« 暴風下の新大阪駅 | トップページ | ウチの3姉妹 入学式ダブルヘッダー »

2012.04.06

滋賀県の隠れた「梅の名所」

勝手に紹介したら叱られるかな?(苦笑)

滋賀県の、知る人ぞ知る、隠れた梅の名所に行ってきました。

Fj310218_640x480

寿長生の郷(すないのさと)」というところです。
和菓子の老舗「叶匠壽庵」が保有されている梅林で、その白梅の数は1000本を数えます。
ここで収穫された梅実が和菓子に使用されるわけです。

梅の見ごろは、平年だと2月下旬から3月下旬ですが、今年は冬の寒さが厳しかったこともあって開花が全般的に遅れています。
ワタシが行ってきたのは4月1日なんですが、寿長生の郷のHPによると、4月2日に白梅が満開になったようです。
もっとも今回の暴風でだいぶ散ってしまったかもしれません。

Fj310230_640x480

この寿長生の郷の良い所は
・駐車場が無料
・古民家を使用した案内所でお茶をサービスしてもらえる
ことかな。
ワタシられじぇんどご一行、さすがにタダでクルマ停めて、タダでお茶もらって、タダで梅を観て帰るのは何となく悪い気がして、ちゃんと叶匠壽庵の和菓子をお土産に買って帰りました。
おいしい京和菓子ですが、そんなに安価ではないことがちょっと・・・(笑)

所在地やアクセス方法はリンク先の公式HPをご参照ください。

Fj310228_640x480

|

« 暴風下の新大阪駅 | トップページ | ウチの3姉妹 入学式ダブルヘッダー »

コメント

梅・綺麗ですねぇ~(^-^)
ほんのり香るところが好きです
「叶匠壽庵」お高いですが~
たまには良いですよね?( ^ω^ )

投稿: ドライマンゴー | 2012.04.07 15:08

> ドライマンゴーさん
この「寿長生の郷」のごく近くに、やはり梅と桜の名所である名刹「石山寺」があるんです。
歴史も知名度も圧倒的に石山寺に軍配が上がるんですが、梅の本数は少なくて、駐車場が有料で、しかも混雑しているということで、単に梅の見物だけに来る方々は「寿長生の郷」がブームになっているんです。
関西のいいところは、このような梅や桜の名所が多いという点です。
首都圏はどうしても名所が限られてしまい、混雑してしまうのが難点ですね。

投稿: れじぇんど | 2012.04.08 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/54392647

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県の隠れた「梅の名所」:

« 暴風下の新大阪駅 | トップページ | ウチの3姉妹 入学式ダブルヘッダー »