« 定点写真その13 大阪 南海平野駅 | トップページ | 定点写真その15 大阪 阪堺電車阿倍野駅 »

2013.09.29

定点写真その14 大阪 南海股ヶ池駅

予告通りにしばらく続けるこのシリーズ。
第14弾は旧南海電鉄大阪軌道線(現阪堺電気軌道)股ヶ池駅です。

1枚目の画像は1978年11月28日に撮影した、大阪市阿倍野区に存在した「股ヶ池駅」上りホームの光景です。

781128

といっても上りホームはほとんど写っていませんね。
画像中央の電車は下りの平野行きです。
この地点、併用軌道ではなく踏切になっています。
画像右手にわずかに写っているのが、上りホームと上屋です。
上りホームと下り平野行きホームは、この踏切をはさんで千鳥式に配列されていたので、画像の下り電車の背後にはホームはありません。
画像奥のほうを左右に横切っているのは国鉄阪和線のガードです。
ちょうどこの地点で平野線をオーバークロスしていましたが、阪和線側には駅は無く、乗り換えはできませんでした。

2枚目の画像は、1枚目の画像とほぼ同位置同アングルで見てみた、2013年9月現在の同地点です。

130923

旧景の面影はあまりありません。
平野線の線路跡は(頭上にある)阪神高速松原線に平行して東南方向へ一方通行となっている道路になっています。
また旧景にあった阪和線のガードは、画面手前に新設移転され、古い高架橋は取り壊されました。
ガードの場所が変わっただけでr、ずいぶんと雰囲気が変わっています。
わずかに旧景の左奥、ガードの先の道路沿いにある家屋のみが当時とあまり変わらない風景となっています。

2枚目の画像が、同位置同アングルにこだわり過ぎているのいで、ちょっと引いてみたのが3枚目の画像です。
阪神高速の桁が写りこむので位置関係が判りやすいと思います。

旧景に写っている自転車に乗った小学生の方へ。
画像処理してなくてごめんなさい。
お申し出いただいたら、お詫びのうえ、お顔が判らないように修正させていただきます。
このときの年齢が10歳だとしても今は・・・45歳になっておられることになりますね。

Fj311159

前回の平野駅と同様に、ここも1978年に訪れたときと比べると、行きかう人々の数が少なくなって寂しいように思えました。
以前はちゃんとした「駅前」だったんですものね。

|

« 定点写真その13 大阪 南海平野駅 | トップページ | 定点写真その15 大阪 阪堺電車阿倍野駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/58288871

この記事へのトラックバック一覧です: 定点写真その14 大阪 南海股ヶ池駅:

« 定点写真その13 大阪 南海平野駅 | トップページ | 定点写真その15 大阪 阪堺電車阿倍野駅 »