« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の15件の記事

2006.10.31

かしわ市場まつり報告

行ってきましたよー、かしわ市場まつり。

会場に着いたのは11時半頃でした。
えっ?もっと早く行かなかったのかって?
ウチの家族の出足が遅かったのです。
なかなか行こうとしない。
理由?ウチの嫁はん、基本的にワタシが提案することには、まず「反対!」の姿勢を表明します(笑)
だから、今回のかしわ市場まつりも、ワタシが行こうと言い出した手前、嫁はんはどっちかというとイヤイヤ参加・・・

会場は大盛況でした。
Hi360292

いやいや、本当になかなかの人出です。
バンドのライブや子供が喜ぶコーナーがあり賑やかです。
人気のマグロ解体即売や、毛がに、海鮮丼は行列行列。
買ったもの、ゆっくり座って食べようにも、仮設ベンチは空いてない。
(しっかりレジャーシート持参で来られてる方もかなりおられましたが)
ワタシ、場内常設の食堂で海鮮丼食べてみたかったのですが、けっこう並んでいるし、しかもこっちは人数多いからまとまった席がいつ空くか判らないし、今回は断念。

花きも魅力でした。
ウチの嫁はん、パンジー買おうとしたのですが、販売単位がケース(12鉢)だったので断念。
こういうところに市場の片鱗がうかがえました。

肝心の「価格」ですが、よくある即売会といっしょでした。
つまりよーく見るとたいして安くはないモノがあります。
市場だからって、全部が全部安いということはありません。
そういうところを見切るのが、また楽しいんですけどね。
それでも午後12時を過ぎると、閉店間際のスーパーと同じく、安売りがけっこう出始めました。
マグロの短冊、けっこうデカいのが2切れ、あるいは3切れで1000円でした。
(これはしっかり買いました)

正直、こんなに人出があるとは思ってませんでした。

来年もぜひ来てみたいと思います。
近い将来、この市場は移転してしまうのですが、それまでは恒例行事として楽しみたいと思います。

ホンマ、とりとめのないレポートになってしまってすみません。
Hi360294

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.29

ウチの娘の「伝い歩き」

今回は久々にほのぼのネタです。
柏の葉キャンパス周辺情報を期待しておられた方、すみません

ついこの間に「つかまり立ち」を始めたウチの「下の娘」ですが、早くも少しずつ「伝い歩き」ができるようになりました。
生後8ヶ月だから、まあ早いほうだと思います。
前にも書いたとおり、ウチの「中の娘」より5ヶ月ほど早い。

ただねぇ、ぎこちない「伝い歩き」で、受け身が取れないから、転ぶときは豪快に転んで、アタマを打ってしまいます。
これが心配のタネでして。
実はハイハイもぎこちないんです。
ろくにハイハイできない状態なのに、一挙につかまり立ちから伝い歩きへ飛躍してしまったんですねぇ。
基礎固めせずに次の段階へ急いでしまう。
なんか彼女の人生の行く先が見えてそうで(笑)

ワタシ自身は、伝い歩きはこんなに早くなかったそうです。
ただしワタシの弟は1歳の誕生日当日は「走っていた」そーです。
早い・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.28

東京大学柏キャンパス公開中

27、28日の二日間公開されています。Hi360284


画像にある送迎バス案内をよく見ると、日付の部分が貼り付け改訂されていますので、以後も恒例行事になる可能性が強いですね。
キャンパス公開の内容は東京大学の公式HPを参照ください。
ワタシ、東大理系の卒業ではないので、公開内容がここではうまく解説できないんですわ(笑)
Hi360285

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.27

柏の葉キャンパス駅周辺マンション事情その3

日本ハムが強かったというより、中日ナニしとったんや!というのが率直な感想のワタシです。

それでは前回の続き。

6、柏の葉キャンパスっていうくらいだから学生さんが多いって本当?

答え:ウソですね。学生さんはそんな多くは見かけません。
だってただでさえ学生数の少ない国立大学の、しかも専門課程が置かれている所なんです。
マンモス私学の教養部のあるキャンパス周辺とは様相が全く異なります。

7、見たところ柏の葉キャンパス駅周辺には小中学校がありませんが?

答え:ありませんね
柏市のHP内にある、この計画図を見ると、駅南東部および西部に学校建設予定地があります。
しかし、以前からこの地域に住んでおられる方々のお話を総合したところ、この柏市北部も御多分にもれず少子化が進んでおり、周辺のほとんどの小学校は生徒数減少問題に悩んでいます。
そういう状態ですので、今後住宅マンションが相当数増えない限りは、柏市は学校の新設よりも、既存の学校での定員増加でまかなうことを先決に考えているらしいのです。
計画地内の学校はそう簡単に新設されないかもしれません。

8、柏の葉公園っていい感じ?

答え:その通りだと思います。
広大で緑が多いです。
サッカー好きな方には、柏の葉総合競技場で行なわれるJリーグ公式戦も魅力でしょう。

柏にJリーグのチームがあることは、街の知名度という点で、全国的に計り知れない大きな影響があります。
関西人や九州人に松戸、流山、柏、野田、我孫子のうち知ってるのはどれ?って尋ねてみてください。

このシリーズはいったんここまで。
細かいQ&Aはコメント欄にて続けようと思います。

画像はTXアベニュー定点撮影、6月12日撮影分です。
Uma060612ca240116

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.10.24

柏の葉キャンパス駅周辺マンション事情その2

このブログ、やはり「ららぽーと」とか「柏の葉キャンパス」って語句でググって訪れていただける方が多いんです。
そのためというワケじゃありませんけど、できるだけこの地区の最新情報をお知らせしたいと思います。

では前回の続き

3、柏の葉キャンパス駅前周辺のマンションって売れてる?

答え:実はこのあたり、圧倒的にマンションより戸建が多いのです。
駅から徒歩圏内の新築分譲マンションって多くありません。
まあチラシを見る限りでは、駅から離れれば離れるほど現在残室あるようです。
とにかくこの地域は柏の葉公園住宅や東急柏ビレジに代表される、駅から離れたところに落ち着いた戸建が並ぶようなところなんです。
じゃあ駅に近いところってマンションでもなく戸建でもなく何があるのかって?
見渡す限りの大平原です(笑)
駅降りたらビックリするよ。

4、柏の葉キャンパス駅あたりって空気がきれい?

答え:汚くはないが決してきれいとは言いがたい。
アキバまで30分で行ける距離です。
これで空気がきれいとは言いがたい。
しかも近隣には十余二工業団地もありますしね。
とはいえ悪臭や煙が立ち込めるってことはありませんが。

5、このあたりって道路の渋滞が激しいって聞いたけど?

答え:激しいです!(きっぱり)
国道16号は柏インターから呼塚まで慢性的に渋滞しています。
その影響で周辺道路も混みます。
16号を片側3車線にでも拡幅すれば渋滞もマシになるでしょうけど、物理的にもムリです。
このあたりで生活する以上は、クルマでの移動に渋滞時間を念頭に入れなければなりません。

今回の画像は建設中のTXアベニュー定点撮影・本年5月25日撮影分です。
Uma060525ca240121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.21

柏の葉キャンパス駅周辺マンション事情

ららぽーと柏の葉開業を機に、三井主催の駅前プロジェクト含め、柏の葉キャンパス駅周辺の住宅マンションに何らかの興味を持たれる方が増えていることと思います。
今回はそのあたりの事情を書きます。

ワタシ、前回の記事に
「実際に現場を訪れたことのない者どもが何をほざくかと腹が立ちます。」
って書きました。
そう、実際に来てもいないのに地図と憶測だけでネット上に情報を出しておられる方がおられます。
そのあたりの本当のところを書いてみたいと思います。

1、国道16号に近いからうるさくて危ないというのは本当か?

答え:駅前に限ってはほとんどウソです。
駅前から国道16号は見えません。
地図だと近く見えるけど、実際は駅前では16号を走るトラックの騒音など深夜でもない限り聞こえません。
駅を通過するつくばエクスプレスの快速のほうがうるさいです。
ただし駅から国道16号を越えていく住宅マンションにとっては、危ない道であることは本当です。
昼間は渋滞してます。だからかえって騒音はしません。
深夜はトラックがけっこうなスピードで走ってますので危ないです。
ただ16号沿いには住宅マンションはありませんので、実際に騒音で困っているという方は少ないんじゃないかな。

2、通勤通学のつくばエクスプレスは空いていて快適だというのは本当か?


答え:朝ラッシュ時に限ればウソです。

各停なら朝でも座れます。
ただ区間快速は絶対座れません。
さらに流山おおたかの森から東武野田線からの乗り換え客が押し寄せますので、列車によっては常磐線並みに混雑します。
八潮だとドアが閉まりにくくなります。
通勤のおとーさんの立場で言うなら、少しでも始発に近い駅から乗りたいというのがホンネだから、流山おおたかの森よりは柏の葉キャンパスや守谷から乗りたいでしょうね。

今回はここまで

画像は柏の葉キャンパス駅のTXアベニューができるまでの様子の定点撮影です。
今回のは今年の4月30日、建築が始まった当初の駅コンコースから見たTXアベニューです。
Uma060430ca240195

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.20

柏の葉キャンパス駅前マンション情報

こちらのにゃんこさんのブログでも紹介されています通り、柏の葉キャンパス駅前のマンションについての情報がようやくポツポツと出始めました。
おおまかな概要は公式HPを見てください。
ただしこのHP、まだ全容は明らかにしていません。
もう10月なのにね。

毎日現地の横を通っている立場から申しますと、くい打ち作業は既に2ヶ月前から施行されています。
やはりららぽーと柏の葉の開業を待ってから一気に情報開示するようです。

また、以前から、この柏の葉キャンパス駅前プロジェクトと、流山おおたかの森駅前プロジェクトで、妙なこだわりを持っている方々のなさけない言い争いが散見されます。
実際に現場を訪れたことのない者どもが何をほざくかと腹が立ちます。
よって、このブログでは、実際に現地に在住している立場から見た正しい情報を随時お伝えしていこうと思います。
画像はTX柏の葉キャンパス駅構内に貼られているプロジェクトの広告です。
白かった駅がオレンジがかった茶色に侵食されている!(笑)
Hi360278
Hi360277

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.10.16

輸入グッピー 教訓

このブログ、去年の今頃は熱帯魚「輸入グッピー」の話題ばかり書いてましたから、そのへんのキーワードがヒットしてアクセスしてこられる方がかなりおられるみたいです。
なのでウチの輸入グッピーの現状をレポートします。
Hi360257


今回の画像は現在のウチの水槽です。
わかりにくいのですが、要は現在ウチには輸入グッピーは一匹もおりません。
死に絶えたのではなく、引越し時にあげちゃったのです。

かなーり前の記事にあるのですが、ウチの輸入グッピーは、買うと死に、また買うと死ぬ状況でした。
それでもたった一匹だけ♀グッピーが生き残りました。
その♀が産むわ産むわ、寂しくなっていたウチの水槽がグッピーまみれになりました。
最盛期はグッピーだけで120匹はいたでしょう。

そこで輸入グッピーの教訓
1、丈夫な輸入グッピーを買えるかは運!
同じショップの同じ水槽から買って、ウチの同じ水槽に入れた結果、たった一匹だけが生き残り、しかもその生き残りが多数産仔しました。
同じ条件なんだから、本来は全滅しているはず。
でも一匹だけ残っている。
「運」です。
ワタシが買った中で一匹だけがとても丈夫だったということなのです。
あなたが買った輸入グッピーが全滅しても、あなたの選び方や飼い方を恥じなくていいと思います。

2、クネクネ泳ぎをしている輸入グッピーがいたら、その店から当分買うな
輸入グッピーがフィルターからの排水口に向かってクネクネ泳ぎをしていたら、そいつには間違いなく死期が迫っています。
その水槽にいる他のグッピーも、いずれはクネクネ始めると思っていいでしょう。
もしショップでそれを見かけたら、その水槽からは一匹も買わないほうがいいと思います。
ついでに、たいていのショップは、水槽の水は全水槽共通で循環浄化しており(輸入グッピーの水槽だけ別系統の水を使っているショップはさほど多くない)、クネクネ泳ぎのグッピーがいる水槽の水は、別の水槽にも流れ込んでいます。
つまり、その時点では、そのショップの水にはクネクネ泳ぎの元凶となる細菌が隆盛していますから、沈静化するまでそこからの購入を延ばしたほうがいいと思います。

3、死に始めたら最後、たいていのクスリは効かない
グリーンFゴールドやパラザンが効く、あるいは塩が効くなどいろいろな意見がありますが、結局死に始めてからは何を入れても効果はないと思います。
塩を入れるのなら、かなりの量を思い切って入れたほうがいいでしょう。

4、価格は高くないから何度でもやり直せ
そりゃ1ペアで万円単位まで行く国産グッピーが全滅したら精神的ダメージもでかいけど、輸入グッピーは1ペア200円~400円でおさまるでしょう。
全滅したらしたで水槽リセットして、新たに輸入グッピーなり、リセット後なら国産グッピーを何度でも買えばいいです。

5、グッピーが死ぬ事で感傷的になるな
死んでしまうのはかわいそうだけど、増えたら増えたで、今度は背中が曲がっている奇形の魚や、国産グッピーの場合なら(すんごく元気なのに)種親にするには体形や色合いが悪い魚を、それこそ容赦せず淘汰しなければなりません。
魚が死んでしまうことに割り切りの心を持たないとグッピーは飼えないと思います。

まあ、まとめてみると「輸入グッピーは消耗品」という考えに落ち着きそうです。
死んでもすぐに安価で補充できるし、子供が産まれても代を重ねるにつれ体形が悪くなっていく。
新しい血を入れればいいんですが、その新たな輸入グッピーが丈夫であるかどうかは運任せ。
割り切りが必要ですね。いろんな面で。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.15

柏プラネタリウム

今回は柏の葉キャンパス駅から離れて、本家本元というかJR柏駅周辺の話題です。
上の娘、中の娘のふたりを連れて柏プラネタリウムへ行ってきました。
プラネタリウム詳細はリンク先のオフィシャルHPを参照ください。
要は、ここは
・日本で2番目に小さいプラネタリウム
・月に4日しか上映がありません
というところが特徴です。
Hi360272

入ってみたら、確かに小さい。
イスはプラネタリウム独特の、あの背もたれがものすごく後ろに傾くヤツなんだけど、折りたたみイスのような簡易型で、しかも床に固定されていない。
ただ上映が始まれば、デカいプラネタリウムと何ら変わるところは無い。
しかも解説員の方の肉声による解説や、上映終了後の雰囲気が、なんかこう「手造り」って感じがして、大いに好感が持てる。
定期的に訪れてみたい!って思わせる館でした。

ワタシ、この館の存在は以前から知っていたのですが、上映期日が少ないこともあり、なかなか予定が合わず、今日がやっとのことで初訪問ということになりました。

で、娘たちの感想ですが・・・
上の娘はひとまず小学生ですから、おおまかな意味は判ったようです。
が、中の娘にはちょっと早すぎました。
というか、首都圏で生まれ育った娘にとって、満天の星空なんぞ縁の無いものですから、今回プラネタリウムで観た星空自体が別世界の話のように思えて興味を持てなかったんじゃないですかねぇ。
満天の星空と無縁って、なんか寂しいハナシです。
かくいう(一応都会育ちの)ワタシも、学生時代に北海道で初めて「天の川」を観たくらいですから、やはり寂しい環境だったわけです。
みなさん、天の川、観たことありますか?

下の画像は、そのプラネタリウムのある柏図書館の玄関にある、図書館利用者への注意書きです。
めったに見られない文面でしたから思わず撮ってしまいました。
なんなんだ!「長期間入浴や洗体をしないため他の利用者から苦情の出るような臭いのある方」って(笑)
洗体って変換しても出てこなかったぞ!
それに「濡れたままの衣服の方」って。
かつてはそんなヤツが来てたわけですな。
図書館員の苦労を察します。
Hi360271

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.10.12

ららぽーと柏の葉 完成間近

工事用フェンスが取り払われて、ららぽーと柏の葉の建物が、よりクッキリと見えるようになりました。
開業日時も正式にリリースされました。
いよいよ完成が近づいてきましたね。
Hi360252

その建物ですが、内部をのぞいてみると、ストレートな通路が延びているのが見えます。
奥のほうはともかく、見えている範囲では、あまり複雑な導線はないようです。
駅を出て左に曲がったところの真正面にある入り口の左はパンのドンクのようです。
真正面に行かず、やや左よりの部分にはカフェ・カルディーノとカルディーコーヒーファームが並んでいます。
入り口の右側、ドンクの反対側は無印良品です。
ドンクの上部2階はアパレル、3階はカフェテリア形式のレストランのようです。
内装が完成していくにつれ、このあたりもハッキリしてくるでしょう。
2枚目の画像は駅を出て左に回り込むように曲がったところにある、駅建物に面している入り口の様子です。
Hi360255

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006.10.11

ウチの娘の「つかまり立ち」

ひさびさにほのぼのした話題を(爆)

ウチの下の娘(三女のことですよ)が先週からつかまり立ちを始めました。
生後7ヶ月目です。
どちらかというと早いほうだと思われます。
ちなみにウチの場合、それぞれつかまり立ちを始めたのは
上の娘・・・生後8ヶ月半
中の娘・・・生後10ヶ月
下の娘・・・生後7ヶ月
というふうになります。

現在初めてのお子様の育児に奮闘中のおかあさまへ
つかまり立ちを始める時期って、決まっているワケではありません。
ウチのように同じ父母から生まれた(笑)女の子だって、こんなふうにバラバラです。
よそのお子さんと比べて遅いとか早いとかは、あまり気になされないほうがいいと思います。
現に上の娘と中の娘が歩き始めた時期は、つかまり立ちよりさらに差がありました。

ウチの奥さん、子育てのストレスがピークに達していると思われます。
あと1年半くらい「戦場」かな・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.10.09

柏の葉キャンパス駅前便りその10

市場の一般開放がありますよー。
柏の葉キャンパス駅から徒歩7分あたりに位置する柏市公設総合地方卸売市場で、今月29日に恒例のまつり(外部一般開放)が行なわれます。
先週からは柏の葉キャンパス駅構内にも告知ポスターが張られています。
ただしこの市場、ここにもある通り、近い将来移転することが決定しています。
柏の葉キャンパス駅から訪れることができるのも、あと何年のことかわかりません。
今年のまつり内容は、添付したポスターの文面をご覧ください。
実際、普段でも一般人は絶対に市場に入れないということは無いんですけど、商品購入は困難です。
Hi360241
なお「駅前便り」もその10まで来ましたので、次回からはすこしタイトル変えます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.10.08

ウチのオカヤドカリその後

ウチの上の娘、結局オカヤドカリの世話をしません。
ワタシの仕事になってしまった・・・

前にも書きましたがオカヤドカリは夜行性ですから、寝る前にエサやり水やりができるという利点があるので、小学生だって充分世話ができるのですがねぇ・・・

昨夜にエサとしてポップコーンを初めてあげてみましたが、今朝起きて観てみると、ポップコーンの白い部分だけをものの見事にご賞味してました。
あんまりおかしかったので写真撮っておきました。
今回の添付画像がその写真です。
画面中央の花びらのように見えるのが、白い部分だけ食べられてしまったポップコーンの残骸です。
Hi360249

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.04

柏の葉キャンパス駅前便りその9

駅建物の東側に隣接する道路(というか歩行者用通路かな)の舗装工事が始まりました。
つまり今まで舗装されていなかったわけですな(笑)。
工事状況の画像を添付します。

ららぽーと開業に備えて、駅周辺を急ピッチで整備し始めたのかと駅建物の西側を見たら、こっちはとっくにカラー舗装されてる!
これも画像添付します。
何となく駅の東口と西口に格差が出始めたように思えます。

今、駅前に欲しいもの。
それは「コインパーキング」ですね。
ららぽーとの駐車場が完成していない(本当は一部完成していて工事用車両は駐車してます)現在、TXアベニューに用があったりして、ちょっとクルマを停めたいときに停められる所がありません。
マクドナルドもスピガジェンマも、ampmだって、クルマのお客さんも来てくれるものなら来てほしいはずです。
他のTXの駅には駅前にコインパーキングが整備されている所があるのにね。
柏の葉キャンパス駅前も、建物が決まるまで遊んでしまってる土地があるんだから、いったん仮の駐車場にしてしまったらどうですか?
三井さん?
Hi360247
Hi360246

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006.10.02

ディープインパクトの敗因

このブログを観てくださる方々は、どちらかというと競馬には詳しくない方が多いと思われます。
それでも昨夜のフランス凱旋門賞だけは観られた方、観るまではいかずとも何らかの興味を持たれた方がおられることと思います。
ここで、日本最強馬のディープインパクトがなぜ負けたのかを、京都競馬場で4年間裏方やってたれじぇんどが、簡単に原因について触れてみたいと思います。

ワタシなりに思うに、ディープインパクトの敗因は
「ディープインパクトが賢い馬であるがゆえに、環境の違いを余計に感じ取ってしまったこと」
に尽きると思われます。

強い馬は総じて賢い馬である場合が多いです。
アホな馬は「競馬が何であるか判っていない」、つまり皆と一緒に競馬場を一周走ればいいというくらいしか思っていないのに対して、賢い馬は「ゴール地点で先頭に立っていなければならない」ことを判っています。
そのためのペース配分はもちろん、スパート地点まで自分なりに覚えています。

今回の凱旋門賞はNHKでLIVE中継だったから、馬が装按所からパドック(下見所)に出てきて、本馬場へ入場してからスタートするまでがノーカットで観れました。
その一連の動きが日本の競馬場と違うことに気がついたでしょう?

日本ではパドックには出走約50分前に出てきます。
凱旋門賞は出走20分前に出てきました。
日本ではパドックから本馬場まで地下道を通ります。
凱旋門賞は観衆にはさまれた地上の通路を通りました。
日本では本馬場には出走20分~25分前に出てきます。
凱旋門賞は本馬場に出たのは出走7分前でした。
ほかにも
日本の芝コースは芝が浅くて硬いです。
凱旋門賞のコースは芝が深くて柔らかいです。
日本の競馬場はみんな日本語話しています。
凱旋門賞のロンシャン競馬場はみんなフランス語話しています。
つまり、ディープインパクトから見れば、普段とは「リズム」が異なる、どうしようもない違和感があったということです。

普通は「スクーリング」という事前下見を施して、馬に実際のコースや通路を事前に通らせて、ある程度慣らせておくのですが、スクーリングの日には観衆はいません。
ゆえに、ディープインパクトは賢い馬ですから、どうしても自分なりにいつもとは違う何かを感じながら、リズムを知らず知らず乱されていったというのが本当の所だと思います。

もちろん地元ヨーロッパの騎手は、日本の馬に勝たせてなるものかと、徒党を組んで牽制してきたとは思います。
もっともレース観てた限りでは、ペースこそ乱させたものの、あからさまに進路を狭めるような動きは無かったように思います。(ちなみに昭和61年のシンボリルドルフは競走中に故障を発生して敗れました)

今になって前哨戦のフォア賞に出走しておいてもよかったのでは?という気がします。
しかし、惨敗ではなかった。
ぜひ来年再挑戦して欲しいものです。
日本にいても勝つべきレースは有馬記念を除いてすべて勝ったし、いっそ海外長期滞在でもして備えて欲しいと思います。
いやー、久々に長い文になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »