« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の3件の記事

2013.03.27

情報をもらしているのは誰だ?

この画像はワタシが所有しているケータイです。

Sn3v0095

右側の黒いのは会社から貸与されてる社用機で、左側の鮮やかなショッキングピンクの機が、ワタシのプライベートのケータイです。

これがオサーンの持つ色か?って(笑)
ワタシの正体をご存知の方なら、ワタシのテーマカラーがショッキングピンクであることもご存知のはず。
現にワタシのスキーウェアって蛍光色のショッキングピンクだったから、ゲレンデでの集合場所の目印として重宝したの覚えてるでしょう?

実際は会社の機種と間違わないよう、思い切って完全な別色にしただけなのです。

まあ、それはさておき、ケータイには迷惑メールがつきものです。
ワタシのプライベート機にも、迷惑メールが来ます。
多くは出会い系の勧誘です。
「○○さんと会ってみませんか?」って大きなお世話です。

ただ、以前なら、こういうメールは、100%「素敵な女性との出会い」の勧誘でした。
ところが、このショッキングピンクの機種に変えてから、その勧誘内容が
「素敵な彼氏との出会い」
になっているメールが激増しているのです。
ワタシは歌って踊れてキレイだとはいえオサーンです。
素敵な彼氏には興味ありませんし、向こうも会いたくないでしょう。
なのに男性との出会いを勧誘するメールが来ます。
なぜか!?

ワタシが考えるに・・・どこかから漏れた個人情報の中に
「携帯電話の色」
があると思えてならないのです。
どこかから「ピンク色のケータイを購入した人のメアドリスト」というのが流出したとします。
普通、ピンク色のケータイの保有者というのは圧倒的に若い女性のはずです。
なのでそのメアドリストに「彼氏との出会い」勧誘メールを発信するというのは十分あり得るハナシだと思えるのです。
彼氏との出会いの他には、化粧品をあげるからモニターになりませんか?というのが一回来たことがあります。
エステとダイエットはありません(笑)

無作為に勧誘メールを送りつけているとするなら、機種がピンク色になってから、彼氏との出会い勧誘のメールが増えた理由の説明がつかないのです。

ただ、ユーザーの「保有機種の色」ってデータ化されているのかな?
もし、そのデータを持っている社があるとしたら、それは・・・

とにかくワタシは「素敵な彼氏との出会い」には興味ありません。
まったくそっちの気はありません。
おあいにく様でした(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.03.24

続:道路信号機の話題

2008年3月7日に千葉県東葛飾の信号機に関する記事を書いたことがあるのですが、それ以来ひさびさに信号機の記事を書きたいと思います。

Fj310713_640x480

1枚目の画像は香川県高松市内で見かけたLED式信号機です。

ごく普通に見られるLED式信号機との大きな違いは「ひさし」の有無ですね。

このように「ひさし」が無いと、ただでさえ従来の電球式信号機より薄型になっている機が、さらに薄っぺらになります。

Fj310717_640x480

この1枚目の信号機をもっと横から接近して撮った感じが2枚目の画像です。

もはや信号機なのか広告なのか区別がつかない様相です。

さらに3枚目の画像。

Hi361155_2

これは先ほどの2008年の記事に載せた、都内葛飾区にある信号機です。
双方向型の、しかもあまり見られなくなった「角形」の信号機です。

このような双方向型の信号機が、LED型の、しかも「ひさし」が無いタイプに更新されたら4枚目の画像のようになります。
スッキリしてます(笑)
真下から眺めたら信号機であることがわからないですね。

Fj310715_640x480

で、今回書きたかったこと。

それは1枚目の画像で分かるように、「ひさし」の無いLED式信号機を歩道橋に取り付けた場合、昼間だと視認しにくいということです。
遠方からだと信号機なのか広告なのか見えにくい(爆)

それにしても「ひさし」が不要になるほどLED式って明るいということなんですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.03.02

さよなら京阪特急テレビカー

京都と大阪を結ぶ京阪電車の特急用車両車内にテレビが設置されているのは、京阪神にお住まいの方々はけっこうご存知だと思います。

Tvcar4_640x480

そのテレビなんですが、昨今の「ワンセグの普及」と「テレビ離れ(?)」により、観ているお客がほとんどいないという現状から順次取り外されることになりました。
そして1編成だけ奇跡のように残っていた8030系車両(旧3000系)が3月をもって引退することにより、その8030系に組み込まれているテレビカーも同時に終焉を迎えることになりました。

ワタシ、2月に入ってから、だいたい週に1回の割合で、8030系車両のお名残乗車をしています。
ワタシが小学生のとき、クラスメートと連れ立って、子供だけで大阪・弁天町の交通科学館に行ったことがあるんですが、そのとき初めて乗車したのがこの8030系でした。
それ以降、もう数えきれないくらい乗車しましたが、社会人になってからは首都圏住まいになったこともあり、また後継の新型車両と入れ替わりに1編成を残して廃車されてしまったため、長い間乗ることができませんでした。
この3月の引退が決まってから、京阪電車の公式HPに日ごとの運転時刻が公開されるようになったので、狙って乗ることができるようになったんです。

Tvcar3_640x480_2

本当に久しぶりにテレビカーに乗車したのですが、取り外しの要因になった通り、やはりテレビを観ているお客は少ないです。
昭和60年の阪神タイガース快進撃のとき、満員のテレビカーのお客さん全員がナイター中継に夢中になっていたのがウソみたいです。
あの頃とは日本人の気質が変わってしまったということなんでしょう。

1枚目の画像は、最後のテレビカーが組み込まれている8030系の外観。
2枚目はテレビ設置車両の外側に描かれている「テレビカー」のロゴ。
以前はロゴが濃いオレンジ色でしたが今は白銀色です。
3枚目はテレビの様子。
32インチハイビジョンテレビが設置されているのがお分かりになると思います。
以前はもっと車端部に20インチテレビが設置されてました。
4枚目は1986年頃のテレビカー外観です。濃いオレンジ色のロゴが特徴です。

Tvcar2_640x480_2

8030系は京阪本線からは引退しますが、富山地方鉄道と大井川鉄道に移籍した車は今後も走行を続けますので、車両自体が見られなくなるということはありません。
さらに、富山地方鉄道の車両では、いったん撤去されていたテレビが昨年8月に再設置されたので、テレビカーも健在ということになります。

京阪線での最後の雄姿をカメラに収めようという方々で京阪沿線は賑わっていますが、くれぐれも列車の運行を妨げたり、一般のお客に迷惑をかけるような行動は謹んでいただきたく思います。

ワタシは来週のいつか、ひっそりと最後のお名残乗車をしたいと思います。

Tvcar1_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »