« 新幹線ホームから見た姫路城 | トップページ | さぬきうどん探訪vol.5 谷川米穀店 »

2009.07.30

「祖谷のかずら橋」を渡りました。

仕事の関係で近くまで来れたので、次にいつ来れるかわからないとばかり訪問してきました。Hi363049 これは徳島県にある「祖谷(いや)のかずら橋」です。

御存知でない方々のために概要だけ簡単に書きます。

「祖谷のかずら橋」とは、徳島県の奥地、祖谷川に架かる、シラクチカズラ(植物)を使って編まれた、長さ45m、幅2m、水面からの高さ14mの、国指定重要有形民俗文化財のつり橋です。平家の落人が追手から逃れるために、すぐに切り落とせるように造ったと言われてます。有料で渡ることができます。3年に1度架け替えられます。

それでワタシ、500円払って渡ってみましたよ。Hi363055

で、その感想ですが・・・コワイ!!

冗談抜きで怖かった。

揺れるんですよ、ブルブルと!(爆)

3枚目の画像で分かる通り、橋の踏み板の幅が不均一で、やたら間隔があいている個所があり、しかもこっちは革靴だったものだから、その隙間に足を落とし入れそうになるし・・・

踏み板の間隔からカメラを落としてしまいそうな錯覚にも襲われる。本当に怖かったですよ。500円払ったものの渡らずに引き返した人も相当数いるのではないかと勝手に想像してしまいました。Hi363059

紅葉の季節は本当に美しい景色の場所だと思います。ただ紅葉を観る余裕のあるヒト、何人いるかな?(笑)

この周辺、吉野川の渓谷を行くラフティングから、日本最長の延長と所要時間を誇る「奥祖谷観光周遊モノレール」まで、けっこう見どころがあります。香川県のさぬきうどんとセットでご訪問されることをお勧めします。

|

« 新幹線ホームから見た姫路城 | トップページ | さぬきうどん探訪vol.5 谷川米穀店 »

コメント

3枚目の画像だけで渡らずとも十分です!
すごく怖いです
見ただけですくみます

でも綺麗なところですね~
それにそんな由来なら渡れなくても行ってみたい♪
四国は10年前に一度行ったきりですから・・

投稿: kanako | 2009.07.30 08:14

すばらしい景色ですね~
でも吊橋はほんと怖そう~~~
私も渡るのは無理っぽいわ

投稿: みや | 2009.07.31 14:35

> kanakoさん
子ども連れて来ようと思っても、子どもの足なら
すっぽりハマってしまいそうな間隔が開いていました。
この近くには祖谷温泉があります。四国でかけ流しの温泉は道後温泉とここだけらしいのです。

> みやさん
この橋、マジで怖かったです。
ワタシも実はナめてかかってました。
みやさん、スキー板を履けば渡れますよ(笑)

投稿: れじぇんど | 2009.08.01 19:08

片思いの彼女とこの橋を渡れば両思いにnote
って聞いたことがありますなぜって…怖がる彼女のそばで便りになる男性をみせれば女性は恋に落ちるとshock
逆効果もありうるかもですけどねhappy01

投稿: もも | 2009.08.07 17:35

朝日新聞2009年7月21日付夕刊第3面で見た直ぐ後だったので、結構印象に残りました、この記事。で、夕刊の記事より、祖谷の様子、よく判ります!

 で、反復した記憶って強いですね(エビングハウス云々を言うより、実体験として判る)。それから色んなところで、この祖谷が出て来る度に、「あっ、あそこ」って反応する様になりました。
 でもって、記憶に残ってる事→
 祖谷の渓谷の岸は、コンクリートで補強されているそうなのですが、秘境の雰囲気を壊さない様、擬岩が使われているそうです。

 何せ、「直ぐ切り落とせる様に、作ってある」そうで、「3年ごとに架け替えている」そうですから、こわい、こわい。1923年に一旦針金橋になったものの、5年後にカズラに戻されたってところに地元の愛着が感じられます。

投稿: レイ豚@日立柏酒場裏 | 2009.08.07 18:51

> ももさん
マジ怖かったですよcoldsweats02
片思いであろうとheart04両思いであろうとheart01、女性からみれば、男性が近くにいれば赤の他人でない限りすがりつきたくなると思いました。
逆効果も2通りあるかな。
単にキモいとフられるパターンと、女性のほうが気丈で、男性がふがいなくてフられるパターンheart03
ももさん、ここ渡ったことあります?

> レイ豚さん
祖谷の渓谷の岸は擬岩が使われているのですか?
現場ではまったく気付きませんでしたよ。道路から谷底まで距離があって見通しが悪いし、岩を望める橋自体が少ないです。
3枚目の画像をよく見れば分かるんですが、今の橋は、かずらの間にロープが入っていますから、一挙に多人数が渡らない限りは落ちることはないし、簡単に切ることもできないようです。
むしろ考え込んだのが、この橋の架け替え費用ってどれくらいで、観光客からの渡橋料もどれくらいになるんだろうということです(笑)

投稿: れじぇんど | 2009.08.09 08:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/45779948

この記事へのトラックバック一覧です: 「祖谷のかずら橋」を渡りました。:

« 新幹線ホームから見た姫路城 | トップページ | さぬきうどん探訪vol.5 谷川米穀店 »