« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の9件の記事

2008.12.31

知恩院の除夜の鐘

実況画像です。Hi362339
よく「行く年来る年」なんかで放映される知恩院の鐘ですが、こうして間近で見るのは二十数年振りですね。
このブログに訪れていただいた皆様!
この一年ありがとうございました。
来年が皆様にとって良い年であることをお祈りいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.12.24

ひとりきりのクリスマスイブ~

出張中につきビジネスホテルに滞在しています。

うーん、ひとりで過ごすクリスマスイブは何年ぶりでしょうか?

でも、ひとりで過ごしているヒト、意外と多いんですよね。この時間に仕事しているうら若き独身女性も、実は思いのほか多いし。

まーワタシは一応は仏教徒(全然熱心ではありませんが)ですので、本来はクリスマスなんて関係ないものだし、だからこそクリスマスイブにひとりきりでいることぐらい、どうってことありません!っと強がってみる(笑)

はい、オチが無くてすみません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008.12.18

クレーン車が転落 新居浜市

速報画像です。Hi362303

あわや海中へ転落というところです。

重量物を台船に載せるため吊り上げようとしてバランスが崩れたみたいです。

幸いケガ人はおられないようですが。

仕事で出張中に偶然見かけた光景でした。Hi362300

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.15

銀座パノラマ 大津店

注:銀座パノラマ大津店は2011年に閉店となりました。
  この記事は2008年現在の内容です。

大津市のフォレオ大津一里山に出店した、店内に鉄道模型レイアウトがあるダイニング「銀座パノラマ 大津店」を紹介します。Hi362296

第一号店の東京・銀座店は、お酒が中心のバーそのものでしたので、お子さんには無縁のお店でしたが、ここはダイニングで、ハンバーグ、ピザ、パスタはもちろん、お子様プレートもあります。鉄道が好きなお子さんにはたまらない場所でしょう。大人も充分楽しめるところがミソです。

こういうお店だと、必ずと言っていいほど、走行している模型をさわろうとするお子さんがいるんですけど、なんとそれを黙認するモンスターマザーがいるので驚きました。Hi362295

どうもほとんどのお母さま方はあまりご存知ないと思われますので、ハッキリ書いておきます。

鉄道模型って、すんごく高価です。

HOゲージ鉄道模型の老舗「銀座・天賞堂」、およびNゲージ鉄道模型(銀座パノラマで実際に走行している模型)の草分け「KATO」のHPリンクを貼っておきますので一度ご覧ください。子どもが手を出して脱線転落して弁償を求められたとき・・・ゾっとしますぞ。

だからというわけでもないですが、お子さんには模型を触らせないようにしましょう。常識です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.14

ウチの3姉妹 水ぼうそう

ウチの3姉妹の一番下「V3」が水ぼうそうに罹りました。もう一週間になります。

3姉妹でしょう?「1号」は小学校、「2号」は幼稚園。そして未就園児の「V3」は児童館と、3箇所で別個のウイルス拾って帰ってきます(爆)誰かが何かに罹ります。

「V3」は初めのうちは、意外と元気でした。頭が痛いとも言わないし、食欲は相変わらず旺盛だし、発疹の数も、上の姉二人が罹ったときよりは少なめでした。

でも2~3日前から胃腸がヤられたようでして、ヤツがこの世で最も好きな「食事」という行為ができなくなってしまいました。吐いちゃうんですわ。

そういうとき、上の姉二人、つまり「1号」と「2号」って、妹をいたわるのかと思いきや、目の前で吐かれてはたまらんと警戒を始めました。「V3」が深いセキをしようものなら、二人で顔を見合わせ、次の瞬間には体をサーッと引いて逃げます。ゲンキンなもの。

まあ「V3」は、胃腸以外には特に不快な箇所は無いようで、吐き気も無いときは普段通りに家の中を元気に走り回っています。姉に敬遠されているには気付いてもいません。

ちなみに「1号」と「2号」は共に水ぼうそうは既に罹患しています。稀にあるとはいえ、普通は一度水ぼうそうに罹れば、もう二度と罹ることはありません。

これから本題。困るのは「親」です。ワタシは水ぼうそう、麻疹(はしか)、風疹、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)ともすべてヤりました。二度と発病することはありません(正確に言うと感染することはあっても発病はしません)。ところが、今のオトナって、これらの子どものうちに罹りやすい有名伝染病の一部が未経験という方が少なくないはずです。

たいへんよ・・・

ワタシはおたふく風邪だけが子どもの頃に罹らなくて、社会人になってから罹りました。症状は本当にキツかったです。

これらの伝染病、オトナが罹るほうが概して症状が深刻で、特に妊娠中の女性が罹った場合には胎児に影響が及ぶ恐れがあります。

今、麻疹(はしか)がこれだけの騒ぎになっているのですから、風疹、水ぼうそう、おたふく風邪の予防接種も、もっとクローズアップされてもいいんじゃないかと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008.12.09

160,000アクセス御礼

ここ2か月ほどは「イオンモール草津」を検索して来ていただいた方がものすごく多かったです。

が、現在は御覧の通りの更新ペースですので、来訪される方の数もそろそろ落ち着くんじゃないかと思っています。

「検索ワード」よりも「内容」に魅かれた方が、たくさん来ていただけるように、これからも鋭意努力していきたいです。

ご来訪ありがとうございました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008.12.06

ウチの3姉妹 宿題やれよ!

宿題が大キライなウチの1号。

ごく最近のある日、みせすれじぇんど氏が「今夜こそキチンと宿題やりなさい!!」とマジでひざを突き合わせて宿題をやらせ始めました。

すると1号、「おなかが痛い」とうるさい。どうせ仮病だと思ったみせすれじぇんど氏は、かまわず宿題やらせました。

そのうち1号はウンウンうなりだした。これは本当におかしいのかとトイレに連れて行ったが、どうすることもない。そのうちゲロ吐いて発熱。本当に倒れてしまった・・・。

オマエ、そこまで宿題キライか?・・・sweat01

もういい。パパは学校の授業内容さえしっかり理解できているなら、強く文句は言いません。でもやっぱり最低限のことはやってほしいけど・・・。

そんなやりとりを見ていた2号、

「私は小学校に入ったらちゃんと宿題やるの。おねえちゃんみたいにはならないの」

と高らかに宣言。ついでに

「パパ~!トイレから出るときには、ちゃんと便座を下げなさい!いっつも上げたままだよっ!!」

と、ワタシ叱られました。オトコがひとりしかいない家庭の悲哀です。

V3は水疱瘡にかかりました。よってこの記事ではお休みですpouch

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.12.05

0系新幹線ブログパーツのバグ?

この下にも書いてますが、このブログに「0系ブログ横断スタンプラリー」でお越しになった方が最近は多いと思われます。またBozzlogさんからリンクをたどって来られた方もおられると思います。

0系ブログ横断スタンプラリーの詳細については、そのBozzlogさんにうまくまとめておられますので、ここではそのスタンプラリーの難点だけ簡単に書いてみたいと思います。

みなさんの中で、スタンプを集めるため、他の方のブログに来て、発車時間を待っていたのに、せっかく来た0系電車がブログごとフリーズして、せっかくのスタンプが集められなかった経験ってありませんか?

ワタシもよくそれがあったので、フリーズするブログに何か共通点が無いか考えてみました。

で、ワタシなりの結論がでました。

それは「動きがあるブログパーツや背景を使用しているブログでは、フリーズする確率が高い」ということです。

もちろん「動きがあるブログパーツ」に、当の0系パーツは含まれません。また時計もセーフのようです。ただキャラが動くヤツとか動く広告バナーなんかはアヤシイですね。

スタンプを集められている方へ。もしたどり着いたブログに「動き」があったら、いったん戻って、再び目的駅をクリックしてみることをおすすめします。別のブログに誘導されます。そのうち必ず「動きの無いブログ」に行き当たります。

今回の画像は平成5年の新富士駅での光景です。手前の0系は東京行きこだま。奥に見える100系は、天候不良のため通過線で運転を見合わせている東京行きひかりです。Ca080508

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.12.02

0系ブログ横断スタンプラリー

ブログ横断スタンプラリーでここを訪れたみなさまへ!Hi361481_2

ようこそいらっしゃいました。

0系の画像を貼っておきますのでどうぞご覧ください。

Hi361491 このブログはおもちゃ箱のような、ハッキリした方向性が定まっていないブログです。とはいえ、右側サイドバーの「カテゴリー」の下から2番目「鉄道」をクリックすれば、そこそこ鉄分のある記事がご覧になれますので、興味がお有りでしたらぜひのぞいていってやってください。

またのご来訪お待ちいたしております。

Hi361512

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »