« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の11件の記事

2008.09.28

イオンモール草津のテナント第2版

この記事は

イオンモール草津のテナント 第3版 (←そのままリンクしてます)

に統一するため削除しました。
リンク先の第3版をご参照ください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.09.27

今年も誕生日がやってきました

去年も一昨年も同じようなことを書いていますけど、もうこのトシになるとハッキリと「誕生日なんかどーでもいい」って思ってます。Hi360103

ただし家族の誕生日だけはモーレツに意識してます。「今年は何をプレゼントにしてやろうか?」って、十数日前から考えていますよ、はい。

オチが無い記事ですみません。

ちなみに今日土曜日は1号(長女)の運動会。明日日曜日は2号(次女)のうんどうかい。おとーさんは忙しいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.09.24

【動画】南郷水産センタージェットコースター

2004年1月に撮影した動画です。下の本文中にあるように妙に速いのと轟音が特徴でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【動画】南郷水産Cコースター前面展望

http://www.youtube.com/v/ZHiOzq1kZk0?version=3

一番前に乗れましたので撮っておきました。これが最後の乗車になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.23

南郷水産センターのジェットコースター

今日、ひさびさに南郷水産センターに訪れたんですが、名物(?)のジェットコースターが無くなっていました。080428

上の画像は今年4月のジェットコースター乗り場の様子です。ご覧のように、このとき既に「休止中」になっていました。昨年エキスポランドで忌まわしい事故がありましたから、その影響で休止してるのかなあって、このときは思ってたんです。

で、本日の同じ場所の画像が下です。080923_1 乗り場ホームの一部を除いて、施設が完全に撤去されていました。

左に見えるジュース自販機近くに設置されていた「お知らせ」によると、1967年の開園以来40年にわたり親しまれていたものの、エキスポランド事故を契機に厳しくなった検査基準をクリアするには機器の老朽化が進み過ぎて、残念ながら閉鎖に至ったという主旨のことが書かれています。部品確保も困難な状況だったのでしょう。

このジェットコースター、晩年はとにかく「イロモノ」として有名(笑)でした。どんなふうに有名だったのかは、「南郷水産センター」や「南郷水産 ジェットコースター」、「探偵ナイトスクープ 南郷水産」でググれば判ります。

車両が小さい割にはスピードがあり、かつカーブ部分のレールに傾きが無いので、鉄のレールと主脚が生み出す轟音も重なって、乗ってみるとけっこうコワイジェットコースターでした。残念です。

上に2004年に撮った現役時代の動画をアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.21

最近見られなくなったもの わたがし機

これ、何かご存知ですよね?Hi361626

綿菓子の販売機です。

販売機とはいっても、実際は綿菓子を自分で造ります。

まったく同じ仕組みの機器は今でもたくさんあるのですが、これは昭和40年代に全盛を誇った、おカネを入れたら稼動する、まさしく「販売機」ですね。

本体右側に写っているのが料金投入箱で、ここに50円(昔は20円か30円でした)入れます。すると画面真ん中の大きな受け皿の中央にある円盤が回転を始め、やがてその円盤の中央穴に、同じく画面中央に写っているバーがザラメを自動で投入します。するとまもなく綿菓子が出来始めるので、受け皿左側の赤いボックスに差してある割り箸(の片方だけ)を1本取り出して、綿菓子を巻き付けていくワケ。

どうも、このボックスに差してある割り箸に対しての衛生面の問題があったのでしょうか?この「販売機」はあまり見られなくなりました。この機械も常時稼動していません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.17

10月1日つくばエクスプレスダイヤ改訂

交直両用車両を4編成増備しただけで、果たしてどこまで朝の混雑を軽減できるのか気になっていたTXの新ダイヤですが・・・通勤のおとーさんにはあまり恩恵のない新ダイヤかもしれません。071103_4

・朝ラッシュ時

つくば発秋葉原行き普通と区間快速がそれぞれ1本ずつ増加。守谷発秋葉原行き普通が1本増加。

・昼間時

つくば~守谷間は1時間あたり快速、区間快速、普通が各2本ずつの運転に。

・夕ラッシュ時

基本的に変化ありません。

・終電時間の繰り下げ

ありませんでした。

それでもこれで朝ラッシュ時の八潮~秋葉原の運転本数は1時間あたり20本となります。1時間に20本ということは単純計算で3分に1本ですよ。これ以上本数を増やすとなれば、平行ダイヤ・・・つまり快速や区間快速のような優等列車の運行をやめて、全列車を普通にして均等間隔で走らせるようなダイヤに移行する傾向が強くなります。

いよいよ6両→8両への増結による混雑率減少対策が現実味を帯びてきましたね。Hi361546

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.09.16

事故米とお酒の関係

「あんた、実は詳しいだろ?」って個別にいくつか質問受けました。Hi3619081

そのうえ今日も新たに事故米が流れた具体的企業名が377社も公表されました。止まることをしらない状況になっていますので、この際Q&A方式でいくつかの真実を書いておきたいと思います。

炎上しそうになったら消しますから(笑)

Q1、そもそもどうして芋焼酎や麦焼酎に米が使われているのか?

A1、原料の芋や麦を発酵させるのに米麹(簡単に言うと御飯に麹菌を生やしたもの)を使うからです。もちろん芋麹を使った芋焼酎や麦麹を使った麦焼酎も少数ながらあります。

Q2、なぜ米麹を作るのに輸入米を使うのか?

A2、米麹を作るには、一般的に粘り気の少ないインディカ米を使用するほうがうまくできるし作りやすいからです。インディカ米ってほとんど輸入米ですもんね。

Q3、報道や新聞紙面の謝罪文中で、「さつま司は西酒造が製造した原酒を使用していたがために万全を期して回収することになった」とあるけど、こういう酒造会社間の酒の売買というのはよくあることなのか?

A3、あります。他の業界と同じです。

Q4、今回、三笠フーズから事故米を買わされた酒造会社は、相場より安い価格だったから手を出したのか?

A4、各社が出した文書を読む限りでは、安いから買ったという酒造会社はありません。逆に相場より8%高く買ったと公表した社が1社ありました。

Q5、これらのお酒を飲んでも健康に害はないのか?

A5、わかりません。これ飲んで具合が悪くなった人は今のところおられませんし、かといってすぐには症状が出ないようなものなのかもしれませんし・・・

Q6、回収の対象になるお酒は今後も増えるのか?

A6、今後新たに事故米を横流ししていた会社の存在が判明すれば・・・増えるでしょうね。

今回の事件を機に、どうしてもお酒を飲むのに気が引けるようになったという方は、米を使用していない蒸留酒を飲むようにしてください。そのほうが精神的にはラクですよ。

それにしても許せないのは、事故米を食用に流通させた会社です。腹立たしいです。九州の焼酎製造会社は、基本的に真面目で純粋に焼酎造りに励んでいるところがほとんどです。そういう社をだますのは許せません。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008.09.13

北海道で見たモノ 

この座卓、北海道内の某ホテルで、ワタシたちが宿泊した客室で現役で使われていたものです。Hi361731

最初に見たとき「ホンマかいな」と思いましたワ。見てのとおり、上塗りはもちろん、本体の木材表面までがはがれ落ちてハゲハゲ状態です(笑)

まあ、座卓として使えることは使えるので、それはそれでいいのですが、これ見た宿泊客がこのホテルにどういう印象を持つかということを考えたら・・・やっぱり取り替えるのがスジではないでしょうか?

次に見たのは、この画像と同じような電話機です。080812

このダイヤル式電話機が、某ホテルの客室内電話機として現役で設置されていました。「フロントに御用の方は9番をおまわしください」ってね。

あのー、今の小中学生って、ダイヤル式電話機を扱えるんでしょうか?

ちなみにウチの長女(1号)は使えませんでしたワ。

まあ・・・ワタシは残念ながら使えますが(爆)

みなさんも使えるでしょう?(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.09.09

130000アクセス御礼

最近、更新頻度が落ちているにもかかわらず、多くのご訪問、本当にありがとうございます。

以前よりいただくコメント数が減っていることだけが気ががりです。そこらへん意識して今後の更新頻度を以前並みのペースに戻そうと思います。

今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.09.05

ショッピングセンターの「ブック&カフェ」

エミフル松前の1Fに、某大手コーヒーチェーンと某CD・DVD・書籍の販売レンタルチェーンが隣り合っているところがあります。ここではこの両チェーンがコラボで「ブック&カフェ」を実施しています。Hi361862

「ブック&カフェ」ってスゴいんですよ。このコーヒーチェーンのテーブル(画像中央のカップが並んだ陳列台の裏手奥にズラッとあります)に座って、チェーンご自慢のコーヒーを飲みながら、まだ精算前の本を読んでいいんです!

昔は立ち読みを禁止する本屋さんがありました。それがイスを設置して「どうぞ座って読んでください」という大型書籍店が出現しました。それがここまで発展しました。

東京日本橋の丸善にはカフェがありまして(今もあります)、本好きな方々が、いまさっき購入したばかりの書籍を、家に帰るまで待ちきれんとばかりにひろげながらコーヒーを楽しんでおられる姿を見ますが、丸善に限らず、本屋さんの中にあるカフェでは、普通は購入した本を読みます。

ここエミフル松前では、購入する前の本を読みながらコーヒー飲めるのです。

よーく見てたら、本をとっかえひっかえしながらコーヒー1杯で粘っている方もいますし、子どもが本の上に飲み物の飛まつを飛ばすこともあります。そこまでされてしまった本って、ちょっと(ワタシは)購入意欲が萎えます。

いい企画とは思いますが、なんか売り物の本を使ったまんが喫茶みたいで、正直驚いてしまいました。良識のある人が多い地域でないと、運営がたいへんじゃないかと、いらん心配してしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »