« 関西の現況その3 電車が動かなくなる! | トップページ | ウチの3姉妹 十三まいり »

2011.04.07

成年後見人になるまで その7

本日、家庭裁判所から特別送達が郵送されてきました。

中にはこのような文書がありました。

平成23年(家)第〇〇〇号 後見開始の審判申立事件

                    審 判

住  所 滋賀県草津市〇〇〇

      申立人 〇〇 〇(ワタシの名前ね)

本  籍 京都市伏見区〇〇〇
住  所 京都市伏見区〇〇〇
居  所 京都市伏見区〇〇

      本 人 〇〇 〇〇(本人つまりワタシの母の名)
                    昭和9年〇月〇日 生

本件について、当裁判所は、その申立てを相当と認め、次のとおり審判する。

                    主 文

  1. 本人について後見を開始する。
  2. 本人の成年後見人として申立人を選任する。

         平成23年4月5日
            京都家庭裁判所
               家事裁判官  〇〇 〇〇

これは謄本である
  同日同庁裁判所書記官  〇〇 〇  (印鑑)

申立てのため家庭裁判所に初めて出向いたのが10月22日。
書類を作成して正式に家庭裁判所に申立書を提出したのが1月21日。
裁判所が指名された第三者の医師による精神鑑定実施日が3月20日。
そして本日、ワタシを成年後見人に選任するという特別送達が送られてきました。

これで終わりではありません。
出発点です。
ひとまず至急やらなければならないこととして、審判確定後1ヶ月以内に財産目録を作成して、裁判所に報告しなければなりません。

ワタシのような一般人が、弁護士や司法書士等の力を借りずに、単独で成年後見人選任の申立てを行ない、それが認められるまでのあらましの報告はこれにて終わりにしたいと思います。
今後、同じように後見人の申立てを考えておられる方々の参考になれば幸いです。
質問も答えられる範囲で答えますので、画面右側下のほう、「検索フレーズランキング」のすぐ上にある「メールを送信」をクリックして、メールにてご質問ください。

ちなみにここまでに要した費用(交通費は除く)は
候補者用住民票 350円
本人戸籍謄本 450円
本人住民票 350円
候補者用戸籍謄本申請用定額小為替 450円
定額小為替発行手数料 100円

郵便切手 80円×2枚
家裁様式診断書作成費用 5250円
後見を受けていないことの証明書発行費用 400円

申立て用収入印紙 800円
申立て用郵便切手 3150円
申立て用
登記印紙 4000円
再検査料100000円

総計 115460円
となっています。

|

« 関西の現況その3 電車が動かなくなる! | トップページ | ウチの3姉妹 十三まいり »

コメント

お疲れ様です。
記事を拝読して参りましたが、理解できた自信が無いです(^_^;)

毎回読むたびに「めんどくさ!!」という言葉が真っ先に出てしまい、
こなしているれじぇんどさんへの尊敬の眼差しメーターが上がって行きます…。
本当に手間もお金もかかるんですね。

投稿: レモングラス | 2011.04.08 17:40

>レモングラスさん
この難解な話題を読んでくださってありがとうございました。
この件、実際にその立場にならないと「分からない」と思います。
ワタシも、いろんな参考文書を読み砕きながら、どうにか書類を作成できたレベルです。
ただ、この後見制度に関する文書は、量こそ多いものの、内容はさして難解ではなく、特にプロの司法書士の方の手を借りなくても何とかなるのでは・・・と思います。
手間はかかりましたが、お金は本当はこんなにかからない。ワタシの場合は再検査の10万円が計算外でしたから。
あまり良い言い方ではないですけど、今後、何かの参考になれば幸いです。

投稿: れじぇんど | 2011.04.08 21:07

お疲れ様です!
更に財産目録ですか~w(゚o゚)w
全ての手続きが大変ですね。。。( ̄Д ̄;

旦那の実家は資産等無いですが。。。(笑)
両親が元気(存命)なうちに「遺言書」を
書いておいて貰いたいです
※決して嫁からは言えませんがね~!(爆)(^-^;)

投稿: ドラマンゴー | 2011.04.09 07:13

> ドライマンゴーさん
財産目録、実は意外と簡単でして。
というのも、裁判所に提出する申立書の中に、実は財産目録があるんです。
後見人になって1ヶ月以内に提出する財産目録は、最初に裁判所に提出した財産目録の修正レベルでいいんです。つまり財産にその後大きな変動が無ければ、割と小作業で済むということなんです。
お書きになっている「遺言書」の件、重要ですわ。
この後見制度だって、本人さんがまだ「達者」なうちに、自分の息子や信頼できる親族を後見候補者として自ら申立てするのが本筋のようです。

投稿: れじぇんど | 2011.04.11 02:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/51324957

この記事へのトラックバック一覧です: 成年後見人になるまで その7:

« 関西の現況その3 電車が動かなくなる! | トップページ | ウチの3姉妹 十三まいり »