« 安近短な所その2天橋立 | トップページ | 最近の特急「はるか」 »

2013.05.06

変わった形のおみくじ

みなさま、ゴールデンウイークはいかがでしたでしょうか?
ワタシは前の記事にある通り、安近短といってはなんですが、初めて天橋立に行ってきました。
今回はそこで見つけたおみくじのハナシを書いてみたいと思います。

天橋立に着いた我ら一行、クルマを文殊地区に停めました。

Fj310745

ここ文殊地区には、智恩寺(文殊堂)という名跡があります。
(1枚目の画像は、その文殊堂です)
この智恩寺、「三人寄れば文殊の知恵・・・」の語源にもなった日本三文殊のひとつだそうで、知恵を授かる文殊さんとして受験シーズンに賑わうそうです。

その智恩寺で変わった形のおみくじを見つけました。

2枚目、3枚目の画像にあるように、形が扇子になっているおみくじがあったんです。

Fj310793

ごく普通の紙製のおみくじ(100円)もあったんですが、ウチの3姉妹の次女「2号」は、迷わずこの扇子型(300円)を購入しました。
透明アクリルの箱に多くの扇子が入っており、お金を払ってからコレっというのを1個取り出すという形式になっていました。
扇子を開けると「大吉」や「吉」という文字と共に、運勢が書かれています。

普通おみくじといえば、神社やお寺の境内の樹木に結んで行かれるのが一般的ですが、この扇子型おみくじも、やはりしっかりと樹木に結ばれています。
何かそのまま結んで帰るのがちょっともったいない気がしますが。

Fj310746

ワタシ、学生時代までは、おみくじは何が出ようと結んで帰りました。
まわりがみんなそうしていたからですね。
でも今のワタシは、大吉や大大吉なら結ぶことなく持って帰り、丁寧にたたみ治して財布や小物入れに入れて持ち歩くことにしています。
運を呼びますものね。
一方、凶が出たときは結んでいきます。
幸いなことに(?)凶を引いたのは生涯において学生時代の一回だけですが。
ちなみにウチの「2号」は、この扇子型おみくじは結ばずに持って帰りました。

みなさん、やはりおみくじって結んでいきますか?

|

« 安近短な所その2天橋立 | トップページ | 最近の特急「はるか」 »

コメント

扇子のおみくじ可愛いですね!
文字も読みやすいし~これなら凶や大凶以外なら
持ち帰って友人や知人に見せたくなりますね!(^v^)

紙製のおみくじですが
以前は何が出ても(大吉は無いですが)
境内に結んで帰宅しましたが~
最近良いおみくじは持ち帰っても構わないと
知ったので持ち帰ります(^u^)

おみくじが幸運を運んでくれるかは不明ですが。。。(^_^;)

投稿: ドライマンゴー | 2013.05.12 05:20

> ドライマンゴーさん
やはりおみくじは結んで帰られていましたか!
そうですわね。
ワタシ、大吉でも結んで帰っていました。
最近観たテレビで、現在国内で供されているおみくじは、その大半が東南アジア製だというのがあって、むしろそのほうに驚きました。

投稿: れじぇんど | 2013.05.13 00:03

そう言えば。。。前に手作業でインドでおみくじ印刷を
小さい雑居ビルの1室で作っているのをTVで見ました!
工員の方々は勿論何が書いて有るか分からずに~
もくもくと印刷してカッタ―で短冊状にして出荷していました(^_^;)

投稿: ドライマンゴー | 2013.05.15 13:03

私も東京の須賀神社に行ったとき、扇子型のおみくじを見つけ、買って持ち帰りかわいいので、友達にプレゼントしちゃいました。大吉と中吉でした。またほしいなーと思っていったら、なくて残念、天橋立行ってみるかな、情報ありがとうございます。

投稿: さーちゃん | 2013.05.29 23:36

> さーちゃんさん
東京の須賀神社って四谷ですか?
ちょっと懐かしいです、うん。
首都圏の方なら、天橋立まで行くこと自体がたいへんだと思います。
お気をつけて行ってください。
ちなみにこの知恩寺、扇子型の他に「幸せを呼ぶ石」のおみくじもありました。
「持って帰ってください」って意向がありありです。
それと香川県の金刀比羅宮(こんぴらさん)のお守りは、十二支をかわいいマスコットにしてました。
こっちのほうが周囲の方々にうらやましがられると思われます。

投稿: れじぇんど | 2013.05.30 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/57326930

この記事へのトラックバック一覧です: 変わった形のおみくじ:

« 安近短な所その2天橋立 | トップページ | 最近の特急「はるか」 »