« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の7件の記事

2009.06.28

山陽新幹線に現れたニューフェイス

姫路駅に停車中なのを見かけました。Hi362942

この新幹線電車は山陽・九州新幹線直通用のN700系7000番台です。

2011年春の直通運転開始後は「のぞみ」ではなく「さくら」として走行する予定です。

従来のN700系塗色はブルーとホワイトが基調ですが、このN700系7000番台はゴールドがワンポイント添えられていますね。

なおこの車両は東海道新幹線には乗り入れない予定になっていますから、今後も東京で見られることはないでしょう・・・たぶん。Hi362946

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.27

続:新幹線500系「こだま」

500系といえば「のぞみ」ばかりに乗ってましたが、先日機会があったので500系「こだま」に乗ってみました。Hi362960

500系といえば、1枚目の画像でもよく分かるように、その円形に近い客室が特徴ですね。

円形の客室ゆえ、窓が上部に行くにつれ客室に覆いかぶさるようになっており、荷棚の突端もそれに合わせて通路側座席の頭上にまできています。

下にほぼ同じアングルで撮った300系客室画像を並べましたので比較してみてください。Hi362948

客室の様子だけだと、この500系が「のぞみ」か「こだま」か比較にならないんですが、3枚目の画像のように「こだま」の500系は、一部の電話室が業務用の部屋に改装されています。

それにしても、ひとつひとつの駅に停まっていく500系というのは・・・やはりピンときません。

Hi362962

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.24

190,000アクセス御礼

どうも今回は「JR西日本株主総会」という語句が、検索で大量にヒットしたようです。

速報ですが今年のJR西日本株主総会では、株主提案による第3号議案(福知山線事故以来の取締役3人の解任)は反対多数で否決されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.21

ロクハ公園プールで初泳ぎ

新型インフルエンザの影響はほぼ皆無となりました。Hi362940_2
今年度初泳ぎですわ(汗)

PS.意外とアクセスが多いので驚きました。もう少し情報を付け加えておきます。

プール入場料 大人600円、大学生高校生500円、小中学生300円、3歳以上の幼児100円

駐車場 7、8月のみ有料で300円

盗撮犯と間違われる危険がありましたので、プール内の画像は撮っていません。自分の子どものスナップさえ撮るのをはばかられるイヤな世の中になりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.06.13

さぬきうどん探訪vol.4 高速道路SA内「あなぶき屋」

今般の高速道路ETC割引が主因で、QWに四国に関連する高速道路を歴史的渋滞にみまわせた「さぬきうどん」ですが、久々に探訪記事を書いてみたいと思います。Hi362928

今回紹介するのは「あなぶき家」です。このお店、今のところ全国で唯一の「高速道路サービスエリア内にある本格的さぬきうどんセルフ店」なんです。

店があるサービスエリアは高松自動車道「津田の松原SA」です。大鳴戸橋を渡って四国に入り、高松中央インターに向かう途中に立地します。

ここの「セルフ」は徹底しています。Hi362929

2枚目の画像右側に写っている丼の中にうどん玉が入っています。丼の大きさで普通(ひと玉)と大盛り(ふた玉)に分けられています。

好みのほうの丼を取り、左に進んで、うどん玉だけをテボ(吊ってある金ざるのこと)に入れて、自分で湯がきます。

次に左に進んで好みによって天ぷら・おかずを取り、これまたお好みでネギ、てんかす(こちらは無料)をのせて会計します。

会計が終わったら、画像の左にあるステンレスのタンクからうどんだしを丼に注ぎ完成という次第。湯がくのとだしを入れるのも自分でやらなければならないところが、香川県内でも珍しいタイプです。

ここは高速道路のサービスエリアなので、売店のおみやげ物コーナーも充実しているのですが、3枚目の画像のとおり、さぬきうどんだけでこのボリュームです。常磐道友部SAの納豆コーナーを凌駕してます。Hi362931_2

むかし、国鉄の宇高連絡線があった頃、その連絡船内売店で食べられるさぬきうどんがことのほかおいしかったと話される方が多いです。あのうどん、実際はありふれた冷凍麺で決して逸品とはいえないものだったんですが、高松に向かう船上という状況と風情が本来の味以上のものをお客にアピールしていたのでしょう。この津田の松原サービスエリアも、香川県の玄関口のような立地ですから、高速道路利用客にとって、ここのうどんは感慨深いものがあるでしょうね。

津田の松原SA内「あなぶき屋」
さぬき市津田町鶴羽
営業時間 朝10時~夜9時(土日は異なります)
高速道路SAですが一般道からも利用できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.05

鉄道運賃のフシギ・・・えっ?そんなことが?

この画像は、普段ワタシが使用しているJRの回数券です。Hi3629071

発売額に注目していただきたいのです。

草津~大阪の普通運賃は1110円です。だから草津~大阪の回数券は11枚つづりで11100円となります。

ところがこの2種の回数券。まず草津~京都の回数券は11枚つづりで4000円です。一方の京都~大阪の回数券にいたっては、11枚つづりで4860円!(普通運賃は540円なのに)双方の発売額を足すと8860円です。草津~大阪の通しの回数券と比較すると2240円も安いことになります。

つまりこの区間の回数券は京都で分割して買ったほうがトクということになります

では分割して買ったこの2種の回数券は、どうやって使うのか?まさかいちいち中間の京都でいったん下車して自動改札機に入れ直ししなければならないのか?

答えは簡単で、まず草津か大阪かの乗るほうの駅で、その駅が経路に含まれるどちらかの回数券を1枚、自動改札機に投入します。そして降りる駅で、乗りしなに自動改札機に入れた回数券と、降りる駅が含まれるもう片方の未使用の回数券の双方を、2枚重ねて自動改札機に入れます。これで普通に出られます。

そう、降りるときは、回数券は自動改札機に一度に2枚投入することができるのです。でも改札機にはそんなこと、どこにも表示してません。

ついでに回数券を分割して買えば安くなる区間のことなんか、駅のどこにも書いてません。当然ですよね(笑)

このブログをよくご覧になってくださる東葛飾のみなさん!これ、他人事ではありませんよー!!

柏から常磐線・千代田線で大手町まで通勤している方の場合・・・

柏~大手町の通勤6ヶ月定期運賃→94840円

一方、柏~綾瀬の通勤6ヶ月定期運賃→42340円

    綾瀬~大手町の通勤6ヶ月定期運賃→43040円。

両方足すと85380円!柏~大手町を通しで買うより、綾瀬で分割したほうが9460円も安い・・・

この驚愕の事実、みなさん知ってました?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.06.04

「冷麺」と「冷やし中華」の違い?

画像が3枚あります。1枚目と2枚目は大阪市内の飲食店の店頭サンプルなんですけど、ひとまず1枚目の画像をクリックして拡大して見てください。Hi362903

これ、「冷麺」です。

金属の器に具が盛られている朝鮮半島の麺料理です。

では2枚目の画像を同じくクリックして見てください。

2枚目のも「冷麺」です。

「えっ、これは冷やし中華でしょ?」って?Hi362904

大阪でも京都でも「冷麺」といえばこれのことです。東京では冷やし中華と呼ばれているものです。

それなら両方扱っているお店ではどうやって区別しているのかって?結論から言うと、この両方を扱っているお店はありません(笑)あえて区別するなら朝鮮半島のほうの「冷麺」を「韓国冷麺」と呼ぶという方式をとっています。

今回言いたかったこと?

関西では冷やし中華のことを冷麺と呼びます。それだけ(笑)Hi362859

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »