« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の9件の記事

2008.06.25

新幹線0系(ゼロ)に乗ったぞ!

ゼロとは東海道山陽新幹線の「0系電車」のことです。Hi361477 そうそう、昭和39年の東海道新幹線開業のときに現れた、あのお顔というか鼻先がまあるい、まさに新幹線といえばコレって、あの電車のことです。

時速210キロで東京~新大阪を3時間10分で結ぶという一大センセーションを巻き起こした0系電車も、後輩の100系、300系、500系たちに追いやられ、99年には東海道新幹線から撤退、東京駅から姿を消しました。

ところがJR西日本管内では0系は生き残り、山陽新幹線の新大阪~博多間で粘り強く活躍していました。Hi361482

たった18両にまで減ってしまった0系ですが、いよいよ今秋をもって山陽新幹線から撤退することが決まりました。

ワタシ、出張の合間に乗ってきました。

99年以来、約9年振りに乗った0系の印象は

・車内の天井が高くて圧迫感が少ない。Hi361489_2

・加速がやっぱりじれったい。

・車内設備のところどころに昭和の香りがする。

というもの。でもどうしてどうして、なかなかの健脚でしたよ。

思えば最初に乗った新幹線電車は0系でした。社会人になって初めて赴任地に向かうときに乗ったのも、毎週のように出張で利用したのも0系でした。100系が登場するまでは、新幹線といえば0系しかなかったので、あまり興味を持てない車両でしたが、それでも99年に東海道区間から姿を消すときには一抹の寂しさを感じました。

たぶん今回の乗車が、ワタシにとっては最後の0系への乗車になるでしょう。ちょっと時期的には早いですが「お名残乗車」になってしまいました。Hi361478

願わくば最後まで大きな事故を起こすことなく、無事に走りぬけてほしいものです。

なおJR西日本公式HPに、この0系に関するページがありますので、現在の運行ダイヤやイベントは、そちらをご参照ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.23

「3姉妹の親」の悩み その3

この記事は諸般の・・・いや内輪の事情により消させていただきます。

コメントも近いうちに削除致します。ご迷惑をおかけしますが、事情をご推察のうえ了承いただけますようお願い致します。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.06.15

何を造っているところでしょうか?

ここで造っていたんですね。Hi361381

でも実用化まで、あと190年ほどかかるということでしょうか。

ウソウソ、よく見ると「波動」はともかく「砲」という字が違いますね。

ここはパロディでも何でもなく、ちゃんとした会社です。勝手に掲載してごめんなさい。でも、この看板見たときの衝撃度があまりにも強かったもので・・・つい。

この記事も早々に削除かな。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.06.14

オッサンの後ろの席

ワタシ自身もオッサンだが、今回は書かせてもらいます。

ワタシ、この画像にあるような座席の電車やバスの自由席に乗るとき、可能な限り「おねえちゃんの真後ろの席」に座ります。Jrwest223080430

なぜかって?

オッサンの後ろは臭いからです。

特にハナに衝くのは「ポマード」のニオイです。これが丹頂チックのニオイだったときなんざ、マジ我慢できません。

もっともおねえちゃんの真後ろでも、たまに今どきプワゾンに出くわすときありますから絶対に安心とはいえないのですけどね。

それにしても・・・ワタシと同年代のオッサンたちって、中学生の頃にはサンスタートニックシャンプーもあったし、ピンク・レディーのシャワランビューティーの宣伝を見ていた世代でしょう?いつからあんなギトギトの整髪料を愛用するように・・・?

今回の記事、早々に削除しなければならないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.12

宇和島の鯛めし

鯛めしと名のつく料理は、日本各地にいくつかみられます。その中でも比較的多いのは、鯛の煮汁を使って炊き上げた、鯛の切り身入り炊き込みご飯でしょうか。Hi361419_2

今回紹介する宇和島の鯛めし(南予地域の鯛めし)は、炊き込みご飯とは異なる、独特の持ち味のあるもので、伊予水軍が考え出した海賊料理が発祥とも言われています。

新鮮な鯛の刺身を、しょうゆ、本みりん、たまご、だし汁を調整して造った、それぞれのお店秘伝のタレに漬け込み、それをタレごと御飯にかけて食べます。Hi361422

船上食のような豪快な御飯です。また、このタレが絶妙な味をだしてくれます。

このような食べ方の鯛めしは、ここ愛媛県南予地域以外では、あまり見られないものです。宇和島へ来られた際には、ぜひ一度食してみることをおすすめします。

なお強調しておきますが、炊き込みご飯の鯛めしも、この南予の鯛めし同様、絶妙な味を誇ります。甲乙つけがたいもので、いずれかに優劣をつけるつもりは絶対にありません。

今回の記事を書くにあたって、撮影や質問に快く応じてくださったお店は、愛媛県宇和島市の「ほづみ亭」さんです。人気のお店なので、グループで行かれる際には予約しておくことをおすすめします。Hi361426

お食事処 ほづみ亭

愛媛県宇和島市新町2-3-8

TEL0895(22)0041

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.06.10

関東と関西の電車の違い

つい先日、関東と関西の駅の表示の違いについて書きましたが、今回は電車の車内インテリアのお話です。

1枚目の画像は関東私鉄の代表的な通勤電車である東武8000系の車内です。Tobu8000

足を組んでいるにいちゃんが多いっすねぇ(笑)まあ今回はそれは関係ありません。

たまたま東武8000系の車内を載せましたが、関東私鉄の場合は、このような内装の電車がすごく多くて、これがごく標準的なインテリアです。

それで比べていただきたいのが、その次の画像です。これ関西の近鉄8000系の車内です。偶然ですがどちらも8000系です。

これらの車種に限らず、関東と関西で目に付くインテリアの違いは次の2種です。Kintetsu8000

まず蛍光灯のカバーの有無。

関東は有料特急はともかく、蛍光灯はたいがいむき出し。一方の関西は通勤電車であっても以前から蛍光灯にはカバーが付いています。美観では関西の勝ちでしょう。ただしカバーがあるとどうしても薄暗い印象がありますので、実用的な面では関東に軍配かな。

次は座席の肘掛から天井に延びているパイプの有無。

混雑度の違いなのかもしれませんが、関東の多くの電車には、立ち客を考慮したのか、このパイプ(というかポール)があります。関西ではこれが無い電車のほうが多いです。立ち客から見れば、掴まれるモノが多くあるほうがいいので、混雑時のポールはありがたいのですが、閑散時は目障りになる。ある雑誌の記事に「まるで潜水艦の艦内みたい」と表現されていました。

同じ日本の同じ通勤電車で、しかも最混雑時の人の多さはたいして変わらないのに、こういうインテリアに以前から違いが生じています。比較文化論を研究している方は、一度くらい参考になさってはいかが?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.08

滋賀県のバラ園

このブログでは、以前に数回にわたって自宅マンションの専用庭をローズガーデンにするべく、その過程を記事にして(右側のサイドバーの中からガーデニングをクリックしてみてください)きました。また美しいバラが見られた場所も記事(京成バラ園柏の葉公園)にしてきました。

今回は滋賀県のバラ園について書いてみます。Hi361309

1枚目の画像は滋賀県立近江冨士花緑公園のバラ園です。

四季咲大輪を中心に50品種・300株ほどのバラが、近江冨士をバックに美しい花を咲かせています。クルマでないと行きにくい場所ですが、静かにバラを楽しむには最適な場所かと思われます。

2枚目は滋賀農業公園「ブルーメの丘」のバラ園。Hi361354

ここには広大なバラ園があり、約2300株のバラが見られます。ただ残念というか何というか、バラの品種がそうバラエティに富んでいませんので、より多くの色や香りを楽しんでみたいという方には不向きかもね。ただ欧州の本当のバラ園って、まさにこういうふうかもしれません。

3枚目はもりやまバラ・ハーブ園のバラ園です。Hi361391

82品種、約1800株のバラがあります。品種の豊富さという点では、このあたりでは随一でしょう。またイングリッシュローズが多く見られるのも特徴です。さらに併設されているハーブ園や温室も見ものです。アップルミントの葉の香りなんか、そうやたらと体験できるものではありません。

いずれの場所も公共交通機関での来場には不向きなことがツラいですが、決して期待を裏切ることはないと思われます。もっとも、どこもバラ苗の即売はありませんので、お気に入りの苗を購入してみたいという願いはかなえられませんが。

品種も株数も多くて、即売もしている千葉県八千代市の京成バラ園って、やっぱりスゴいんだねぇ。すぐに行ける所に住んでいる人へ。あなた方ラッキーですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.07

ナンバープレートの文字

別に愛媛県に限った話題ではないのですが。Hi3612531

1枚めの画像は、愛媛県によくある普通のクルマのナンバープレートです。

が、この「愛媛」という文字・・・読めます?

他県の小学生は読めないと思いますよ。崩し字なのかどうか判らないけど、どうしてこんな文字が使われているのでしょうか?

2枚目の画像は、最近よく見られる愛媛県のナンバープレートです。Hi3612481_2

こちらは普通の教育漢字で愛媛と書かれています。

このナンバープレートに使われているおかしな漢字、なにも「愛媛」に特定のことではありません。

これ見て笑ってる東京の人へ。「練馬」ナンバーの「練」の字を見てごらん。小学生は読めないです。「滋賀」の「滋」や、「大分」の「分」もちょっとおかしな字です。また、間違ってはいないけども「山形」の「形」も妙だし、「鳥取」の「鳥」も下の4つの点の向きが妙。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.01

「3姉妹の親」の悩み その2

今回も3姉妹に共通する悩みではないかも。

ウチの「1号(長女のことです)」、とにかく宿題をやらん。

もうあきれ返るほど徹底してやらん。学校から帰るやいなや、全体力を駆使して外で遊ぶ。帰ってきてからは夕食をササッとかきこんで、ニンテンドーDS三昧。宿題するころにはすっかり眠くなっていて、そのままゴロン。

ただワタシが現役小学生だった頃に比べたら、宿題の量が多いように思います。土曜日が休みならそうならざるを得ないのでしょうか。

一方の「2号(次女ね)」はこの春から幼稚園。はじめのうちは楽しそうに幼稚園に行ってたのに、何かあったのか、ある朝

「ママのことが大好きだからママと離れたくないの」

と登園拒否(爆)

あまりにも「眼差しが真剣」だったから、やむなく一日だけお休みさせて、次の日からは無理やり連れて行った。すんごい嫌がって泣いたけど、帰ってきたときは何事も無かったようにスッキリしていたらしい。1号はこんなことありませんでした。

そして末娘の「V3」は、はやくも怪獣化してます。

「食べること」が今のところ人生唯一のお楽しみのようで、とにかく2号よりもたくさん、1号並みに食べる。食べて、飲んで、暴れて、泣いて、寝て、起きてすぐ泣いて、食べて、飲んで、暴れて、泣いて、寝て・・・の繰り返し。

すでに体重は2号より2キロ近く重い。だから2号とケンカになっても堂々と渡り合う。同年代のコをもう見下している・・・すでに番長です。

現在のウチ、本当に託児所のようです。近隣の皆様、お騒がせして本当に申し訳ございません。V3が幼稚園にあがるまで、このような「初期の悩み」にさいなまれます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »