« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の7件の記事

2006.12.28

TXアベニュー柏の葉に新店

Hi360048

TX柏の葉キャンパス駅に併設されているTXアベニューで、たったひとつだけ未開業だった自然食レストラン「六素」が開業しました。
ハッキリ言って、正確なオープン日を知りませんでした。
なんかららぽーと柏の葉の喧騒を横目にひっそりとオープンしたような・・・

素材を大切にされているというコンセプトですが、まだワタシ賞味していませんので、詳しいことは書けません。
ランチタイムのメニューは画像からも推測できますので、ご参考にされるといいと思います。

ただひとつ言いたいことは・・・
諸般の事情はあったのでしょうが、このレストラン、なぜオープンがこんなに年の瀬ギリギリにまで遅くなってしまったのでしょうか?
ららぽに合わせてオープンしていれば、それこそ何もPRしなくても、お店の中はお客であふれかえってたでしょうに。
Hi360049

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.12.23

ららぽーと柏の葉 おめで鯛焼き本舗

どら焼きと並んで、ここもけっこう行列になってるんですよね。
持ち味は「お好み鯛焼き」です。
お味は?・・・ワタシも賞味させていただきましたが、率直な感想を言うなら
「お好み焼きではなくたこ焼き味」
でした(笑)
人それぞれ好みが別れる味だと思われます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.11

ららぽーと柏の葉 桜みちのどら焼き

土日はけっこうお客さん並ばれていますが、平日夜は難なく買えます。
人気店ですね。
さてさて、ここの特徴はなんといっても「風変わりなどら焼き」ですね。
ワタシ、酒飲みのクセして甘いものも苦じゃないから、娘たちにどら焼き買って帰るときに、1個だけ自分が食べたいものをさりげなく加えておく・・・その加えるものをどれにしようか迷うのがなかなかどーして(笑)

今まで買った&賞味できたものは
粒あん、スウィートポテト、ラムレーズン、モンブラン、ティラミス、りんご生カスタード、栗どら、いちご、あずきクリーム、さくら
です。
ウチの一番人気はモンブラン。次にティラミスです。
ま、別に宣伝してるんでもなく、お店の回し者でもありませんから、今日のところはこのへんで。
ほー、パソコンなんとか機嫌保ってくれた(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.12.07

うー、ワタシのパソコンが・・・

ワタシのパソコン、クラッシュ寸前です。
デバイスドライバがおかしい→HDの動作不良という症状で、いつ起動しなくなるかわかりません。
もしこのブログの更新がピタリと止まったら、パソコン修理中であるとご理解ください。
今もおそるおそる、本当にハレモノに触るようにキー叩いてます。

なお今までどおり、記事の更新が続いていたら、それはパソコンの機嫌が良いうちに作業が終えられたということです。
なんとか年賀状作り終えるまでは、だましだまし使いたい。
そのあと修理やね、うん。
今回は内容のない記事ですみません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.12.03

来期に柏の葉でレイソルと闘うクラブは?

今回のハナシは、熱心なレイソルサポの方にとっては、一部ご立腹されるかもしれない表現が含まれております。不快感を覚えられる可能性のある方は事前に観ることをお控えくださいますようお願い致します。

2005年度、レイソルが降格を味わったJ1リーグ戦において、レイソルが日立柏サッカー場以外の競技場をホームにして戦った試合は6試合ありました。
もうほとんど忘れられているでしょう?(笑)

 節    競技場名 相手  観客数
第3節  柏の葉   鹿島  12126
第5節  国立    横浜FM 27328
第9節  柏の葉   磐田  12837
第11節 柏の葉   新潟  10144
第16節 国立    浦和   23684
第22節 柏の葉   F東京 13085
この年のレイソルの主催1試合あたり平均観客数は12492でした。
日立柏が最も多く観客を集めたのは第24節のG大阪戦で11948人です。
様々な理由こそあれ、要は日立柏では観客を収容しきれない恐れのあるカードは、国立か柏の葉を使わざるをえません。

またこの年および本年のJ1クラブの主催1試合あたり観客数上位は
クラブ名 05年度順位  観客数  06年度順位  観客数
新潟      1     40114     2     38709
浦和      2     39357     1     45573
F東京     3     27101     3     24096
横浜FM    4     25713     4     23663
大分      5     22080     5     20350
磐田      6     17296     7     18002
大分はホームの観客こそ多いものの、アウェイでは入りがよくないため、05年度の柏の葉使用カードに鹿島が選ばれたということですね。

では来期、柏の葉にやってくる(観戦後にららぽでお買い物するサポがいる)クラブはどこでしょうか?
浦和は国立になっちゃうでしょう。
優勝決めた試合なんか観客62241ですよ、あーた!
柏の葉の収容人員は座席で13000、立ち席入れても20000です。

横浜FM戦で国立使うかな?
実は05年度、レイソルはFMを国立に迎えたのに、FMはなんと三ツ沢に迎えてます。
FMがホームで三ツ沢使ったのはレイソル戦だけ。
意図的にレイソル戦を三ツ沢にしたとは思いたくない(何か日産スタを使えない事情があったのでしょう)ので、やっぱりFMは国立で迎えることになるでしょうか。
来年はFMもレイソルを日産スタに迎えるということにして。

というわけで、07年に柏の葉に来るクラブは
鹿島、磐田、新潟、F東京
の4チーム。05年と変わり映えしないと見た!
これに追加があるとすればフクアリ開設以来お客が増えている千葉かな。

ワタシの行き付けの歯科医は熱心な浦和サポです。
リーグ発足当初からの、J2降格も味わっているサポです。
この方がいつも語っていたのは
「ファンが試合を観にいけばクラブの入場料収入が増える。収入が増えればいい選手を獲れる。いい選手が期待通りに活躍すればチーム成績が上がり、スポンサーが増える。そうしたらまたいい選手が獲れ、優勝争いできるようになる。だからクラブを強くするために我々ができることは、まず試合を観にいくことなんだ」
という内容でした。
必ずしもその通りになるとは限りませんが、実に判りやすい大事な考え方だと思います。
せっかくJ1復帰を果たしたレイソルも、さらなる補強をしなければセレッソみたいになります。
歯科医の説の通りだとすると、補強には多くの観客動員が必要です。
なのにレイソルの観客動員数は、決して多いとは思えません。
レイソルがJ1だった05年度の主催1試合あたり平均観客数は12492人で、これは今期J1の18クラブ中にあてはめると14位にしかなりません。
今期J1平均の観客数18292人に少しでも近づくようにしないといかんでしょう。
レイソルサポの多くは観やすい日立柏(日立台ですわね)にこだわり、柏の葉(葉っぱですわね)を毛嫌いされてますが、日立柏のスタンド大改修が行なわれない限り、クラブは、収容力が幾分でも大きい柏の葉での主催試合を増やして、同時に多くの柏市民を観戦に呼び込む工夫が必要だと思います。
サポも葉っぱでの試合が増えることがあっても、それを容認せんとあかんと思います。
日立台が大きくなれればそれにこしたことはないのですが。

このブログ、あまりレイソル関連のことは書いてなかったのですが、今後はいくらか増えるかもしれません。

なお観客数データはJリーグ公式HPの数値をお借りしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.12.02

柏レイソルJ1自動昇格決定!

入れ替え戦は、かかってくるプレッシャーがものすごいですから、自動昇格できて本当によかったですね。

レッズサポの方!優勝おめでとうございます。
レッズサポの方も、アントラーズサポの方も、来期に柏の葉で試合が行なわれたら、お帰りにはららぽでお食事とショッピングをお楽しみください。
以前の柏の葉よりは本当に賑やかになってますよ。
画像は今さらながらですが、柏の葉総合競技場の光景です。

Ca240131

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.12.01

ららぽーと柏の葉 平日の夜

木曜の夜、しかも夜8時半を過ぎればガラガラかと思いきや、割とお客はおられます。
それでもオープン1週目のあの混雑と比べたらウソみたいです。
どこの飲食店も並ばずに入れます。
ワタシ今夜はじめて、ひとつひとつのお店をじっくり観ることができました。
結局買って帰ったのは「おめで鯛焼き」でした。

ふと立ち寄ったのがMOVIX柏の葉のロビーです。
キレイです。
スケルトンのイスの並ぶ待合所が印象的です。

ワタシの現役時代(?)は、ちょうど映画館が相次いで閉鎖されていく時期でした。
おせじにも観やすいとは言えない映画館で、前に座っているオサーンのアタマがジャマになって、彼女が映画観れないんじゃないかと気遣いしてました。
このような施設で映画観られる現役カプールがうらやましいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »