« 22年振りの知床 | トップページ | 支笏湖の透明度 »

2008.08.14

海から見たカムイワッカの滝

前回に続いて知床の情報です。
ワタシ、前日に「エゾシカもたくさん道路際まで出てきて」と書いたのですが、どうも今の知床ではエゾシカの生息数が増え過ぎているらしいのです。
エゾシカは冬季にさしかかって食料が不足してくると、特定の木々の樹皮を食べます。樹皮をまるまる一周分食べられてしまった木は枯れてしまいます。エゾシカの個体数が増え過ぎると、枯れ死する樹木が増えて、最終的には知床の生態系バランスが崩れるのでは?と危惧されています。
現にワタシ、22年前はエゾシカ見かけませんでした。
あとヒグマの目撃例も、ワタシが目撃した22年前からは比較にならないほど増えているようです。これも「何かおかしくなっている」からだと思われます。
いつか知床へ行ってみたいと思っておられる方へ
・野生のヒグマを見たいなんて期待しないでください。
・ヒグマを見たいがためのムリな行動はとらないで下さい。襲われたら十中八九死にます。
・キタキツネに出会ってもエサを与えたり、ましてや触れたりしないで下さい。キタキツネは恐ろしいエキノコックスのホストです。
画像は知床観光船から眺めたカムイワッカの滝です。080813_1
このとき乗船した「オーロラ号」という船、冬の間はどうしてるんだろうと思ったら、網走港で観光砕氷船になっているんですね。知りませんでした。

|

« 22年振りの知床 | トップページ | 支笏湖の透明度 »

コメント

まだ北海道?

わたしも知床でエゾシカちゃんに会ったよ。

投稿: にゃんこ | 2008.08.14 20:02

>にゃんさん
北海道から帰ってきたものの、本日から岐阜に滞在です。

投稿: れじぇんど | 2008.08.15 11:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/42162607

この記事へのトラックバック一覧です: 海から見たカムイワッカの滝:

« 22年振りの知床 | トップページ | 支笏湖の透明度 »