« 最近見られなくなったもの レンズ付きフィルム | トップページ | 被災地の薪での京都五山送り火が結局「中止」へ »

2011.08.10

被災地の薪での京都五山送り火が一転「実行」へ

ヨミウリオンラインからの転用です。

東日本大震災の津波に遭った岩手県陸前高田市の松で作った薪(まき)を「京都五山送り火」の大文字で燃やす計画が中止された問題で、送り火の各保存会でつくる京都五山送り火連合会は9日、陸前高田市から別の薪500本を持ち込み、16日の送り火で燃やすことを決めた。
 中止に批判が相次ぎ、京都市の要請で連合会が協議。まずは大文字以外の四山の保存会が受け入れを了承、大文字保存会には今後打診する。
  新たな薪は陸前高田市のボランティアらの協力で調達、10日にも京都市に運ばれる。放射性物質が含まれないことを確認後、市民や観光客、京都を訪れた被災者らに、鎮魂や復興への思いを込めた言葉を書いてもらうことを検討している。

ここからはワタシの記述です。

放射線について何ら問題のないことが実証されているにも関わらず「中止」になったことに、長年京都市民だったワタシは虚無感、脱力感を感じていました。
そのうえで「誰が(どこの組織、団体が)中止の旗振り役をしたのか?」を大いに知りたいと思っていました。

京都市長は一方的に「保存会の意向による中止」と強調していたし、保存会は保存会で「市民の間に広がる不安感を完全に払拭することができず残念」という見解を出しているし、いったいどこが旗振り役をしてんねん?って(爆)

放射線については何の問題もないのに中止するということは、つまり放射線の有無など関係なく、はじめからこういうことを快く思っていなかった個人(あるいは組織、団体)があるということじゃないかと勘ぐりたくなります。
京都市民は「新し物好き」な反面、きわめて「排他的」なところがあります。
そこにいろんな組織、団体の主義主張が入り組んで、こういう顛末になったんじゃないかと想像します。
この想像が当たっていなければいいのですが。
まあ結果的に、想像以上の多くの批判の声を前にして、あわてて一転実施でしょう?
かっこわるい、はずかしいハナシですね。

願いが書かれた薪ではないのが残念で申し訳ないけど、実施する以上は真の送り火となってほしいです。

あっ、しつこく書くけど「大文字送り火」ですよ。「大文字焼き」ではありませんから。

|

« 最近見られなくなったもの レンズ付きフィルム | トップページ | 被災地の薪での京都五山送り火が結局「中止」へ »

コメント

今朝「京都」で使われるはずだった薪が地元で
お盆?の迎え火になったとニュースで見ました
薪から放射性物質が出なかった事や京都市長さんや
市民の方が中止を残念がっている内容でした
燃やされた薪にはメッセージが書いて有ったので
京都で「大文字送り火」してあげれば良いのになぁ~と
思っていました

実行されるので有れば被災者の方々初め。。。
私のような他の地域の住民にとっても~喜ばしい
出来事になると思います

投稿: ドライマンゴー | 2011.08.10 14:50

>放射線について何ら問題のないことが実証されているにも関わらず…

↑こういうのを読んで
「本当に問題無いのかな。どう確認したんだろうか。どんな機材を使って測定したのか?検出限界値は?」
といちいち思ってしまう私はヤバいんだろうか(^▽^;)

れじぇんどさんの洞察にも頷けます。
これまたいちいち「誰が…どうして…まさかこういう理由か…?」と悶々と考えるのも癖になっています(^▽^;)

なんかこう、物事がスパッと進まなくて嫌ですね。
思惑が絡むってめんどくさい。

投稿: レモングラス | 2011.08.10 15:43

> ドライマンゴーさん
五山送り火に使用する薪は、送り火が始まって以来、地元の木材しか使ったことがないそうです。
さらに地元では火が消えたあとの炭を、無病息災のため煎じて飲む習慣があります。
そういう点からも一部の個人や団体から、この企画自体に抵抗があったように思われます。
あと、この企画自体が、個人の呼びかけだけで始まってしまい、自治体や保存会に何の根回しもなかったという「対応の難しさ」があります。
あの世へ戻られる霊を送り出す「送り火」だから、ここまで後味の悪い騒ぎになる前に何とかならんかったのかなあって、やはり脱力感を感じています。

> レモングラスさん
いやいや、ワタシも「悶々と考えてしまった」から、この記事書きました(笑)
「放射線について何ら問題のない・・・」の部分、どの報道を見ても、どこがどのような機器でどのような方法でどのような数値を検出したのか、まったく書かれていません。ただ「問題ない」としか(爆)
ワタシもこの部分は完全に見逃しです。
それとこの企画、放射線など関係なく、被災地の薪でなくても実現は難しかったと思われます。
事前の挨拶も根回しもなく、地元以外の木材を使用するというところで、元々排他的である京都市民の心底を、ちょっと悪い方向に刺激してしまったのではないかな?・・・と思うんです。

投稿: れじぇんど | 2011.08.11 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/52438550

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地の薪での京都五山送り火が一転「実行」へ:

« 最近見られなくなったもの レンズ付きフィルム | トップページ | 被災地の薪での京都五山送り火が結局「中止」へ »