« 京成バラ園 行って来ましたよ | トップページ | ららぽーと柏の葉 カフェスペリオーレ »

2007.05.22

ローズガーデン化計画5 アクシデント

まだ本式に立てておらず、壁にもたれさせておいたラティスが突然倒れてしまいまして、よりによってスパニッシュビューティーの苗木を直撃しました。

哀れなスパニッシュビューティー・・・折れてしまいました・・・

しかしウチのみせすれじぇんど氏、いつまでも悲しんでおらず、ダメもとで折れた苗木をいくつかに切断し、鉢に挿し木しました。ひょっとしたら1本くらいは根が付いて助かるかも・・・と考えたのでした。

苗木が折れて、挿し木をしたのが5月10日のこと。そしてこの画像は今朝、つまり5月22日の朝の鉢の状況です。Hi360225

本当ならとっくにしおれてしまっているはずの葉が、どれもピンとしています。根が付き始めた、つまりどうやら助かったようです。このままいけば、今年は無理ですが、来年の初夏あたりは花が付いてくれるかもしれません。

ちなみに画像の中央のほうでスクスク育ってるやや細い苗は、スパニッシュビューティーではなく、接木の元であるノイバラです。思わぬアクシデントにより結果的にウチのバラの品種がひとつ増えてしまいました。

で、もうひとつ。

ラティスかパーゴラの横に植え込もうとしていたCLつるアイスバーグなんですが、なぜかピンク色の蕾が出てきました。

なんで?と根元のタグを見ると、なんとコレッタと書いてある。うそやん、購入するとき、ちゃんとCLアイスバーグって書いた紙片が付いてあったで。

購入元に電話すると、すごく懇切丁寧に対応していただきました。あまり疑われることなく当方の言い分を聞いてもらえたので、以前にもこういうことあったんでしょうか。いずれにせよ、結果的に間違って購入したコレッタですが、ウチの庭の一員として加わることになりました。

最後にラティスを立てる記事に書き忘れたことを付け加えます。

ウチではラティスの柱を、土中に埋め込んだ沓石というコンクリート土台に据え付けましたが、同じように考えておられる方がおられたら、仕上げとして、画像のように柱とコンクリートの間には必ずモルタルを注入して隙間を埋めましょう。でないと雨水が浸入し続けると、柱が腐ってしまいますよ。Hi360108

|

« 京成バラ園 行って来ましたよ | トップページ | ららぽーと柏の葉 カフェスペリオーレ »

コメント

まず、バラは直接挿し木をして殖やすということはしません。それは病気に弱くなるからです。
さらに、自根がでても樹勢が弱くなってしまうことから、通常はノイバラに接ぎ木して苗を生産しています。

また、挿し木は用土が清潔であることがなによりたいせつです。バーミキュライトかパーライトなど高温処理してある用土を使用してください。

さらに挿穂は、余計な蒸散を防ぐため、葉を切って面積を半分程度に調整してください。

投稿: はんしろ | 2007.05.23 03:22

>はんしろさま
みせすれじぇんどです。いつもれじぇんどがお世話になっております。
丁寧なコメントありがとうございます。コメントいただいたついでと言っては難ですが、お伺いしたいことがありますので、ご教示いただければ幸いです。

1、スパニッシュビューティーは既に自根が出てきて新芽も3CMほど出ている状態ですが、今からバーミキュライトに植え替えても大丈夫ですか?

2、接木をするにもノイバラの台芽が20CMほど伸びていますが、それを切って接木するのか、それとも新しいノイバラを買ってきて、それに接木するのかどちらがいいですか?

ぜひ良いお力添えをお願いします。なんせ初心者なもので・・・

投稿: みせすれじぇんど | 2007.05.28 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/15169068

この記事へのトラックバック一覧です: ローズガーデン化計画5 アクシデント:

« 京成バラ園 行って来ましたよ | トップページ | ららぽーと柏の葉 カフェスペリオーレ »