« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の6件の記事

2011.10.29

帰り道での出来事

前回の自己レスの中に、帰り道の出来事としては、自分で書いておいて興味深いモノがありました。
なので、その前回の自己レスや、かつての記事の再掲載を含めて、ワタシが経験した「帰り道での出来事」を列記しておきたいと思います。

第1話
1986年秋頃、ワタシが学生だったときの出来事ですね。

自宅への帰り道。
電車降りて、商店街抜けて、橋を渡ったところで・・・何かが付いてきたんです。
もちろん振り返っても姿は見えません。足音もしません。
でも気配だけはハッキリと感じます。
そして、その「モノ」は、とうとう家の中まで付いてきました。
母親に
「変なモノを連れてきてしまった」
と訴えると、
「アホやなお前は!はよ帰れって言え!」
ってなぜか叱られた(笑)
ワタシ、そのモノに向かって
「オレに付いてきても何もしてやれんぞ」
って唱えると、気配が消えてしまいました。
こういう「心霊」っぽいの感じたの、今のところ人生これ一回だけです。

第2話
1988年9月のことでした。

神奈川県相模原市に一人暮らししていたワタシ、会社の帰り道、同僚と東横線の菊名でお酒引っ掛けて、ちょうどいい酔い加減で、深夜のJR横浜線矢部駅に降り立ちました。
マンションに向かって国道16号線を渡ったところで、目の前にいきなり若い女性が現れました。
彼女、すがるような眼差しでワタシを見るや
「お願いです!助けてください!」
と絶叫。
酔いが一挙に醒めたワタシ、何がどうしたのか聞き返そうとしたら、彼女が
「私のアパートの前に変なオトコがいるんです。怖くて怖くて部屋へ入れない・・・」
と泣き出すじゃありませんか。
ワタシ、付いて行ってあげるからと彼女に促しました。
すると彼女、ワタシの腕にしっかりしがみついて・・・そう、あたかもカップルであるかのように装いました。そのオトコを牽制するつもりだったのでしょう。
100mほど歩いて、その問題のアパートの前まで来ると、怪しげな人影は見えませんでした。
すると彼女
「今のうちに部屋に入っちゃいます。ありがとうございました」
って言うや、サーッと部屋に駆け込んでいきました。
残されたワタシ、ひとりボーゼン・・・
彼女の容姿が、暗くてよく分からなかったのが今でも心残りです。
ただ、ワタシが興味本位でそのアパートの前に再び行くことがなかったのも事実です。

第3話
2005年10月のこと。

終電の一本前の電車で、恵比寿から帰ってきたときのこと。
常磐線馬橋駅からの帰途、夜道を歩くワタシの後ろを等間隔でついてくる足音が・・・。
なんじゃ?と、チラッと振り返ると・・・、足音の主は若い女性です。
ワタシが歩みを速めると、それに合わせて足音も速くなり、逆に遅く歩くと、足音も遅くなる。
ピッタリ等間隔で付いてくる足音。
夜もすっかりふけている。
さすがに何か怖くなった。
でも、某アパートの前を通り過ぎてまもなく、足音は消えました。
その女性、そこの住人だったらしい。
帰ってからみせすれじぇんど氏に報告したら
「闇に隠れる暴漢の待ち伏せを恐れる女性が、あんたを盾にして歩いたんじゃないかな」
と言う。
うーん、それなら頼りにされたということだから、まあいいか。
それでも、いくら若い女性とはいえ、ぴったりついてくる足音はハッキリ言って不気味でした。
男でも怖いんだから、これが男女逆だったら、その女性が感じる恐怖というものは相当なものだと思います。

第4話
2006年1月の雨の夜のこと。

馬橋駅の改札口を出ると雨でした。
ワタシは折り畳み傘を持っていたので、タクシー乗り場の行列や、迎えに来たクルマの混雑を横目に家路につきました。
5分ほど歩くと、ワタシの数メートル前を一人の若い女性が傘ナシで歩いてるのに気づきました。他には人はいません。
そのうち彼女に追いつきました。強くはない雨ですが寒い夜です。
思いました。
「傘に入れてあげよう!」
でも、ワタシ、結局彼女に傘を差し掛けることなく、横を追い抜いていってしまいました。
「途中まででもよければ入って行きませんか?」
と声かけたところで、こういうご時世ですから、丁重に辞されるならともかく、たいがいは強い警戒心のもと
「いえ・・・」
という一声残して、足早に去っていくでしょう。
去っていくだけならまだしも、ひょっとしたらサッと逃げ出すとか、罵声を浴びせてくるとか、大声あげられるかもしれません。
そう、ハッキリ言って、ワタシはそういうふうになるくらいなら、最初から声をかけないほうがマシだと思ってしまったのです。
こっちは「寒いからかわいそうだ」と純真に思ってても、相手さんは親切な人というよりアヤシい人と捉えるに違いない。
この夜のワタシ、こういうふうに思ってしまった。悲しいですね。
この第4話、先日の中国でひき逃げされた2歳の女の子が無視され続けた事件を見て思い出してしまいました。

今回は多くのコメント、レスが欲しい(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.26

「近寄るな!」オーラと「呼び寄せる」オーラ

どこの誰かとは書けないんですが、身近に

「近寄るな!」オーラ

を周囲に誇示しているヒトがいます。
上から降りてきたエレベーターのドアが開いて、中にこのヒトが一人で乗っていると、ワタシら乗れないんです。
ご本人は何も言わないのですが、その「たたずまい」がいかにも「乗ってくるな!」と訴えているようで・・・

その反対のヒトもいますね。
そう!

「ヒトを呼び寄せる」オーラ

を持ってるヒトです。
それ、実はワタシかもしれません(爆)。

電車で座っているワタシの隣の席が空いているとき、次の駅から乗り込んできたヒトが、老若男女問わず、他にもいくつも空席があるのに、なぜかワタシの隣に座ってくる(笑)
特に二人がけの座席の場合にそういう傾向が強い。
ワタシ、どちらかというと、隣に座れば暑っ苦しく感じるほうの体格だと思っているんですが、皆さん、なぜ?

今朝だってそうでした。
ホテルのレストランでバイキング形式の朝食をとっているとき。
ワタシ、4人がけテーブルでひとり食事をとってたんですが、サラリーマン二人連れが、他にも4人がけテーブルがいくつも空いているのに、なぜかワタシの隣の二人がけテーブルにやってきた。
それで、ワタシの苦手な「納豆」のニオイに襲われることになりました。
わざわざワタシの隣の狭い二人がけテーブルになぜ?

勢いあまって、変なモノを呼び寄せてしまわないことを願っています。

みなさん、こんなヒト、近くにいませんか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.10.24

ハッピーセットのプラレール

ワタシ、息子といっしょにプラレ-ルで遊ぶ日が来ることを、楽しみにしていた時期がありました。

残念(?)ながら今のワタシは3姉妹の親。

画像は14日から始まっているマックのハッピーセットです。

Hi365107_2

ワタシ、当然左側のプラレールの支持派ですが、ウチではみんな右側のメゾピアノです。

今回ワタシ、何が言いたかったんだろ?(爆)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.10.23

京阪2200の廃車

はい、今回はでんしゃネタです。あしからず。

22220002_2

21日発売の鉄道雑誌を店頭で立ち読みして初めて知りました。
この夏~秋のうちに京阪電車の2200系7連3本が廃車解体になったもようです。
その3本のうちには2222Fが含まれているとのこと。

そうかぁ、2222が廃車になってしまったか・・・
京阪の中では貴重なゾロ目車番だったので、何となく興味惹かれる電車でした。
また試作の車外スピーカーが取り付けられたのも、この2222Fでした。
音が車内にもれる失敗作だったということで早々に取り外されてしまいましたが。

080726_13

2200系って、改造されるたびに顔がだんだんブサイクになってきたように思えます。
貫通路のホロが外されたくらいならよかったのですが、正面行先表示器が付けられて、その貫通路が非常口化されたときの顔には異様さを覚えました。
従来型の尾灯兼標識灯がそのまま残された車は、さらにブサイクでしたなあ。

まあ車齢を考えたら、度重なる改造改装があったとはいえ、よくぞほぼ全車が2010年代まで健在であったと、感慨深いものがあります。
一般の乗客にとっては、ボロ電車だから煙たい存在だったと思いますが。
今後も2600系ともども廃車が進んでいくことでしょう。
もっとも代替となる3000系の増備が急速に進むとは思えないので、この1、2年のうちに一挙に無くなるということにはならないようですが。

2222が廃車になったということで、京阪に残る現役ゾロ目車番は5555のみになりました。かつては111と222が存在したようですが、もちろんワタシ見たことありません。

2200

3枚目の画像は2222Fではないんですが、2200系が最も華やか(?)だった頃のヒトコマです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.10.17

ウチの3姉妹番外編 おたふく風邪PARTⅡ

今回のは「ウチの3姉妹」というより「ウチの奥さん」です(爆)

三女「V3」のおたふく風邪が、とうとうみせすれじぇんど氏を襲いました。
先週木曜日の夜、みせすれじぇんど氏が
「ほっぺの下が痛くなってきた。感染したかも・・・」
と。
別の症状かもしれないので金曜日一日は様子を見ました。

それで土曜日午前中に病院で診察を受けたみせすれじぇんど氏。
正式に「おたふく風邪」でした。見事(?)子どもにうつされました。

で、本日月曜日のみせすれじぇんど氏の様子はというと・・・
意外と元気です。

熱が出て寝込んだのは土曜日午後だけ。
日曜日も熱こそあれど、家事はこなせないことはないくらい。
で本日月曜日は、ほっぺが熱いが体温計は平熱(!)

かわいそう(?)なのは、ほっぺの左側だけが腫れてしまってること。
現在のところ、みせすれじぇんど氏のお顔は左右非対称・・・

ともかくワタシが27歳で死ぬかと思うほどの高熱と痛みに悩まされたので、アラフォーの女性もたいへんなんじゃないかと心配したのですが、今のところは比較的軽い症状のようです。

ただ、やはりおたふく風邪は子どものうちに罹っておくに越したことはないようですね。
みせすれじぇんど氏は例外かもしれませんから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.10.10

ウチの3姉妹 おたふく風邪

うんどうかいの季節ですね。
ウチの3姉妹の場合、先々週土曜日が小学校の運動会で、長女「1号」と次女「2号」が参加しました。
そして2日前の先週土曜日が三女「V3」の幼稚園のうんどうかいだったのですが・・・

実は次女「2号」が9月25日頃に流行性耳下腺炎、つまりおたふく風邪にかかったのです。
そして潜伏期間を経て、先週金曜日、三女「V3」におたふく風邪の兆候が出ました。
最悪のタイミングとなり、「V3」は幼稚園のうんどうかいに参加できませんでした。

おたふく風邪は子どものうちに罹っておくに限りますね。
「2号」も「V3」もさほど苦しがることはありませんでした。
特に「V3」は3日経った今日も、アンパンマンみたいな顔しながらもピンピンしてます。

ワタシは27歳のときに罹りました。
激しい頭痛と高熱、筋肉の痛みに襲われました。
一人暮らしの頃でしたが、マジで「この部屋で死ぬのか」と思いましたよ。

ウチの場合、長女「1号」は予防接種を受けていたので、今回は感染していません。
つまり将来は感染する可能性があるということです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »