« 140000アクセス御礼 | トップページ | 惜別!京阪1900系電車 »

2008.10.16

ウチの3姉妹の運動会

この秋は、ウチの2号(次女)の運動会デビューでした。

ほとんどの親にとって気になるのは、やはり「かけっこ」の結果でしょう。ウチの2号のデビュー戦は、見事(?)に1着でした。体躯が小さいのであまり速く走れないだろうと先入観を持っていましたが。

ウチでは長女の1号もデビュー戦を1着で飾っています。ただしその後はなかなか勝てず、小学2年生の障害物競走でようやく2勝目をあげました。こう書くとホンモノの競走馬みたいで笑ってしまいます。

今回書きたいこと。それは幼稚園の運動会における「かけっこ」の意義です。

ウチの1号が初めて走った東京都昭島市の幼稚園、および2号が今回走った滋賀県草津市の幼稚園は、普通の「かけっこ」でした。1着(これを1位と書かないからアカンのですね。競馬じゃないんですから)の子もいればドンジリの子もいます。

ところが「幼稚園児のうちから順位付けをしてはいけない」という観点から、スタートした子ども達が、最後は横一線に手をつないで同時にゴールインするようにしている幼稚園もあります。

どっちがいいんでしょう?  といってもそういうのに優劣は付けられないか。

ワタシ個人としては、1号と2号の幼稚園が普通の「かけっこ」で良かったと思っています。

|

« 140000アクセス御礼 | トップページ | 惜別!京阪1900系電車 »

コメント

うちの子たちもみんな「順位」ありのかけっこで良かったと思っています。

特に2番目の小学校では、すべての競争でベスト3に入った子には輪ゴムがもらえます(例えば1位は赤、2位は緑のように)。
運動会のあと、いくつも輪ゴムをしている子と、ひとつもない子がいるんですが、もらえた子は本当に嬉しそうで、それがほしくてみんな必死に走っています。

うちのも1位の輪ゴムを得意そうにもって帰ってきました。
僕は、大事な価値観だと思いますね。

投稿: トキヤ | 2008.10.16 21:45

>トキヤさん
ワタシも大事な価値観だと思っています。
ただ、お書きになられた「いくつも輪ゴムをしている子と、ひとつもない子がいる」ってところがけしからんというご意見があるんですよね。
確かにそのけしからんという論理は間違ってはいないと思いますが、あくまでワタシ自身の価値観とは・・・異なります。
この話題、このまま続けると日本テレビのドラマ「女王の教室」の是非にまで発展しそうですね(爆)

投稿: れじぇんど | 2008.10.16 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/42805719

この記事へのトラックバック一覧です: ウチの3姉妹の運動会:

« 140000アクセス御礼 | トップページ | 惜別!京阪1900系電車 »