« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の9件の記事

2008.11.24

ウチの3姉妹のサッカー観戦

23日の記事でサッカーJFLリーグ戦観戦のことを書いたのですが、実はこの試合には、ウチの3姉妹も連れて行ったのです。

座ったところが全面芝貼りのバックスタンドでしょう?もう「2号」と「V3」の天下です。サッカーなんか観る気は100%ナシ!走り回る走り回る・・・

それで当初は予想もしなかった困った事件が発生しました。Hi362258

日立台や柏の葉と違って、ここ湖南市市民グラウンド陸上競技場にはゴール裏にあたる部分の席はありません。グラウンド(ピッチ)の地面そのままの芝が貼られた地面があるだけで、メインスタンドとバックスタンド間を行き来する通路になっている。しかもその通路とピッチの境界というのが、画像に写っているようなロープ1本です。

何が発生したかわかりますよね?

そう!!一瞬目を離したスキに、ウチのV3がロープの下をくぐりぬけて内側に侵入し、まさにピッチめがけて走り出そうとしてたんですsign03

すぐに気がつき、あわてて連れ戻したので、大事には至りませんでしたが、あと2秒ほど発見が遅れていれば、JFL公式戦試合中のピッチ上に、チビ1人が乱入して試合が中断するところでしたsweat01

2号は今回は試合中に寝ませんでした(爆)昨年、柏の葉での対大宮戦では、姉と妹を押しのけて自分だけが連れてきてもらって精神的に満足してしまったのか、あのうるさいサポーター席にいたにもかかわらず終始寝ていました。

1号は・・・今回はギリギリまで行くのを嫌がりました。1号によると

サッカーはヒマ!

だそうです。まー興味なかったらそんなもんでしょ。

早くも小学3年生で、家族一緒でも行きたくないところには行かないという主張をするようになりましたわ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.11.23

JFL観戦記 MIOびわこ草津VSカターレ富山

まずはカターレ富山の選手の皆さん、およびカターレサポの皆さん!J昇格おめでとうございます。

レイソルとサンガの試合、つまりJの試合しか観たことなかったワタシですが、今日初めてJFLの試合を観戦しました。Hi362249

試合結果は2対1でアウェイのカターレ富山の勝ち。

今日勝てばJ昇格が決まるカターレと、ひとまずJFL残留を決めて一息ついた直後のMIOの精神的内面が、試合結果に出たというところなんでしょうか。

地元のJFLクラブだからと期待して観たMIOびわこ草津なんですが、気になったのはチーム状態ではなく、やはり「スタジアム」の現状です。

今日観戦したスタジアムは、MIOのホームである湖南市市民グラウンド陸上競技場。

ここ、スタンドが小さすぎます。メインスタンドは500人も入れば一杯かな。バックスタンドは全面芝貼りの土手。しかもバックスタンドからピッチまではけっこう距離があって観にくい。Hi362253_2 ついでにゴール裏にあたる部分には観客席はナシ。供食設備はありませんし、トイレも小さいのが2箇所しかない。

さらに気になったのは「芝」の状態が良くないこと。このほうが問題だと思われます。

一方、良かったのは・・・全体的な雰囲気かな。

基本的にサッカー自体が好きな人の集まりです。両クラブのサポーターが乱闘するような雰囲気には、まずなり得ないです。ついでにこの日は滋賀県内の「ゆるキャラ」7人(匹?)が集合して、それを子ども達が取り囲んで、ほのぼのしたテーマパークのノリが満ち溢れていました。のんびりとサッカー観るにはいい環境です。来期も行ってみたいと思いました。

MIOが将来J昇格を狙うのなら、この「スタジアム」の問題は避けて通れないでしょう。ここ湖南のグラウンドはMIOが無理に借りているような状況なので、J2規格へ改装されることはありえないでしょうし、将来は名前の通りの草津市かその近辺の、もう少し交通の便が良いところに、かなりの規模のスタジアムを新設する必要があります。皇子山を大改装するのかな?いずれにせよ県がどう考えているかでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.22

「相模」と「相撲」のまちがい

かつて、神奈川県の「相模(さがみ)ナンバー」のクルマを「相撲(すもう)ナンバー」とからかう方々がいましたが、滋賀県で信じられない似たような事例がでました。Hi3622472

画像の新聞記事なんですが、要は滋賀県の「県道126号 相模水口線」の標識の表示が、一部誤って「相撲水口線」って書かれていたということなんです。

県道の表示ってマトモな役所がマトモな会社に依頼して作成するものなのに、どこをどうやれば間違うのだろうとつい笑ってしまいました。

国道の表示なんかでも間違っているヤツ(ROUTEのスペルが間違っているとか)が、ときどき見られるようですよ。

2枚目の画像は別に何の間違いもない国道の標識なんですが載せてみました。この道幅の道路が果たして国道と言えるのかどうかというのがポイントです。もっとも都会の方では考えられないと思いますが、これより狭くてスゴい国道は国内いたるところにあります。Hi361988

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008.11.21

イオンモール草津のOPEN日時

テレビCMや折込チラシなどでは「11月26日GRAND OPEN」ってなってますけど、もうサティなど一部店舗は21日(金)から営業してます。はい。

よくあるパターンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.16

草津市エイスクエア 専門店街「SARA」新装OPEN

同時にアルプラザ草津の改装もほぼ終了しました。これでイオンモール草津を迎えうつ体制が整ったというところでしょうか。Hi362227

ワタシのように首都圏在住が長かったヤツから見て関心があったのは、今回「SARA」の2階に「マツモトキヨシ」が入ったことですね。

ここまで来たか(笑)

それにしても昨日、今日の周辺道路のクルマの混雑はすごかったです。ワタシの居住しているところには影響がありませんが、本当にアルプラの至近に住んでおられる方々は、マイカーを使う気にならなかったでしょうね。Hi362226

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.07

150,000アクセス御礼

140,000アクセス達成が10月14日でしたから、24日間で10,000アクセスあったことになります。1日平均410アクセスですね。

ページの移動や同一PCからの複数アクセスはカウントしませんから、アクセス数はニアリーイコール訪問者数となります。ありがとうございます。

このブログを書き始めた頃は3日間で1アクセスしかありませんでした。また昨年の今ごろは、10,000アクセスいただくのに、だいたい60日間を要していました。

まあ、この所のアクセス数増大は、最近にたいへん検索に引っ掛かりやすい語句をタイトルに含む記事をアップしたからだと分析してます。決して内容が評価されているのではないんですよね。

いつかは、そういう語句を含まなくともアクセス数が増えるようなブログにしていきたいと、僭越ながら思っております。

ご来訪いただいた方、ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.11.06

大阪の「たぬきそば」とは?

今回は駅や街中の立ち食いそばについて書かせていただきます。

首都圏にお住まいの方へ。まず右となりの画像を見てみてください。(クリックすると拡大されます)Hi362187

これって「たぬきそば」ですよね?

首都圏の方なら100人中99人の方は、そばの上に揚げ玉が載ったこのそばを「たぬきそば」と呼ばれると思います。

でもですね。大阪では違うんです。

大阪の「たぬきそば」とは、この右となりにある2枚目の画像の「そば」です!!Hi362185

首都圏の方は

「えっ?これってきつねそばじゃないの?」

と言われることでしょう。

大阪ではこれがたぬきそばです。というか極端なハナシ、「そば」は付きません。ただの「たぬき」で通用します。そしてただの「きつね」がきつねうどんです。その証拠というか、3枚目の画像は、大阪でよくある立ち食いそばのメニュー表です。「きつね」には「うどん」しかなく、また「たぬき」には「そば」しかありません。Hi362188

では首都圏の人が、大阪で揚げ玉の載ったそばを頼みたいときは何と言えばいいのでしょう?

答えは・・・店によってビミョーに違いましてね(汗)「揚げ玉そば」という店もあれば、「ハイカラそば」という店もあります。またそもそも揚げ玉つまり天かすはタダ同然のものだから、そばの具にはなりえないと、揚げ玉入りというメニュー自体が無い店もあります。(そちらのほうが主流かな?)

これが京都でたぬきそばを頼むと、もっと違うモノがでてきます。「あんかけ」になってしまうんですね。

いい画像が撮れたら、今度は京都の「たぬきそば」を紹介してみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.04

ウチの3姉妹の展覧会

この3連休に大暴れだったウチの3姉妹ですが、3日目の11月3日には「草津市青少年美術展覧会」に行って来ました。Hi362168

この展覧会、驚くべきことに、実はウチの1号と2号の絵画が展示されたのです。それで親バカ根性丸出しのワタシは、V3も連れて一家総出で観に行ったのです。

2号は嬉しそうでした。自分の絵が飾られているのを眺めて満面の笑みでした。

一方の1号は、いたって謙虚でした。

「だって、自分の絵が展示されるなんて予想外なんだもん」

とのこと。殊勝な態度です。

で、展示された絵を観たワタシ、1号と同じ態度になりましたsweat01

なんでこの絵が選ばれたのだろう・・・dash

ワタシには解らない。他の子ども達の絵は、確かにここに展示されるに値する力作だと思いますが、ウチのは・・・。クラス全員の絵が飾られているのでもないし、「持ち回り」でもありません。ウチの1号の絵のどこが展示に値したのか、選考された方々に小一時間質問してみたい。逆モンスターペアレントになってしまいそうです。

ただ、ハッキリわかったこと。それは大人のつまらない価値観で子どもの絵を論評してはいけないということです。

幼稚園児や小学校低学年の作品の中には、あらゆる意味で「深い」のがありました。このまま中学生になっても「深い」ままだったら・・・。期待したいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.11.03

ウチの3姉妹のマツタケ狩り

この三連休、ウチの3姉妹は大暴れでした・・・

11月1日は会社の皆さんと丹波へマツタケ狩りに出かけました。昨年秋は千葉県柏市に住んでいた3姉妹にとって、マツタケ狩りは当然初めての経験です。

ところが現場は画像のような山の斜面です。Hi362145 2号とV3には到底ムリなので、この二人はママといっしょにふもとでお芋掘りをすることに。それで果敢に山に付いてきたのは1号だけとなりました。

ところがウチの1号、他のみなさんの前で、大きな声で

「マイタケあるかなあ?」

あのー、マツタケなんですけどcoldsweats01

「この山に生えているマツタケを獲るの!マイタケはスーパーに行けばあるでしょ!」と言い聞かせました。

なのに何度言い聞かせても、マイタケとしか言わない。これでは1号はマツタケなるもの自体の存在を知らない、イコール食べさせたことがないということがバレバレやんかng

結局、ワタシも1号もマツタケを見つけることはできませんでした。今年は猛暑で雨が少なかったこともあってマツタケの絶対量も平年より少なく、ウチの会社の通称「名人」でさえ、今年は昨年の半分しか獲れません(それでも獲ってくること自体がスゴい)でした。

昼食(兼宴会)にはありがたいことにマツタケ御飯とマツタケ入りすき焼きが出てきました。ここで1号にマツタケとは何ぞやと、実物を前に説明したのですが、ひとこと

「クサい!」

とヌかしやがった。

もー、オマエにはマツタケは食べさせないし買ってこない!

まー、小学3年生にとってはマツタケなんぞそんな程度のモノなんでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »