« ルスツリゾート立ち乗りコースター | トップページ | 海から見たカムイワッカの滝 »

2008.08.13

22年振りの知床

知床を訪れたのは22年振りになります。
久しぶりの知床で驚いたことは、ウトロの街が賑やかになっていることです。
高い建物が増えているし、道路が付け替わって拡幅されてました。以前はもっとひなびたイメージがあったのですが、あまりの変わりように、自分がどこを走行しているのか分からなくなりました。
それと落石事故防止のためということですが、マイカーでは知床五湖より奥には行けません。カムイワッカの滝へ行くなら、ウトロからシャトルバス(夏季限定運行)に乗ることになります。そのカムイワッカの滝だって第一滝までしか行けません。
22年前、ワタシはマイカーで知床五湖から知床大橋へ向かう途中のダート道路で、野生のヒグマに出くわしました(本当です)。クルマの中にいたとはいえ、20mほど先に立っているヒグマの姿を直視した瞬間の驚きは今も忘れません。
知床大橋までクルマで行けて、ヒグマに出くわしたという様相は、22年前と今ではかなり異なるようです。
画像は知床五湖付近で車窓を横切っていったキタキツネ。080812_2 昼間にキタキツネが道端に出てこようものなら、写真を撮るために立ち止まったクルマでちょっとした渋滞が発生するほどですが、日が暮れる頃になるとウヨウヨ(笑)出てきます。これは22年前と変わりません。
あとエゾシカもたくさん道路際まで出てきて、その画像もあるのですが、パッと見た限りでは奈良公園みたいですのでここでは割愛します。

|

« ルスツリゾート立ち乗りコースター | トップページ | 海から見たカムイワッカの滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/42152165

この記事へのトラックバック一覧です: 22年振りの知床:

« ルスツリゾート立ち乗りコースター | トップページ | 海から見たカムイワッカの滝 »