« 台風4号の最中を四国にたどり着くには? | トップページ | JFL観戦記 MIOびわこ滋賀VSカマタマーレ讃岐 »

2012.06.21

朝の新快速での出来事

以前「帰り道での出来事」というのを書いたことがあるのですが、それならというワケでもないんですけど、今回は、要するに「行きしなの出来事」を書いてみたいと思います。

なお、これらのハナシの舞台である新快速電車の車内は、1枚目の画像のような座席配置になっています。
山手線のような長い座席の通勤電車の車内とはだいぶ異なることを念頭に置いてください。

Fj310169_640x480

いつも滋賀県の草津から新快速電車に乗って大阪まで勤めにでるワタシ。
草津に到着する新快速電車はかなり混んでいます。
まず着席することはできません。
それでも石山、大津、山科と、これらの駅を利用される通勤通学客が大勢降りて行かれます。
さらに京都で多くのお客が入れ替わります。
なのでワタシ、草津では座れなくても、京都を発車する時点で、ほぼ9割の確率で着席することができるんです。

第1話

草津でワタシが乗り込む車両に、たいへん覚えやすい容貌・・・要は頭髪がたいへん特徴的なおっちゃんがいつも乗っています。
そのおっちゃん、必ず京都で降ります。
だから、そのおっちゃんが座ってたら、その前に立っていると、100%京都から座席にありつけます。
ある日、山科で座席にありつけたワタシ、前の席に、そのおっちゃんが座ってるのに気づきました。
特徴ある頭髪ですから見間違うことはありません。
ところが、京都に着いたのに、そのおっちゃん動こうとしません。
「ほうほう、おっちゃん今朝は大阪へ出張かな?」
って思ったんですが、電車が京都を発車してしばらくしてから、そのおっちゃんが居眠りしてるのに気づきました。
おっちゃん、ヤっちゃったかな?
やがて電車は、次の停車駅である高槻に着きました。
するとおっちゃんの特徴あるアタマがビクンと動いたかと思いきや、おっちゃんあわてて降りていきました。
ヤっちゃったな・・・
京都-高槻は途中停まらない新快速でも片道15分かかります。
ヤっちゃったな・・・

もしワタシが隣に座ってたら、京都で「京都に着いたよ」って声かけてあげただろうか?
おっちゃんから「アンタ、なんで私が京都で降りることを知ってるんだ?」なんて逆に尋ねられたら返答に困るしなぁ・・・

第2話

ワタシが乗る車両に、山科から乗ってこられる女性がおられます。
その方、ほんの少し前の日本の純愛映画から抜け出てきたような、本当にハッとする純日本美人です。
ええ年こいたワタシでさえ、彼女を見かけると妙に緊張します。
で、ある日、大津から着席できたワタシ。
山科に着くと、なんとその純日本美人が、ワタシの真横に立ちました。
しかもワタシの横に座っておられたお客が京都で降りられたので、その空いた席に純日本美人が座られたんです。
ワタシ、マジ緊張しましたわ。
こっちから何か声をかけてみようかな?
「いつも山科から乗ってこられますね」って。
アカン、アカン。
そんなの彼女を注視してるのがバレバレや。
ストーカー扱いされてしまう。
なんてアホなことを考えているうち、彼女が居眠りしてるのに気づきました。
軽く船を漕いでいた彼女、やがてその漕ぎ方が猛烈にハデになりました。
まさに「アタマがブルンブルン」状態。
ブーメランストリートの振り付け(分かるヒトだけ分かってください)みたいです。
次の日から、山科で彼女を見かけても、緊張することは二度となくなりました(爆)

第3話

新快速が高槻を過ぎて岸辺あたりを走行していたときのことです。
着席していたワタシ、真横からやや後方に立っていた若い女性にいきなりアタマをはたかれました。
「!?」と、その女性のほうを振り向くと、その女性、ヒザから崩れるように倒れてしまいました。
貧血のようです。「車内急病人」ですね。
大阪のお客さん、みな優しいです。
周りのみなさん、幾人もが「だいじょうぶ?」って声かけて、あるご婦人なんか、自分が床の上に正座して、彼女のヒザ枕になって、それを別の男性客が手持ちの扇子であおいでいます。
ワタシ、車輌前部のほうのお客に「そこにインターホンがあるから、車掌に急病人が出たと知らせてあげてください」と声をかけました。
女性客が引き受けてくださいました。
ところが新快速の車輌って、インターホンのボタン押したら、同時に非常ブレーキがかかってしまうんです。
ワタシ、知らなかったわ。
なので電車は止まってしまいました。
車掌から車内スピーカー通じて呼びかけがあり、倒れた女性も次の新大阪までならガマンできると答えられたので、3分ほど停車しただけで再び走り出しました。
これ、非常ブレーキと連動していない、単なるインターホンってできないものでしょうか。

Hi364792

|

« 台風4号の最中を四国にたどり着くには? | トップページ | JFL観戦記 MIOびわこ滋賀VSカマタマーレ讃岐 »

コメント

通勤の車内って、いろんな小さなドラマがありますよね。面白いです。
インターホンが非常ブレーキと連動しているのは知りませんでした。確かにちょっと困りますねw(゜o゜)w

投稿: トキヤ | 2012.07.02 09:23

> トキヤさん
ワタシもインターホンと非常ブレーキが連動していることを知らなくて、せっかくインターホンを操作してくれた女性客が間違って非常停止ボタンを押したんだと思い込んでしまいました。
インターホンだけ独立している車両も多くあるんですけど、そこらへんは統一されてほしいと思います。
通勤の車内ってドラマがあるから面白いですよ。
ただ「行き」より「帰り」!
しかも終電間際のほうが圧倒的に面白いです。
いろんな意味で(笑)

投稿: れじぇんど | 2012.07.03 00:44

どのお話も楽しく読まさせて頂きました
車内での状況が手に取るように分かりました

ストーカーと疑われるのは避けたいですよね!(笑)

最後のお話ですがインターホン通話と急ブレーキが
セットとは驚きです
関東のJRにもインターホン付きの車両って有るんですか?

今回は女性の方の貧血?で大事には至らなかったようですが
重病人や犯罪の対応の為に通話だけの物が必要だと思いす

投稿: ドライマンゴー | 2012.07.08 09:04

> ドライマンゴーさん
ワタシ、実は第2話がいちばん書きたかったヤツなんです(爆)
それはともかく、大事なのは第3話にある「車内インターホン」ですね。
これはワタシたちだって、実際に使用する場面が来るかもしれませんものね。
JR東日本のほとんどの車両にはインターホンが装備されています。
都営地下鉄は早くから全車両にインターホンが付いています。その他の私鉄もだいたい6割程度の車両にインターホンが付いています。
ただ、JRも地下鉄も非常ブレーキと連動しているのかどうか、ワタシわかりませんでした。
連動しているほうがいいのか、していないほうがいいのか、事例ごとに良し悪しがあるのでちょっと判断が別れるところです。

投稿: れじぇんど | 2012.07.10 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/55021623

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の新快速での出来事:

« 台風4号の最中を四国にたどり着くには? | トップページ | JFL観戦記 MIOびわこ滋賀VSカマタマーレ讃岐 »