« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の7件の記事

2009.02.27

不況下のビジネスホテル

ビジネスホテルのお客が、ここ3ヶ月ほど、激減しているそうです。
不況により企業が交通費・宿泊費を節約する必要に迫られたため、社員の出張を極力減らしたのが最大の原因のようですね。
ワタシが出張で利用するホテルのお客が減ったかどうかは分かりません。そもそも、そんなもん素直に教えてくれるわけでもないですから。
ただハッキリわかることがあります。
それは「朝食バイキング」の品数や質が、半年前に比べると明らかに低下していることです。こういう箇所でコストダウンをはからないと大変だということなんでしょう。
ビジネスホテルというよりシティホテルと呼ぶにふさわしいところは、さすがに品数・質とも今も申し分ないのですが・・・何が言いたいのか分かっていただけますよね?

なお添付した画像は今回の記事とは関連しません。あくまで「雰囲気」ということで(汗)Rh081022_7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.26

九州新幹線の新名称は「さくら」

速報です。
九州新幹線の博多〜熊本〜新八代間開業により新たに走り出す山陽新幹線との直通新列車の名称が「さくら」に決まりました。
公募の結果、もっとも得票が多かったとのこと。
「さくら」は東京〜長崎・佐世保間の夜行寝台特急として有名な名称でした。4年前のダイヤ改定で列車自体が廃止になりましたが、今度は名称だけが新幹線列車として復活することになります。
国鉄の名列車でまだ復活していないのは「はと」くらいになりますね。あっ、この春で「富士」と「はやぶさ」が無くなるんだった・・・・Hi361502

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.16

電車やバスで思うこと その1

みなさんの中にも似たような経験を持っておられる方がいるんじゃないかと・・・。

電車やバスで、座っているワタシの隣が空いているとき、他にも同様の空席があるにもかかわらず、なぜかワタシの隣が一番先に座られて埋まってしまう・・・Hi361686

他にも空いている席があるのに、なんでわざわざワタシの隣に・・・って、いっつも思う。

座ってくる方に性別年齢の隔たりはありません。おじーちゃんも来ればおねーちゃんも来る。

ワタシってメタボ予備軍、つまり決してスリムではない体格だから、こんなところに座ってきても、かえって狭苦しいよ。それにメチャクチャ芳香な香水ツけてることもないよ・・・って言いたい。

まあ、いつまでもワタシの隣だけ空席というのよりはマシかもしれませんが(笑)

みなさん、似たような経験、ありません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.15

ホテルクレメント宇和島の鉄道模型

この冬から、ホテルクレメント宇和島の1階入り口に、ドイツメルクリンの鉄道模型レイアウトが展示されています。Hi362380

説明板がついており、読んでみると「約20年前、JR琴平駅の旧鉄道記念館に展示されていた物です。今回これをホテルクレメント宇和島に運び、故障で動かなかった部分等を修理・・・」となっています。

このレイアウト、1枚目の画像のようにホテルのスタッフにより雪景色が施され、「ハッピーニューイヤー・トレイン」と銘打たれ、夕刻になると列車が走行していましたが、1月中旬で運転されなくなりました。

今は2枚目の画像のような、少し小さめのレイアウトが代わりに鎮座しています。これも鉄道記念館にあったものを運んできたようで、現在修理中とのこと。Hi362417

今度のレイアウトは、メインの本線が架線集電(レールに流れている電流を列車が集電して走行するのではなく、実物の電車のように架線から集電して走行する方式)になっています。修理はたいへんかもしれないけど、ぜひ再び走行させてほしいですね。ついでに書くと、設置場所も子ども達が気軽に見られる場所のほうがいいのでは?・・・と思いました。Hi362418

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.07

ある日の最終電車

最終電車は面白い。Hi3619041
「アーーッ」とつぶやいた20代後半の男性。グッスリ寝込んで乗り過ごしてしまったらしい。あわてて立ち上がるも、とうにドアは閉まり電車は動き出している。男性が降りるはずだった高槻駅のホームが、哀れ窓の外を後方へ流れていく。呆然としてる男性。
次にこの終電が止まるのは長岡京駅。反対方向の電車は既に終了しているから、この男性、長岡京駅からタクシー決まり!

電車が山科駅を出ようとしているとき再び「アーーッ」と、今度は30代前半らしき男性の声。あわててドアに向かう。まだドアは開いており、男性は無事にホームに降り立つ。間に合った。様子を見ていた車内の他のお客からも安堵の声がする。
が2、3歩ホームを歩いた男性、いきなり車内に戻ろうとした。しかし哀れ目前でドアは閉まり電車は動き出す。呆然とする男性。どうやらここ山科駅は彼の目的地の手前だったようだ。立ち尽くす男性の姿が後方に去っていく。終電に置いてきぼりされたので哀れ山科駅からタクシー決まり!

しばらくすると今度は「いーぃっち!にーぃっ!」と異様な掛け声。振り返って見れば40代後半らしき男性。絶対に乗り過ごししないぞとばかりに、空席があるのにわざと座らず、揺れる車内でラジオ体操第一やってます。

なんか人間模様を見ているようで面白くて・・・

電車はワタシが降りる草津駅に着いた。後の席のおっさん、グッスリ熟睡。多分乗り過ごしていると思う。早く気付かないと、反対方向に向かう電車がとっくに終わっている今では、タクシー代がどんどん高くなる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.02.05

ウチの3姉妹 トイレのお話

節分の豆まきで大暴れだったウチの3姉妹ですが、ワタシ、そのうちの次女「2号」に、この頃よく叱られます。

2号いわく

「パパーッ!トイレから出るときは、ちゃんと女の子用に戻しなさい!!」

つまり2号は、トイレから出る際に便座を戻してフタをしなさいっと言ってるんですねぇ。ウチはオンナが4人に対しオトコはひとり・・・少数派の悲哀です。それにしてもウチの2号、頼もしいやらエラそうやら・・・

言い訳がましいですが、ワタシ、柏のマンションのトイレには、センサーによるオート開閉フタをオプションで付けてたんです。トイレから出れば勝手にフタが閉まってたんですよね。クセがついてしまってるんですわ。

画像は出張でよく泊まるホテルのトイレです。ウチのトイレではありません。Th081022

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.04

また「眼」をヤられた

疲れ目ではなく眼精疲労なんですわ。

仕事のストレスもさることながら、パソコンを操作する時間が増えているのに加えて、自身の老眼化が始まり、目のピントを変える機能がフルに働きすぎていることが原因と思われます。

症状は「目の奥のニブい痛み」と、「すさまじい肩こり」です。ダブル攻撃ですね。

タイトルに「また」と入れたのは、今から6年前に「ポスナー・シュロスマン症候群」という、緑内障の一種にかかったことがあるからなんです。眼圧が異様に上がるという症状でした。

まあ、いずれにせよ、このブログも当分の間は「短い文章」を中心にさせていただきたく思います。

みなさんも「眼」には気をつけましょう。本当にコワいですよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »