« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の8件の記事

2010.02.28

さぬきうどん探訪vol.13 なかむらうどん

忘れた頃(というかネタ切れの頃)に書き出すさぬきうどんのお店紹介。第13弾は「ネギを自分で切るので有名」になった旧飯山町の「なかむら」です。

100217_3

今から15年ほど前のこと。フジテレビで全国の個性的な、あるいはわがままな飲食店を紹介する単発バラエティ番組がありました。その中で、このお店が紹介されていました。

飯山町(現丸亀市)の土器川沿いにユニークなさぬきうどんのお店があるというので女性レポーターが出かけます。看板も何もない小屋に多くの人だかりができていてレポーターが入ってみると、店主らしきおじさんが何も言わずにただひたすらうどんをゆでています。集まっている人々はセイロの上にあるうどん玉を自分で鉢に入れ、自分でダシを入れてお勘定をざるの中に入れて、思い思いの場所でうどんを食べてます。

レポーターもその人々と同じようにうどんを鉢に入れてダシをかけますが、ネギ入れの中にネギがありません。すると隣にいたおばさんが、あら無くなったのねとつぶやくや、小屋の前にある畑に入っていき、なんとネギをひとたば抜いてきて水洗いしてから、小屋の中にある包丁とまな板で切り刻みはじめました。呆気にとられているレポーター。そのおばさん、はい出来たわよとばかり、刻んだネギを自分の鉢とネギ入れに入れてから、ざるの中にお勘定入れました。このおばさん、お店の人ではなく常連客の近所の主婦だったんです。

レポーターは、ひたすらうどんをゆでているおじさんに、このお店の名前を尋ねました。返ってきた答えは「無い」。困ったレポーター、おじさんのお名前を尋ねました。返事は「わしゃ中村」。それでレポーター、「じゃあこのお店、中村うどん店という名前でいいですか?」と言うと、「ああ、ええよ」と。だいたいこういう感じの番組でした。

100217_1_2

究極の「セルフうどん」でした。かなり脚色が入っていたんじゃないかとは思いますけど、まあ印象的でした。

今は、そのおじさんは引退されて、ご子息の方々がお店を続けられておられます。天ぷらなどのトッピングも充実しています。もう畑までネギを抜きに行くことはないようです。

それでもお客は絶えません。何杯でも食べられるおいしいうどんと合わせて、超有名店になっています。お値段は小(ひと玉)150円、大(ふた玉)250円、玉子50円というところ。

ここも場所がなかなか判りにくいです。

善通寺ICから県道18号を東へ。土器川渡ってふたつめの、ガソリンスタンド越えた所の交差点を右折し、クルマがすれ違いできないほど狭い道を西光寺目指して400mほど行くと右側に見えます。判らなかったら・・・あきらめてください。

2枚目の画像はワタシが賞味したかまたまです。

なかむらうどん
丸亀市飯山町西坂元1373-3
営業時間 朝9時~麺切れ次第終了
駐車場約30台
火曜定休

3枚目の画像の看板が出てたら麺切れ終了です。これを見ないためにも休日は早めに行きましょう。

100217_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.27

ひなまつりの白酒

女の子のお子さんがいるご家庭の方へ。

もしお子さんが「ひなまつりに白酒を飲みたい」って言ったらどうしておられますか?

ウチの3姉妹の場合、この画像にある白酒をミルクで割って出しております。

Hi363585

唱歌の「うれしいひなまつり」の歌詞に「少し白酒召されたか 赤いお顔の右大臣」という部分がありますよね。ということは、ここでいう白酒とはノンアルコールではなく、また甘酒とも異なるものです。この歌詞にぴったりの日本古来の白酒で全国どこでも買えるのは、この画像のヤツしかないんです。

それにしても唱歌「うれしいひなまつり」って、どうして題名とは裏腹に、あんな悲しい旋律なんでしょ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.23

平成22年2月22日22時22分発売の記念きっぷ

昨日に平成22年2月22日絡みの記事を書きましたが、これは平成22年2月22日22時22分きっかりに発売された記念きっぷの販売状況です。

Hi363560

すみません、ワタシ、JR高松駅の窓口にこんなに人が並んでいる光景、初めて見ました。
しかも夜の10時半近くに。

NHKのテレビクルーや新聞記者も加わり、けっこうな賑わいでした。

ワタシ?並びませんでした。
「最後尾」と書いたプラカードを持ったJR女性職員が、「今から並んでもお買いになれない可能性が高いです」と叫んでいるのが聞こえましたので。

Hi3635591

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.22

ウチの3姉妹 三女の誕生日

今日は平成22年2月22日という2並びの日です。
また同時に、この2月22日というのはウチの3姉妹の三女「V3」の誕生日でもあります。
出生時も3700グラム超と重かったが、今もずっしり重いです。ホント大きくなったわ(笑)

V3が今日で2歳の誕生日なら、あまりの2並びに笑ってしまうところですが、残念(?)ながら4歳の誕生日です。
ということは平成20年の2月22日に生まれた子は、今日が本当に2並びの記念すべき誕生日だったわけですね。
さらにすごいのは昭和63年2月22日に生まれた方。平成2年に2歳の2並び誕生日を迎えて以来、20年後の今日に22歳の究極の2並び誕生日を迎えられたわけか。

このような数字が並ぶ記念日の次回は、11年後の平成33年3月3日になります。計算上では昭和63年と平成30年の3月3日に生まれた方が3並び誕生日を迎えることになります。
当事者以外にはあまり意味のない計算でしたね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.02.20

草津線全通120周年記念列車

11時30分に草津駅を発車しました。

Hi363548_2

ゆっくりと約1時間かけて柘植に向かいます。
列車はDD51のプッシュプル。柘植駅で機回しすることができないということですかね。
先週は関西線で、列車撮影が目的のマナーの悪い鉄オタが線路内に立ち入り、列車を運休させてしまうという嘆かわしい事件がありましたが、今日の草津駅はさしたる混乱はありませんでした。

Hi363538_3

というのも写真撮っている人々に家族連れが多く、記念列車の乗客も加わって、何というかアットホームな雰囲気に包まれていましたから。

草津駅前のペデストリアンデッキでは柘植駅の復刻駅弁の販売や、草津線沿線の名物菓子等の無料配布が行われていて、行列ができる賑わいになっています。

PS.夕刻5時頃、草津駅近辺にて、この記念列車の回送を撮ろうとした鉄オタが、またまた線路内に立ち入ったそうです。もー救いようが無いね。マナーの悪い人間が一部いることは、昭和40年代のSLブームの頃からのハナシで、今に始まったことではないのですが、ここ2~3年は妙に目に付きます。オマエら、ひょっとしてゆ〇り世代?

Hi363533

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.02.14

ウチの3姉妹 2010年バレンタインデー

日曜日のバレンタインデーでしたね。

Hi363508

で、1枚目の画像が今年のワタシの戦績です(笑)

そうです、ウチの3姉妹とみせすれじぇんど氏からのプレゼントです。モロゾフはみせすれじぇんど氏のチョイスです。購入費用はすべてみせすれじぇんど氏から出ています。長女1号は手作りチョコに挑戦しようとしていたようですが、あえなく挫折したとのこと。

でも、せっかくのチョコレート、結局はほとんどウチの3姉妹が賞味してしまいます。ウイスキーボンボンならワタシが独占できるので嬉しいのですが(爆)

本年は会社関係の義理チョコはゼロです。というかゼロでいいんです。贈るほうの女性軍はあまり意味のない出費をしなくて済むし、また男性軍だって妙に費用のかさばるホワイトデーのお返しをしなくて済みます。今年を機会に、来年以降も義理配りをやめる方々が増えるんじゃないでしょうか。

まあ会社関係のホワイトデーお返しがなくなっても、3姉妹へのホワイトデーのお返しはストップできませんから、こればっかりは曜日に関係なく継続ですね。アイツらへのお返し、年々費用が高くつきます・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.02.09

新幹線500系のぞみバームクーヘン

2月になって、ワタシにとっての絶対的スーパースター「500系のぞみ」も、いよいよカウントダウン体制になってしまいました。

Hi363502

で、新幹線の新大阪駅で始まったのが「500系バームクーヘン」の販売です。

500系にちなんで全長は500mm、価格も税込500円です。500系を模した長細いカートンに入ってます。

たぶん他の多くの新幹線駅で販売されていることと思いますが、新大阪駅含む山陽新幹線の駅には特別の意味があります。

そう、山陽新幹線の駅では、3月以降も毎日500系が見られるということです。だから「のぞみでは見られなくなります」という手書きの注釈POPが付いてます。

ワタシ、まだ買ってません。持ち帰るとき、なんか満員電車の中でポッキリ折れそうな気がして、つい。

Hi363503

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.02.07

グリーン車の思い出(爆)

今回の記事は鉄道ネタではなく日記、しかも自虐的な日記ですね。

Hi363494

それはワタシが高校生の頃でした。

ワタシ、友人と米原から京都まで普通電車のグリーン車に乗車していた(注:首都圏東海道線や総武横須賀線同様、当時は今のJR琵琶湖線、京都線、神戸線を走行する快速電車にグリーン車が連結されていました)んです。

彦根を過ぎた頃に検札に来た車掌サン、ワタシらに向かって

「あのー、ここはグリーン車です!」

ワタシら「!?」でした。

あのなー、普通こういうときは「ご乗車ありがとうございます。恐れ入りますがお手持ちのグリーン券を拝見いたします」って言うやんか。なんや!その言い方!(怒)

ワタシら、既に駅で購入していたグリーン券を、その車掌サンの鼻先に突きつけるように出してやりましたよ!!

もうひとつ(爆)

これはグリーン車ネタではないのですが、やはり高校生のときです。

高校総体か何かで綾部に出かけた折のこと。京都に帰るために綾部駅に行き、京都までの乗車券と急行券(今のJRは全国どこでも特急ばかり走ってますが、当時は急行がすごく多かった。この当時の山陰線も特急あさしおより急行丹後のほうが本数多かったです)を買って、改札を通り、ホームに上がりました。

するとホームをはさんで急行が2本停まってました。ワタシ、一見して乗客が多そうなほうの急行を指差して、すぐ近くにいた助役サンに

「これ、京都行き?」

って尋ねました。で、返ってきた答えが

「急行!」

でした・・・。

ええ、キレかかりましたよ。

先のグリーン車といい、この急行といい、当時のワタシ、それほど「そういう列車に乗るに似つかわしくない風体」だったのでしょうか?・・・

2枚目の画像は当時綾部から京都までの急行に使用されていた車両です。撮影した場所は山陰線ではなく奈良線ですけど。ちなみに「鉄道」に関連するワードでこの記事に訪れられた方は、1枚目の画像の車種、わかりますよね?(笑)

1830911

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »