« 丹波でマツタケ狩り | トップページ | 370,000アクセス御礼 »

2013.12.04

電車の網棚

電車の座席の上部に設けられている荷物を置く棚を「網棚(あみだな)」と呼称します。

よく終着駅に着く直前に、車掌さんが
「お忘れ物なさいませんよう、網棚の上など充分ご注意ください」
なんて車内放送されますね。

でも

本当に「網」の「棚」でしょうか?(笑)

Fj311215_640x480_3

1枚目の画像は東海道山陽新幹線N700系の「網棚」です。

まったく「網棚」ではないですね。

新幹線の車掌さんも「網棚」って言葉は使ってないように思います。

これは完全に「荷物棚」です。

特徴としては・・・座席から見上げたとき、荷物の底部が見えないことでしょうか。

2枚目の画像は、普段ワタシが通勤に利用する、JR西日本223系の「網棚」です。

Fj311214

これも「荷物棚」ですね。

最近の車両は、ほとんどがこういうタイプでしょう。

このタイプの棚なら座席から見上げたら荷物が見えるので、忘れ物をしないための喚起にはなるでしょう。

3枚目の画像は京阪電車1900系の「網棚」。

Hi362048

これは「パイプ棚」ですね(笑)

ひところよく見られたタイプです。

ちなみに数あるパイプの中で、いちばん右にある、もっとも太いパイプは、実は「つかみ棒」です。
つり革と同じく、揺れる車内で身を支えるとき、この棒をつかむことを意図して造られています。

なんか「網棚」なんか言葉だけで、今では「網」の「棚」なんか無いんじゃないかと思っていたら、現役車両の中でしっかり健在なのがありました。

4枚目の画像は京阪電車2600系の、正真正銘「網棚」です!

Fj311237

荷物を載せる部分は化学繊維で造られた網になっており、まさしく網棚です。

ちゃんと「つかみ棒」もありますね。

特徴としては、載せた荷物がすべりませんから、背の低い方が荷物を降ろすとき、ちょっと苦戦するかもしれません・・・ということです。

「網棚」という言葉があるんですから、昔はみんな、4枚目の画像のような棚ばかりだったんでしょう。
4枚目の画像のような棚を持つ車両が消え去ったとき、「網棚」という言葉も死語となってしまうんでしょう。

|

« 丹波でマツタケ狩り | トップページ | 370,000アクセス御礼 »

コメント

今朝の乗車車両が本当の網棚でしたよ@千代田線各駅。あっ!てこの日記を思い出しました。本来より10分早い電車でした。車両の種類は不明です。

投稿: kanako | 2014.02.17 08:29

> kanakoさん
情報、ありがとうございます。
思い起こしてみれば、確かに千代田線を走行する車両のうち、最も古い東京メトロの電車(6000系といいます)は金属製の網ではありますが「網棚」でしたね。
ワタシ、つごう6年間、馬橋から大手町まで千代田線で通勤しておりました。
なので「網棚」の電車があったの覚えてます。
ただ、この6000系という車両も、老朽化のため新型にどんどん取り換えられているようです。
やっぱりまもなく見られなくなるということですね。

投稿: れじぇんど | 2014.02.23 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/58693807

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の網棚:

« 丹波でマツタケ狩り | トップページ | 370,000アクセス御礼 »