« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の15件の記事

2006.11.29

寝台急行の乗客数

YOMIURI ONLINEからの転載です。

早朝の東海道線、寝台急行にはねられ男性死亡…静岡
(読売新聞 - 11月28日 10:50)
 28日午前4時ごろ、静岡市清水区七ツ新屋のJR東海道線草薙―清水間で、大阪発東京行き寝台急行「銀河」(8両編成)が、線路上に立っていた男性をはねた。
男性は死亡した。
清水署の調べによると、男性は20~30歳くらいで青色のジャージー上下を着ており、同署で身元を調べている。
乗客約30人にけがはなかった。東海道線は同区間で約1時間40分運転を見合わせ、約1000人に影響が出た。

という記事なのですが・・・
えっ?乗客が30人?
大阪~東京間の夜行寝台急行「銀河」といえば、国鉄時代からの名門中の名門列車です。
以前に比べて大幅に乗客が減ったとはいえ、たった30人とは・・・
8両編成ということは、実質7両編成だから、1車両あたりの乗客は何と約4人強ですわ。
ワタシもこの急行「銀河」を利用したことありますが、混んでるときは混んでた印象があったものですから、乗客30人には驚きます。
飛び石連休後の平日とはいえ、この乗客数では、採算考えて「廃止」の声が出ても反論できないでしょうね。

このブログを読んでくださっている方は、JRの夜行寝台列車なんて利用はもちろん、その存在すらご存知ない方もおられると思います。
寝ている間に目的地に運んでもらえる夜行列車は、使いようによってはたいへん便利な交通手段なんです。
今は昔と違ってシャワーが完備の列車が増えましたし、個室もあります。
ただこの急行「銀河」には、シャワーも個室もありません。女性には使いにくい列車でしょう。
名門急行を残すなら残す、やめるならやめるで将来に向けての大英断をJRに期待します。

いやいやそれにしても、乗客30人って、どこかのローカル線の記事だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.26

ららぽーと柏の葉 渋滞混雑回避方法

ららぽーと柏の葉へのアクセス方法は
1、つくばエクスプレス
2、路線バス
3、クルマ
の3種です。
ところが22日のオープン以来、23日、25日、26日と、押し寄せるお客で、どのアクセス方法もたいへん混雑しています。
ここでは、それぞれのアクセス方法について、混雑を回避するヒントを記述したいと思います。
まあ、こんなに混雑するのはあとしばらくだけどね。

つくばエクスプレスの場合
Hi3600092_1

渋滞も無いし、さほど混むこともなく、3つのアクセス方法の中では、これが一番無難かなと思われます。
柏の葉キャンパス駅には自動改札機が3機しかなく、降りるお客が集中したときだけは、画像のようにやや混みあいます。
それでもホーム降りてから改札機抜けるまで5分も要するなんてことはありません。
降りたらすぐに帰りのきっぷを購入しようと思われる方も、混雑時は臨時の発売所が開設されますので、さほど並ばず購入できます。まあパスネット買っておけばそんな心配不要ですね。
列車はいつものことながら区間快速よりも普通のほうが空いています。

路線バスの場合(東武バスイースト)

柏の葉キャンパス駅西口を発着する系統は、ららぽ周辺道路の渋滞に巻き込まれますので、大幅な遅延が見込まれます。あまり使わないほうがいいと思います。
JR柏駅西口から来られるなら、4番乗り場から「柏09系統 若柴経由柏の葉キャンパス駅東口行き」の利用が、少しでも渋滞を回避できます。
ただ、JR柏からバスで来る人って本当にいるの?
他のネットでも書いてあったけど。
JR柏からなら、東武野田線で流山おおたかの森まで行き、そこでつくばエクスプレスに乗り換えるのが早くて無難でしょう。

クルマの場合
Hi360013

画像で判るとおり、ららぽ立体駐車場へは左折でしか入れません。
しかも西口駅前広場からきた道がぶつかるT字路から南(画像の地図でいうなら下)に行った方向に2箇所の入り口が集中してます。
そこで駐車場入り口のある道路に入ったら、最初の入り口から入ろうとするクルマで数珠繋ぎになっている左車線は避けて右車線を通り、奥の入り口から入るようにします。
次に、ららぽに限らず、道路が渋滞しているときは、目的地までのルートに右折が多ければ多いほど進みません。なんせ曲がった先が渋滞してたら曲がること自体ができませんからね。
そこで駐車場入り口のある道路まで極力右折をしなくて済むルートを選びましょう。
具体的にそのルートを書くと、今度はそこがすごく混むかもしれないからコワいんですけど、要は柏の葉キャンパス駅西口をひたすら目指すルートを少し工夫することです。
柏の葉公園横から科学警察研究所前を通るルートは右折待ちで相当混雑します。地図を見て、住宅街を抜けずにほとんど左折で駐車場入り口に達するルートがありますので調べてみてください。

次の土日は、いくぶん混雑もマシになるでしょうけど、まあ当分は混みあう状況が続くのは間違いないでしょう。
柏の葉キャンパスの道路でもこれなのに、来春のおおたかの森SC開業のとき、周辺のあのお寒い道路がどういう状態になるのか、ちょっと怖い気がします。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.11.25

やっとららぽーと柏の葉に見参!

とうとう行くことができました(笑)

ここから先は、一度でも行ったことのある方しかお解りいただけないかもしれませんが・・・

率直な感想・・・よかった点
1、思ったより曲線の多いデザイン
開業前に外部から見通せる部分(1階の東急ストアおよび無印良品の横の通路)って直線が目立ったから、単純なレイアウトなんだな・・・って思ってたけど、いい意味で予想を裏切られました。
2、子どもへの思いやりがみえる通路
3FのKaBoSの前、キッズスペース周辺の通路はカーペット敷きでした。子どもが転んでもケガしないでしょう。
3、イベントステージが屋外なのは感心
普通は屋内でしょう。ただこれが災いして「本日のイベントは雨天のため中止」というのが多発しなければいいんですが・・・
4、フードコートがちょっとリッチ
比較して悪いけど、ヨーカドーやモラージュのフードコートとは客席の雰囲気が違いすぎます。ただお値段もちょっとリッチだったかな。

率直な感想・・・よくない点
5、駐車場の表示、誘導が不備
ワタシ一応地元民で、立体駐車場入り口が2箇所あるのを事前に知ってました。
だから、駅西口からのT字路を先頭に道路の左車線につながる入庫待ちの渋滞を尻目に、右車線をスイスイと遠いほうの立体駐車場入り口へすんなり入りました。
これ、知らない人は絶対怒りますよ。
6、ベビーカーにはちょっとつらい
ベビーカーのまま駐車場に入ろうとすると、スロープが無く階段のみという箇所があり、ちょっと困ります。
2F総合案内所でベビーカーがレンタルできますが、それを駐車場に放置されないようにする対策なんでしょうか。
7、柏の葉キャンパス駅コンコースと直結してない。
今のところ雨が降れば、駅からららぽへ濡れずに入ることができません。
東急ストア側エントランスの向かい側の駅舎の壁を早急にブチ抜いて、駅コンコースに直結する屋根付き通路を整備すべきです。

まあ、いいこと悪いこと書いたけど、ともかく「いいSCができた」と思います。

あんなに寂しかった所に、こんなにたくさんの人がいるのが信じられません。
お客さんたち、どこから来てるの?
あんなに寂しかった道路に、こんなにたくさんのクルマがあふれているのも信じられません。
クルマ、どこから来てるの?
一方で駅東口の相変わらずの寂しさにも笑えます。

これから少しずつ細かい所についてあーだこーだと書いていくことになると思います。
ひとまず初訪問でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.11.23

紅葉の岐阜城

23日のららぽーと柏の葉、けっこうな混雑だったようですね。
道路の渋滞状況なんか、画像で見てみたいものです。そう書きたくなるほど以前の柏の葉キャンパス駅周辺道路は閑散としていましたから。
本日の画像は、今回の出張先の岐阜城です。紅葉がきれいでした。

Hi603262

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.11.22

那覇のDFS

ショッピングセンター店内らしき画像はららぽーと柏の葉ではなく、那覇市内にあるDFS(デューティーフリーショッパーズ)の店内です。
Hi360372_2

このDFSは国内線の旅客でも免税価格で購入可能という希少な店です。
那覇市内のクリスマスツリーって、ピンとこないというか、リアリティがないです。
それほど今日の那覇は暖かいです。
豪雨だけど。
もう一枚の画像は、その豪雨(雷雨でした)の最中の那覇空港です。

Hi360377

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.11.21

本日も柏の葉におりません

本日はららぽーと柏の葉プレオープンの日ですね。
東急ストアや書店は賑わっているのかな?
本日の画像は、ついさっき撮った、西表島から由布島へ渡るのに乗る水牛車です。
こちらの気温は27℃。湿度も高いです。
Hi360340_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.20

本日は柏の葉におりません

さっき石垣島の川平湾で撮った画像をお送りします。
雨模様なんですわ。
日頃の行ないは特別に悪いとは思ってないんですが・・・。
きっと今日はららぽーと柏の葉の内覧会に行かれた方、そこそこおられるんでしょうね。

Hi3603132

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.11.19

アクセス御礼

昨日11月18日の当ブログ来訪者数が、開設以来初めて1日100人の大台を突破し、一挙に200人超に達しました。
今まで訪れていただいた方々、およびこれまで当ブログにリンク、トラバを実施していただいて、交流の輪を大きく広める機会を与えてくださった方々に深く感謝致します。

これからも「何となく頼りになる情報」が多く含まれたブログであり続けられるようがんばります。

ちなみに、11月18日の当ブログへ達する検索ワード、トップは「ららぽーと柏の葉」でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.18

ららぽーと柏の葉 TXでの開業広告

TX(つくばエクスプレス)の車内や駅構内に、現在ららぽーと柏の葉関連の広告が多く出ています。
Hi360311

これは車内の中吊り広告ですね。
この編成の車内中吊り広告は、すべてららぽの広告に統一されてます。
もっともすべての編成がこうなっているワケではありません。
また、今流行である車体外装部分のシール貼り広告もありません。
(注:柏市内を走る東武バスイーストには、ららぽの車体広告を施したバスが走ってます)

TXといえば、電車の先頭部にヘッドマークを付けられる編成があります。
ここに「ららぽーと開業」なんて出せばインパクトはあるでしょう。
ただし今までヘッドマークとして取り上げられたものといえば
開業、開業1周年、迎春、梅まつり、ひまわり号、こども美術館、柏レイソル
という、およそ企業の広告とは、かけはなれたものばかり(柏レイソルはちょっとだけグレーゾーンかな)なので、ここにららぽが入るなんてことはおそらく無いと思われます。

Hi360313
とはいえ、TX駅構内のららぽ広告はけっこう力が入ってます。
この画像は柏の葉キャンパス駅のものではなく、秋葉原駅の広告です。
いま秋葉原駅には見事なクリスマスツリーが展示されており、そちらにカメラ向ける方は多いのですが、こんなもんにカメラ向けてるのはワタシくらいなモンでしょう。
おおたかSCの関係者の方、きっとこんなの参考にしておくんでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.17

ららぽーと柏の葉 プレオープン情報

昨日、東急ストアのプレオープン情報を伝えましたが、今度は書店(KaBoS 勝木書店)のプレオープンチラシが入ってましたのでアップします。
Hi360314

プレオープン当日の11月21日から26日までは、各日先着1000名はお花もらえます。
(買わんとあかんよ)
また「かいけつゾロリ」との写真撮影があります。これ、写真は後日無料でもらえるそうです。
ゾロリのかぶりものってあったんだ(笑)

このKaBoS(かぼすと読むみたい)、柏の葉キャンパス駅改札からみると、ららぽ3Fの一番奥の場所、つまり最も遠い場所にあたります。
通勤帰りにちょっと寄って、立ち読みしながら本探しというには若干距離が・・・ある・・・かな?

それにしても、この状況なら金曜土曜あたりに、さらなるプレオープン情報が入ってくるかもしれませんね。

あとの画像はTXアベニュー定点撮影。7月14日撮影分です。
Uma060714ca240129

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.11.15

ららぽーと柏の葉 一足お先に開業

いよいよ22日に迫ったららぽーと柏の葉開業ですが、周辺地区のポストには、下の画像のようなチラシが入りました。
Hi360312

ららぽの中の東急ストア開店のチラシなんですが、よく見ると開店日が一日早い21日になっていますね。
これ、スーパーではたびたび見られる「儀式」みたいなもんで、地域密着のために、お客を周辺住民に限定して規定より一日早く営業し、店を見てもらおうという企画です。
21日は朝10時から夜6時まで営業し、翌22日からは朝10時から夜10時までの営業となるそうです。
フィットネスのカルナは、すでに内覧会やっているし、工事用車両限定とはいえ駐車場は稼動しているし、もうららぽは動き始めてます。
penさん、いろいろと情報ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.11.12

ディズニー「リトル・マーメイド」のDVD

20070000073001_f


この「リトル・マーメイド」のDVD、実は2000年11月から、いったん期間限定で発売されました。
この当時はまだDVDの家庭での普及率が低く、しかも期間限定ということもあって、発売枚数はさして多くなかったようです。
そのためか、この期間限定品は希少品DVDとなってしまい、しかもその後のDVD普及により需要が急増して、ネットオークションでは安くて2万円、未使用美品なら3万円以上の値がつく人気プレミア品となってしまいました。
ウチも「上の娘」のために嫁はんが欲しがってました。

それがこの10月に通常価格で再発売。
しかも今回のはデジタル・リマスターが施されて画像はより鮮明に美しくなっているのだから、ネットオークションで高値で(特に投機目的で)買ってしまった人たち、面白くないでしょうね。
似たような例って、DVDに限らず多くあるでしょう。

「リトル・マーメイド」で検索エンジンをググってみると、相変わらずそれはそれは面白いモノが出てきますな(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.11.09

ららぽーと柏の葉 開業2週前

開業を2週間後に控え、各専門店には品物が続々と運び込まれ陳列されています。
カフェ・カルディーノや無印良品なんか、もう明日にでも開店できそうです。
ガラスのドーム状の部分、あそこの照明が夜は7色に変わるのがキレイです。
Hi360303

あっ、ワタシ、開業日の22日は沖縄におります。(汗)
開業当日の賑わい(混雑?)を見れないのは残念です。
皆様のレポ見るのを楽しみにしてます。

もうひとつの画像は、途中まで続けてすっかり忘れてたTXアベニューの定点写真。
今回のは6月20日の光景です。
Uma060620ca240123

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.11.07

第2回つくばエクスプレスまつり行ってきた

はい、11月4日に、少しでも嫁はんの子育て手間を軽減するため、娘二人を連れ出して行ってきました。
TX守谷駅から会場のTX総合車両基地までは無料シャトルバスが送迎しているチカラの入れようです。

会場はなかなかの人出です。
Hi360300

実物車両の展示と販売ブース主体の、この種の電車の車庫公開としてはよくあるパターンです。
JRはこの種の展示会では、他区から珍しい車両を借りてきて、撮影の目玉にするようなワザが使えるんですが、TXは姿かたちがほとんど変わらない二形式の車両しかありません。
珍しモノ好きな鉄道ファンには物足りない内容でしょう。
それでも運転台に座ることができた(小学生以下限定)り、事業用車両の実演やったり、お昼のNHKニュースの関東ローカルで取り上げられたりで、けっこうお客さん集めることができたようです。

ここで、しばらく前に書いてた「柏の葉キャンパス駅前マンション事情」の続きをひとつだけ。
これ、知人から尋ねられた内容なんです。
ここで答えます。

9、「流山おおたかの森」はつくばエクスプレスの快速が停まるから便利?

答え:快速の運転本数がちょっと・・・
この快速、上りの場合、朝ラッシュ時は15分毎に運転されます
ただ、日中は30分毎しか走りません。
下りにいたっては、秋葉原を夕方5時半から7時半までだけ20分毎に走るのみ。
夜8時以降は1時間毎の運転です。
専業主婦の奥様方には関係ないハナシだけど、夜に疲れて帰ってくるおとーさんにとっては、1時間に1本の快速なんかアテにならない存在です。
朝は15分毎に来ますが、実際通勤されてる方は、なにも15分待つまでもなく、途中追い抜きのない区間快速が来たら、それに乗ってしまいます。
どうも快速は本数が中途半端で使いみちが良くないのです。
別に「流山おおたかの森」に限らず、現状のダイヤでは、快速停車駅の利便性がさほど感じられません。

一方の区間快速もねぇ。停車駅が多すぎて、あまり快速らしくない。
というか、全然「区間快速」になっていない。
現在の快速を急行に、区間快速を準急に名称変更すればシックリきますが。

つくばエクスプレスに検討して欲しいのは、ダイヤの改訂と停車駅・列車種別の変更、および車両の増結ですね。

最後につくばエクスプレスまつりの率直な感想。
実はTXってプラットホームにドアがあるから、車両を至近で見る機会はありません。
そういう点で、普段見られない所まで公開されていたことはたいへん興味が持てました。

Hi360297

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.11.03

柏ナンバーに変更しました

10月10日より導入された「ご当地ナンバー」に「柏」があります。
これにより10月10日以降に、クルマの新規登録、移転登録、変更登録等で、使用の本拠の位置が柏市又は我孫子市となる場合は,野田自動車検査登録事務所で「柏ナンバー」が交付されることになっています。
ウチのクルマ、移転登録をまだ済ませていなかったので、この機会に移転登録ナンバー変更を同時にやってやろうと思いまして、このほど実行の運びとなりました。

まずウチはナンバープレートの番号に、語呂合わせによる希望番号があるので、インターネットの「希望番号申し込みサービス」を使い、登録料を振り込むという作業を行いました。

次にウチは「移転登録」だから、所轄する警察署に出向いて、車庫証明申請手続きをする必要があったので、それを行いました。

申請後4日目に再び警察署へ出向き、自動車保管場所証明と、自動車保管場所標章を受け取り、ようやく書類が整いました。

そして野田自動車検査登録事務所へ。
しかし住民票が必要と言われて、いったん帰宅(爆)
どこかにそう書いておいてくれよ(怒)

住民票取り直して1時間後に再び登録事務所へ。
複数の窓口に何回か書類提出し、
「では現在のナンバープレートを外して持ってきてください」
となりました。
首都圏以外では知名度のない「野田ナンバー」でしたが、いざ外すとなると愛着の心情がにじみ出てきてちょっと寂しい思いに。
それでもドライバーでビスと封緘を開け、外した2枚のプレートを持って窓口へ。
引き換えについに我がクルマに付く「柏ナンバー」を手渡されました。

自力でクルマに取り付け、係員に後部ナンバーに封緘してもらって新たな車検証をもらい終了。

ここで感想。

1、「柏」って字が、何か弱々しい。
字の線が若干細いのかな?ガッシリしてた野田の字より頼りない。

2、お金かかりすぎ!
移転登録の場合、仮に希望番号でなくても
自動車保管場所証明申請手数料 2200円
自動車保管場所標章交付手数料 550円
番号標 1480円
申請書代 30円   総計4260円
が最低限かかります。
住所が変わったらクルマもちゃんと移転登録して、現に居住する都道府県に税金納めましょうって言ってるけど、車庫証明だけでこんなにお金取るんじゃ、誰もくそマジメに登録なんかせんよ!

ま、自力でクルマのナンバープレート交換する機会なんか、そう無いことだし、そういう点ではおもしろい経験となりました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »