« お気に入りの祖谷そば | トップページ | またひとつトシを取る日がやってきました »

2011.09.25

おっぱいスッテを使ってみた

最初に書いておきますが

おっぱいスッテとは魚釣りの道具の名前です

福井県や京都府の日本海で、今の時期にイカの夜釣りをやるとき、仕掛けには浮きスッテと呼ばれる疑似餌をエサ代わりに使います。

Hi365053

1枚目の画像は、その浮きスッテです。
これを釣り糸から5~6本出した枝糸の先に付けて海中に垂らします。
すると浮きスッテが海中をユラユラと、あたかも小魚のように揺れ動くんです。
イカはこの小魚のように見える浮きスッテを捕食しようと、アシをからめてきて針に引っかかるわけなんですね。

それで最近になって、イカが抱きつきやすい(?)ように、かなり弾力性のある資材で作られた浮きスッテが出回りはじめました。

Hi365052

そこでこれら弾力性のあるスッテには、その「やわらかさ」と「スッテ」という名称を合わせて、おっぱいスッテという意味深なネーミングが付けられています。
2枚目の画像は、市販されているおっぱいスッテです。
ちゃんとパッケージに「おっぱいスッテ」って書いてますでしょう?

23日夜間、まだまだ台風の影響で波の高い福井県小浜市沖で、イカの夜釣りに行ってきました。
一同、船酔いに苦しむ悪夢のような船内でしたが、ワタシ初めておっぱいスッテを装着してみました。
結果、来ましたわ!
普通の浮きスッテでは緑・赤の2色塗り分けが好成績でしたが、おっぱいスッテ(3枚目画像の左側2種)にも抱きついてきました。

Hi365054

イカもやわらかいのが好きなんでしょうか?

|

« お気に入りの祖谷そば | トップページ | またひとつトシを取る日がやってきました »

コメント

イカ釣り行ってみたーい♪
イカは深いんですよね、リールは電動ですか?

投稿: shooooji | 2011.09.25 21:54

文字通りタイトルに釣られた(゚Д゚;)
イカイカ!釣ったイカは食べたんですか?

投稿: レモングラス | 2011.09.25 23:17

> shoooojiさん
そちらと日本海では、イカの釣り方がだいぶ異なるようですよ。
でも、ハマれば近所にいくらお裾わけしても余るぐらい釣れます。やめられません。
ちなみにワタシのリールは手動ですが、いっしょに行く同士の方々はほとんど電動リールですね。けっこう高価なんですよ、電動リール。

> レモングラスさん
タイトルに・・・申し訳ありません。
って、しっかり狙っていたんです(爆)
釣れたのはケンサキイカですよー。
胴はお刺身に、ゲソは煮付けにして全部いただきました。
ハッキリいって美味です。
釣れたてをすぐに絞めて、透明感の残るうちにさばいたら、もっと美味しいと思います。

投稿: れじぇんど | 2011.09.26 01:42

釣れたてのイカ美味しそうです!o(*^▽^*)o
身が透き通った「イカ刺し」とか~憧れます!(ヨダレ!)
( ̄ー+ ̄)

投稿: ドライマンゴー | 2011.09.26 21:35

私もタイトルに惹かれてすっ飛んできた(爆)

釣りの「ウキ」ですよね?sweat01

台風の影響残る荒波のなか

頑張りましたなぁ~~~

それにしてもなんでこんな名前なの?

投稿: みや | 2011.09.27 19:09

> ドライマンゴーさん
ワタシ、高校大学の頃まで、そうイカ料理が好きではなかったんです。
目覚めた(笑)のは博多の名店で賞味してからです。
店内の生け簀で泳いでいたイカをすぐさまお刺身に。
本当に透明感のあるお刺身に敬服!
さらに食べ切れなかった身をその場でイカ天に。
これがまた美味しかった!!
博多に行かれたらぜひご賞味ください。

> みやさん
やっぱりタイトルに?・・・面目ない!!(笑)
これ「ウキ」ではないんですよ。
「疑似餌」つまりエサに見せかけた針です。
これを深さ40m~60mの海中に沈めると、フワフワと小魚のような動きをするので、イカが捕食しようと抱きついてくるのです。
それにしてもなんでこんな名前?・・・なんでしょうね(笑)
釣具製造会社の策略でしょう、うん。
これ以上書くと、あらぬ方向に行ってしまいそうなのでおしまいにしますう。

投稿: れじぇんど | 2011.09.27 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/52828665

この記事へのトラックバック一覧です: おっぱいスッテを使ってみた:

« お気に入りの祖谷そば | トップページ | またひとつトシを取る日がやってきました »