« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の2件の記事

2012.12.24

ウチの3姉妹 2012年のサンタクロース

寒波もなんのそのと今日も大暴れのウチの3姉妹ですが、コイツらみーんな、実はつい最近までサンタクロースは実在であると信じていました。

さすがに長女「1号」は中学1年ですから、すでにその正体は気づいていましたが、それでも妹ふたりには真相を黙っていました。

ところがみせすれじぇんど氏のほうが、これ以上「カムフラージュ」することがめんどうくさくなっちゃったんですよね。
まず次女「2号」にサンタの正体をカミングアウトしました。
続けて三女「V3」に
「今年はサンタさん来ないから、プレゼントをママとパパが買ってあげる」
と持ちかけました。

ワタシ、このみせすれじぇんど氏の作戦を知らなかったんです。
今日になって「V3」がきょとんとした表情で尋ねてきました。

「ねえおとーさん、今年はどうしてサンタさん来ないの?」

何も知らなかったワタシ、とっさに

「サンタさんは選挙で落ちたんだよ」

と(爆)

「選挙ってなんなの?」

と、たたみかけるV3にワタシ

「ほら、つい最近、駅前でおじさんたちが宜しくお願いしますとかスピーカーで話してたでしょ?アレのこと、アレ!」

と答えたら、V3はあっさり引き下がった・・・

オイ!それでいいのか?V3!!

とまあ、本当のところは、コイツら子供たちの将来のための、真のサンタクロースたる政治家が現われてほしいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.12.13

流行性胃腸炎にかかってしまいました

本当に久々の更新が、この内容です。

11日の深夜、出張先にて激しい下痢と腹痛に襲われました。
嘔吐はしませんが、ムカムカ感はあります。
下痢は下痢ですが、透明の水のようなものしか排出しません。

実は今から19年前の夏、ワタシ、実家への帰省中に「急性胃炎と急性十二指腸炎の併発」なる症状を発症して、1週間入院したことがあります。
そのときの症状とすごく似ていました。
このときは朝に起きたときから腹痛に襲われ、時間が経つにつれてその痛さが耐え難いものに変わり、嘔吐と合わせてまさに七転八倒状態になりました。

今回は12日朝の段階で、まだ何とか歩ける状態でした。
それで、このあと痛みが激しくなるかもしれないし、また入院という事態になれば出張先ではなく地元のほうがよかろうと思って、思い切って在来線と新幹線を乗り継いで滋賀県に帰るという判断をとりました。
かろうじて草津市にまで帰り着き、かかりつけの病院に駆け込んだ結果が「流行性胃腸炎」という診断でした。

医師の診断では、症状から推測して、ノロウイルスに起因している可能性は高くはないだろうということでした。
ノロウイルスなら、個人差はあるものの、症状はもっと激烈で、ワタシのように出張先から自力で帰り着くのは難しいそうです。

なお医師からは
「最近一週間以内にナマモノを食べましたか?」
「そのとき誰かといっしょでしたか?」
「昨日夜に飲食したとき、誰か腹痛を起こしている人と同席しましたか?」
ということを尋ねられました。

時節柄、皆様もご自愛ください。
予防のコツは、とにかく外出後帰宅時の手洗いとうがいの励行だそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »