« ウチの3姉妹 ケンカばっかり | トップページ | ウチの3姉妹 いただきますの意味 »

2009.03.14

「冨士・はやぶさ」廃止に思う

いつものように、鉄道に詳しくない方々のために簡単に概略を書きますね。

旧国鉄→JRには夜間に出発して翌朝から日中にかけて目的地に到着する、いわゆる夜行列車が若干数ながら現存しています。

その中で車内にベッドを備えた「寝台車」」で構成された「寝台特急」というのがあります。この寝台車が青色に塗装されていることから、昭和40年代後半より、これら寝台特急は「ブルートレイン」と呼ばれるようになりました。

そして今回「冨士・はやぶさ」という列車が廃止されることで、東京・大阪~九州を結ぶブルートレインが全滅することになったのです。

ワタシ、東京~九州のブルートレインには、「さくら」と「あさかぜ」につごう2回だけ乗車したことあります。早朝の食堂車で朝食を取りながら眺める瀬戸内は確かにキレイでした。

今回、東京・大阪~九州のブルートレインが無くなることは、惜しいことではあると思います。列車に限らずモノというのは、一度無くしてしまえば、それを復活させるには新たに作るとき以上に途方も無いエネルギーが必要になります。

ただねぇ・・・今のブルートレインって、特に今回無くなった東京・大阪~九州の列車って、利用しづらい状況だったと思います。

まず運賃が飛行機にくらべて決して安くない。今の飛行機には早割りとかビジネスきっぷとか、ブルートレインに充分匹敵する運賃が設定されている。

次に車内設備。以前はブルートレインには食堂車があり、シャワーもありました。今はお弁当の車内販売さえありません。あらかじめ駅で飲食物を用意してから乗り込まないといけない。車両自体も多くは昭和50年代の製造でした。

そして目的地の到着時間もねぇ。今回無くなった「富士・はやぶさ」の場合、博多到着10時10分、熊本到着11時49分、冨士の大分到着11時17分、上りの東京到着9時58分・・・ビジネスでは使いづらい。

どうも「冨士・はやぶさ」は、あまり乗車率の改善を試みることなく、車両の耐用年数が限界に近づくのを待って廃止になったような気がしてなりません。

ブルートレイン自体は東京~北海道・東北や大阪~青森という区間では今も健在です。東京~四国・山陰には、ブルートレインではないけれど、個室寝台中心でシャワーも装備されている寝台特急があります。これらの列車はどこまで奮闘できるでしょうか。

最後に、こういうときとばかりに、しきりに惜別のコメントを出す一部マスコミや文化人に言いたい。あんたら乗ったことあったの?

|

« ウチの3姉妹 ケンカばっかり | トップページ | ウチの3姉妹 いただきますの意味 »

コメント

ここ何日か、電光掲示板?東京駅ではやぶさの撮影組に何度も遭遇。
なんでだろー?って思ってました。
新聞みて、納得。(;^_^A アセアセ・・・

投稿: にゃんこ | 2009.03.14 21:01

>にゃんさん
ここ最近は新幹線の0系にしても、今回の冨士・はやぶさにしても、特に鉄道ファンでもないような通りがかりの人までが、鉄道にカメラを向ける光景がよく見られます。
次に東京駅から消えるのは500系のぞみやで!
撮っときや!!

投稿: れじぇんど | 2009.03.15 01:02

えっと入場券買わないとだめね?

投稿: にゃんこ | 2009.03.15 15:12

> にゃんさん
そうそう!
東京駅まで有効のJR東日本の定期券・乗車券では、東京駅在来線ホームには当然立ち入りできるけど、新幹線ホームに入るには新たに入場券が必要になります。
500系のぞみは、既に今の段階で東京駅には一日2本しか発着しません。
時刻を確認してから入りましょ。

投稿: れじぇんど | 2009.03.15 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/44344438

この記事へのトラックバック一覧です: 「冨士・はやぶさ」廃止に思う:

« ウチの3姉妹 ケンカばっかり | トップページ | ウチの3姉妹 いただきますの意味 »