« 定点写真 その4 京都 東山三条 | トップページ | 定点写真 その6 京都 左京区徳成橋 »

2010.07.20

定点写真 その5 京都 京阪電車七条駅

定点写真シリーズ、第5弾は京都・京阪電車七条駅の光景です。Nanajyoukeihann780903

1枚目の画像は1978年9月3日に、京阪電車七条駅の上りホーム上から北方にカメラを向けて撮影した光景です。

画面の左右を横切るのは、京都市電七条線です。つまりここは路面電車である京都市電と、都市間連絡鉄道である大型の京阪電車が平面交差していた場所です。(京都市電と京阪電車本線がこのように交差していた場所は、この七条のほかに四条と伏見稲荷にありました。当時は別段珍しい光景とは思っていませんでした。)

カメラを構えている自分がいる所は京阪電車七条駅の上りホーム。そして市電の向こう側に下り大阪方面行きホームと、まさにそのホームに入線しつつある大阪淀屋橋行き急行の姿が見えます。

この急行電車の位置関係から、まだ七条通りの交通が遮断されていなく、市電と乗用車が京阪電車の線路を横切っています。

今になって驚くべきことは、この踏切には七条通りの交通を遮断する警報機も遮断機も設置されていないということです。まあ遮断機は市電の線路と架線があるので設置できないのは判るんですが、警報機までもありませんでした。あったのはベルだけ。

2枚目の画像は、2010年現在の、1枚目の画像とほぼ同位置同アングルで撮影したものです。

Nanajyoukeihann780903_1

京都市電七条線は1枚目の画像の直後、1978年9月30日をもって廃止になりました。そして京阪電車七条駅は1987年5月に地下化されました。

2枚目の画像には、ここで電車同士が平面交差していた痕跡らしきものがまったく見当たりません。

1枚目の画像撮影時の立ち位置も、2枚目画像撮影時の立ち位置からもう少し画面の左側に寄ったあたりが正確だと思われます。が、そこには今は京阪七条駅への地下入り口があるため立つことができません。

京都市中心部で、前景と現景が大きく異なっている典型的な箇所と言えるでしょう。

|

« 定点写真 その4 京都 東山三条 | トップページ | 定点写真 その6 京都 左京区徳成橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/48920944

この記事へのトラックバック一覧です: 定点写真 その5 京都 京阪電車七条駅:

« 定点写真 その4 京都 東山三条 | トップページ | 定点写真 その6 京都 左京区徳成橋 »