら人体に良くないモノを添加した製品を平気で送り出すことと同じよ。

最後に率直な質問。
今まで一級建築士と二級建築士の違いは、設計できる建物の大きさの制限が異なる、つまり一級建築士ならマンションが設計できるが、二級建築士は戸建や平屋の商業施設程度しか設計できないと思ってました。
でもこの浅沼という建築士、二級建築士ですね。
二級建築士でも7階建てマンションの設計ってできるということでしょうか?

|

« 姉歯発覚以後マンション購入記その15 | トップページ | 姉歯発覚以後マンション購入記その16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/8994043

この記事へのトラックバック一覧です: 姉歯発覚以後マンション購入記番外編:

« 姉歯発覚以後マンション購入記その15 | トップページ | 姉歯発覚以後マンション購入記その16 »