« 関東と関西の駅の違い | トップページ | 「3姉妹の親」の悩み その2 »

2008.05.31

幻の新大阪駅ホーム

新御堂筋から地下鉄新大阪駅の屋根部分を見上げた画像です。Hi361238

屋根の上にプラットホームがあるのがわかります?

この部分、2面4線の駅の断面になっています。しかも駅の「跡」ではなく「造りかけで放置された状態」なんです。もう40年間この姿です。

予定ではここが阪急電車の新大阪駅になるはずでした。阪急新大阪連絡線という構想があり、淡路~新大阪~十三という路線が新設されて、この場所にホームができるはずだったのです。なかなか実現せず、ついには淡路~新大阪の敷設免許は返上されました。

ただ、現在でもこの構想自体は生きており、新大阪~十三間は敷設免許が失効していません。山陽新幹線高架の北側には、その線路用地が高架に沿って存在しています。

地下鉄四つ橋線が西梅田から十三にまで延長された際に、同時にこの新大阪連絡線を建設して、西梅田から新大阪まで直通運転する計画が国土交通省・阪急阪神HD・大阪市の発表により現実味を帯びています。

この幻のホームも建設後50年ほどでやっと陽の目を見ることになるのでしょうか。

|

« 関東と関西の駅の違い | トップページ | 「3姉妹の親」の悩み その2 »

コメント

知ってます!その謎のプラットホーム。関西にいた頃に不思議だなって思ってました。
(忘れていましたが)やっと謎がとけて、とてもすっきりした気分です。
四つ橋線が十三まで延びているというのもびっくりなんですが、それが新大阪まで行けば便利になりますね~。
こんな情報、とっても嬉しい関西出身者でした!

投稿: トキヤ | 2008.06.01 21:30

>トキヤさん
なんか・・・完成せず朽ちていく姿というのはよくありませんよね。成田新幹線の東京駅が完成したのに、使用されることなく放置されていたのを、ときの石原運輸大臣(現都知事)が推進して京葉線東京駅ホームに生まれ変わり陽の目を見たのは例外的かも。
この新大阪のホームも築50年近くになりますから、果たして使用に耐えられるんでしょうか(謎)

投稿: れじぇんど | 2008.06.03 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/41379856

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の新大阪駅ホーム:

« 関東と関西の駅の違い | トップページ | 「3姉妹の親」の悩み その2 »