« 柏の葉キャンパス駅周辺医療施設 | トップページ | 今日から無料の松戸野田有料道路 »

2007.09.30

もうすぐ引退する電車 その1

このブログに来てくださる方々は、鉄道にあまり詳しくないとワタシが勝手に思っていますので、今回の「その1」と「その2」は、できるだけ平易に判りやすく書きます。

「その1」は、このブログが柏の葉キャンパス周辺の話題を中心としていることもあるので、千葉県東葛飾に関係のある路線、つまりJR常磐線の電車について書きます。

右の画像の電車が、もうすぐ引退します。Imgp102

これ203系という電車です。JR常磐緩行線と東京地下鉄千代田線を走行しています。実は国鉄時代に製造された電車で、そろそろガタが来はじめたようなんです。来年度中に、現在中央線にどんどん投入されている新型と同じ系列の新鋭車に全車入れ替わる予定です。

もうひとつ、2枚目の画像の電車も引退します。Imgp104

こっちは207系といって、当時の最新鋭制御装置の試験車として、たった1編成しか製造されなかった、普段なかなかお目にかかれない電車です。ドアが閉まって走り出すとき、モーター音が「ウィーン、ウィーン、ウィーン、ウィーン」と音階を踏むように重なって聞こえる特徴があるので、思い出される方もおられるかと思います。

特殊な制御装置であるうえに1本しかないので、その保守と維持に手間がかかるため、203系と時を同じくして引退します。

常磐緩行線の電車って、地下鉄に乗り入れるために特別仕様になっているため、他線へ転属しにくいようなので、これらの電車はおそらく全車が引退→廃車→解体という運命をたどりそうです。

反面、これらの電車より古い東京地下鉄の車両(3枚目の画像)は、まだ当分走り続けるようです。所有社が違うからとはいえ、皮肉なものですね。Imgp0100

いずれ「その2」を書きますが、そっちには意外な電車が登場しますぞ。

|

« 柏の葉キャンパス駅周辺医療施設 | トップページ | 今日から無料の松戸野田有料道路 »

コメント

203系、地味で好きだったんですけどねえ。大手町で待っている時など、203が来たら「アタリ」って感じで。

中央線の新型車両ってE233系の流れを引く型式ですか?
あれもなかなかスタイリッシュでいい感じですよね。

6000系のほうは30年オーバーですもん。ちょっときつくなっているかも。
ローレル賞もらった車両ですけど、斬新さも30年続くと、「定番」になってしまいますよね。
東西線の車両更新はとっくに進んでいるのに。もうそろそろではないのですかね。

投稿: rk4122 | 2007.10.01 06:18

>rk4122さん
203系を「アタリ」と思われたということは、103系1000番台に泣かされたということですね?(笑)
「常磐線用E233系」を2008年夏から投入するとJR東がプレス発表しています。E233て座席定員ちょっと少ないんだよね。再来年夏には203系は1両もいないでしょう。
ちなみにワタシ、今でも207系と06系なら「アタリ」と喜んでいるお子ちゃまです(爆)

投稿: れじぇんど | 2007.10.01 22:19

はい、おっしゃるとおりで 西船経由で日本橋に通ったころは103系1000番台は「アチャー」でした。
207系のドレミサウンドもあと少しとなると、なんだか寂しい気がするのです。
長野電鉄あたりで余生を送らないかなー。

ところで209系1000番台はどうなるのでしょうか?
私としてはこれも「アタリ」だったんですが・・・
最近はTXばかりで、常磐緩行線に乗ることがめっきり減ったモンですから
アタリ・ハズレのワクワク感から遠ざかっていまして。

投稿: rk4122 | 2007.10.02 00:00

追伸
晩年の103系はちょっと臭った・・と感じたのは僕だけでしょうか?

投稿: rk4122 | 2007.10.02 00:02

209系1000番台は暫く残ります。
置き換えは203系が17編成、207系が1編成の計18編成です。

投稿: @ | 2007.10.02 22:15

>@さん
代わりにお答えいただきありがとうございます。
逆にご存知なら教えていただきたいのですが、東京地下鉄が今後千代田線用の車両を増備する場合、それは06系なんでしょうか?それとも10000系ベースの新形式でしょうか?

投稿: れじぇんど | 2007.10.02 23:26

6000系は一部車両で順番にリニューアルされているので、しばらくは置き換えは無いでしょう。06系は今後転属(転属先はメトロ東西線?)される事になっています。これは、東京メトロ千代田線内ホームドア設置に伴うもので、今メトロ千代田線内を走行している車両の中(小田急新4000形や来年度導入予定のJR-E233系2000番台?も含む)で06系だけがドア間の間隔が異なるのです。06系と同型であるメトロ有楽町線07系も、メトロ副都心線+有楽町線のホームドア設置に伴いドア間の間隔が異なる為、メトロ東西線に転属となりました。もし千代田線に新型車両が投入されるのであれば、新05系か10000系ベースになるか、全く別物の新型車両が入るでしょう。余談ですが、小田急新4000形とJR-E233系2000番台は常磐線から小田急線への3社直通運転を両社対応の設備設置のみで可能となり、かつ、小田急線内の騒音基準もクリアされています。

投稿: @ | 2007.10.03 19:43

追伸
あと、あれですね。
3社直通運転が開始された場合、綾瀬~松戸間(出来たら綾瀬~柏間)の運転間隔を小さくして欲しいですね。
特に綾瀬~金町間は東京都23区内に属するのに、JRで唯一12分ヘッドなんですね。
金町は今後開発で高層ビルも出来ますし、新宿地域で大規模宅地開発がありますし、松戸以北も特に新松戸~柏間の各駅の利用者も増加の傾向にありますので、何とか実現して欲しいものですね。

投稿: @ | 2007.10.03 20:11

>@さん
東京地下鉄の車両の件、ご教示ありがとうございました。
07系が東西線に来たのは、ワタシの勤務地の地下を走っているから知っていましたが、そう、いずれは06系も来るんだ。今は東西線の車両は足りていますよね。いつかな?
で今後はE233が小田急に、小田急新4000が常磐緩行線に入線することもありうるのですね。
あと追伸の部分、もっともだと思います。休日昼間だと新松戸では常磐緩行線は1時間に5本ですが武蔵野線は1時間に6本運行しています。常磐より武蔵野のほうが本数多いなんて昔では想像もできない。綾瀬止まりを松戸まで延長せいとは言わないから、まず10分ヘッドにして欲しいです。
専門用語が飛び交いましたので、意味をお判りいただけなかった方々にはお詫びいたします。

投稿: れじぇんど | 2007.10.03 21:43

@さんのご説明、なるほどナルホドと読ませていただきました。
私の職場も東京駅から歩ける東西線の上(つまり日本橋)にありまして、東西線の車両のバラエティには結構驚かされております。
東葉高速線の車両が来たり、05系ワイドドアが来たり、07系が来たりして、それこそお子ちゃまのように楽しんでいます。
そこに06系も参加となれば、益々面白くなってくるけれど、そうするとメトロ有数の混雑度の東西線のホームドア設置はどうなるのでしょうか?

10分ヘッド実現してほしいです。でもメトロ線内の3分×αの関係で無理なのかなあ。
昼間だから何とか調整できそうなんだけどなあ。

投稿: rk4122 | 2007.10.04 06:04

東西線への06系転属の話はまだ白紙の状態ですが、某サイトで千代田線内にホームドア設置の話があり、もし千代田線内ホームドア設置となれば、06系は必然的に転属(廃車も有り得るのかな?)となります。転属先につきましては銀座線と丸ノ内線は第3軌条による電化方式を採っており不可。日比谷線は編成と車両長や各車両のドア数が異なるので難しい。有楽町線はホームドア設置により同様の理由でなし。南北線も編成の長さと信号方式の関係で不可。残るは東西線と半蔵門線なのですが、既に07系が転属している東西線が有力じゃないかと考えております。

投稿: @ | 2007.10.04 11:23

地下鉄 千代田線 6000系は、
まだ、残りますか。

投稿: 大阪市民 | 2007.12.27 19:41

>大阪市民さん
今月発売の「鉄道ファン」誌にも触れられているとおり、当分残るようです。
関西では、たとえば阪急にも京阪にも、東京地下鉄6000系と同期あるいは古い車が数多く現役で走ってますが、関東ではこの時期製造の通勤車については案外早く廃車が進行してますので、結果的にちょっと目立ってます。

投稿: れじぇんど | 2007.12.27 21:42

千代田線6000系は16000系に置き換わることが
メトロのホームページで書かれていました。
僕は、「爆弾ドア」が好きなので6、7、8、000系
が大好きです。その中で廃車が出ていない6000系が
廃車になるのはとても悲しいです。
40年近くありがとう!!

投稿: ムサコ | 2010.02.22 20:07

> ムサコさん
ワタシが「当分残るようです」と書いてから2年以上の月日が経ってました。いよいよ千代田線6000系も消えいく車両が出るということですね。
「爆弾ドア」は挟まれたら痛そうなのであまり好きではありませんでした(汗)
初めて6000系(初期車)に乗ったときに感心したのは、ドアと座席の仕切り板と、それに似た形状の貫通路が連動して作り出す、あの連続した幾何学的デザインの美しさだったんです。関西にはこのような連動デザインを採用した車両はなく、列車がカーブにさしかかるごとに見とれてしまいました。
経年の大きい車から廃車されると思われますので、あのデザインも見納めになりますね・・・さびしいです。

投稿: れじぇんど | 2010.02.22 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/16603259

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ引退する電車 その1:

« 柏の葉キャンパス駅周辺医療施設 | トップページ | 今日から無料の松戸野田有料道路 »