« 支笏湖の透明度 | トップページ | 多治見市の「うながっぱ」 »

2008.08.17

水道水入りペットボトル

道内に限らず、クルマでの移動中にコンビニエンスストアを休憩処点にすることは、最近では当たり前になっています。
そんな中、小樽市、旭川市のコンビニエンスストアで、水道水が500mlのペットボトルに入れられて100円で販売されているのを見かけ購入しました。Hi360010
ラベル裏には水道水であることと、取水地や販売母体(つまり水道局名)がきちんと表記されていました。
確かに美味しい水です。ただし500mlで100円というのは、水道水だと思えば高いわなぁっていうのが正直な印象です。
東京都昭島市だって市内のコンビニエンスストア限定で水道水を売ってみれば?と思いました。
画像は、その小樽市の水道水と、売店で買いましたが特に自分には美味しいと感じられた網走市の水道水です。

|

« 支笏湖の透明度 | トップページ | 多治見市の「うながっぱ」 »

コメント

確か東京都水道局も、高度処理した水道水(最近の設備で浄化した水道水)をスーパークリアウォーターとか言って(ヨークマートでも同じ名前の飲料がボトル代だけで店頭で汲めたりしますが、水道水?)、ペットボトルで売ってた筈。柏市水道局も、オモシログッズ扱いですが、缶入り水道水を防災用品として配布していた事もあります。

缶とかペットボトルとかって、まともに販売しようとしたら、れじぇんどさんなら よくご存知の通り、中身に掛けられるお金はほんの僅かですからねぇ。アルコール類なんかは、売価のレベルが一段高いので、酒税があろうと何とかやっていけますが、清涼飲料水の缶飲料なんかは、110円の頃は中身が10円を上回ると赤字になる会社もあったくらい。缶飲料のコストでは、一番高いのは缶だったり(笑)。次が流通経費だったかな(流通会社の利益を含んでいたか?は不明)。今は、どうなんだろ?

下手すると、中身のコストより宣伝費の方が高いものもあったりして…。

投稿: レイ豚@日立柏酒場裏 | 2008.08.20 20:45

> レイ豚さん
そうそう、その東京都水道局が売り出していたヤツを思い出せなかったんです。書いていただいてありがとうございます。
あえて東京都昭島市って名指ししたのは、昭島市が特別区も含めた都下の自治体の中で唯一、上水道に地下水を採用しているからなのです。おいしい水でした。
それと・・・缶飲料のコストで一番高いのは「缶」ではありません(爆)

投稿: れじぇんど | 2008.08.23 10:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/42190878

この記事へのトラックバック一覧です: 水道水入りペットボトル:

» 【協賛記事】缶入り水道水 [黄色い豚、麗(レイ)豚 @日立柏酒場裏]
 れじぇんどさんのブログ記事で、 水道水入りペットボトル http://legend.moe-nifty.com/zoisite/2008/08/post_5f31.html て記事がありました。北海道の小樽市、旭川市のコンビニでペットボトル入りの「水道水」500mmlが100円で販売されていた、との事でした。 でもって、これは、協賛記事。  実は、ペットボトル入り水道水を販売しているのは、北海道だけではありません。東京都水道局でも、「東京水」ブランドで500ml入りを..... [続きを読む]

受信: 2008.08.23 00:56

« 支笏湖の透明度 | トップページ | 多治見市の「うながっぱ」 »