« 彦根市庄堺公園のバラ園 | トップページ | 首都圏では見られません »

2013.06.05

定点写真その12 大阪 阪堺電車恵美須町駅

忘れた頃にネタにする定点写真シリーズ。
京都ばかり続いていましたが、今回は大阪です。

1枚目の画像は1978年11月28日に撮影した、大阪市の阪堺電車恵美須町駅です。
大阪市と堺市を結ぶ路面電車の始発停留所です。

781128hankai_6_640x491

今でこそ「阪堺電気軌道」という社名ですが、この当時は南海電鉄大阪軌道線という名称でした。
また現在の路線に加えて「平野線」が、まだ健在でして、ここ恵美須町駅からは浜寺駅前行きと平野行きが、ほぼ交互に運行されていました。

ホームは①、②、③の3面あり、①と②が住吉、浜寺駅前方面行き、③が平野行きに設定されていました。

781128hankai_1_640x439

同日に撮影した2枚目の画像からもわかるように、2面3線という、路面電車の停留所にしては規模が大きい、立派なターミナルでした。
複数の電車が客待ちしているのがハッキリ判ります。

3枚目の画像は、2013年6月3日に1枚目の画像と同じアングルで撮影した恵美須町駅です。

改札用の枠(ラッチと呼びます)が無くなり、あまり駅らしく見えなくなりました。

Fj310897_640x480

画面右手の駅事務室も喫茶店になっています。
画面左手の、視線をさえぎるがごとく立ちはだかるコインロッカーと、線路の車止めを隠すように設置されている自販機が何か興ざめです。
電車の本数も年々削減され、平野線系統も加わって賑やかだった頃と比べると、寂しさがうかがえます。
ホームについては①(1枚目の画像の左側に見える乗り場)の線路が撤去され、以前の②が①に、③が②に改番されました。

Fj310900_640x480_2

夕刻のラッシュ時の時間帯なんですが、お客の数はさほど多くありません。
でも数多くの路面電車のターミナルが無くなってしまった現在では、存在しているだけでも貴重な存在なのかもしれません。

|

« 彦根市庄堺公園のバラ園 | トップページ | 首都圏では見られません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/57526598

この記事へのトラックバック一覧です: 定点写真その12 大阪 阪堺電車恵美須町駅:

« 彦根市庄堺公園のバラ園 | トップページ | 首都圏では見られません »