« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の5件の記事

2014.03.25

新幹線N700とN700Aの違い その2

だいぶ前、東海道山陽新幹線にN700Aが登場した直後に、

こういうタイトルの記事を書きましたが、その続きというか・・・(爆)Fj311464_640x480_2

 

N700Aの登場以来、そのN700Aが増備されるたびに、

従来の車両にふたつの変化が進行しています。

まず1枚目の画像にある700の廃車です。

Fj311421_640x480_2

N700Aの新車が入るのと引き換えに、

700が役目を終えて廃車されていきます。

もうひとつの動きは従来のN700のN700A化です。

Fj311415_640x480

従来のN700が改造を受けてN700Aに変わって

いってます。

東海道山陽新幹線の車両には、その側面に車両の

形式を表すロゴマークが貼付されています。

Fj311463

2枚目が700系。

3枚目がN700系。

4枚目が新たに登場したN700A。

ひときわ大きなロゴマークが特徴です。

そして5枚目が従来のN700からN700Aに改造された

車両のロゴマーク。

Fj311414_640x480

40代以上の方なら覚えておられると思いますが、

タケちゃんマン7の帽子みたいなもんです。

なんやかんや言って、1枚目から3枚目の画像は、ごく近い

将来見られなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.23

今回の大阪市長選

今日が投票日なんですが、最後の最後までポスター掲示板はこういう状態でした。

ワタシは大阪市民ではないので、特にエラそーに口出しできる身分ではないのですが、やっぱり「有力対抗馬」が必要だったんではないでしょうか・・・

Fj311499

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.21

これがヘリ空母の遠景です

呉市にて入港してくるのを見かけました。

Fj311507

(ちょっと判りにくいですが)艦首にある番号は182です。

ということは、この艦はひゅうが型護衛艦「いせ」ですね。

全通型のヘリコプター発着甲板を装備したヘリ空母です。

こうやって遠くから眺めたら、航空機用空母にも見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.16

ウチの3姉妹 アナと雪の女王

連日飛び交うスギ花粉も何のそのと今日も大暴れのウチの3姉妹ですが、その3姉妹の下ふたり、2号とV3を連れて、今日はディズニー映画「アナと雪の女王」を観てまいりました。

先月「永遠の0」を観に行ったとき、上映開始前に流れた予告編がすごくワクワクさせるものであったこと、特にイディナ・メンゼルの歌う劇中歌「Let It Go」が流れるシーンがすごく良かったので、観に行きたいとせがむウチの3姉妹の要望をすぐさま聞き入れた次第です。

ストーリーについて書くのはネタバレになるので、ここでは一切ひかえますが、要は
「こういうストーリーってほっとする」
というのが率直な感想です。

ひとつだけワタシがひっかかったことが。

ワタシはイディナ・メンゼルの歌が聴きたかったので、字幕版を観るハラだったんですが、なんせウチの3姉妹はまだ小学生。
ECCジュニア英会話に通ってはいるものの、ここはひとまず日本語吹き替え版での鑑賞が無難とみせすれじぇんど氏が判断しました。
ちなみに吹き替え版では、劇中歌「Let It Go」は松たか子さんが唄ってます。

シアター出てから2号とV3に感想を尋ねてみました。

「感動するところもあったし、笑えるところもあったので面白かった」

そうです。

何とも・・・言えません(笑)

Fj311497

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.03

電車の網棚その2

昨年12月に網棚の話題を書きましたが、その際にKeihann2601

「網でできた棚を持つ車両が消え去ったとき、「網棚」という言葉も死語となってしまうんでしょう」

なんて書いてて、果たして現役で網の棚がある車両がどれくらいあるか?と、あれ以来、電車に乗るたびに注意深く見てました。

 

けっこう「網の棚」を持つ車両がありました。Keihann2609

今回は、そのうち京阪電車に絞って「網棚」の現状を紹介してみます。

1枚目の画像は前回にも載せた京阪2601号車の網棚。

繊維の網を持つ本格的?な網棚です。

2枚目は同じ2600系の2609号車。Keihann5251

 

こちらは網の棚ではありますが、スチール製の網です。

同じ2600系ですが、2601の車体の出自は昭和36年製の旧2000系2043。
一方の2609の車体も同じ昭和36年製の旧2000系2039です。
改造された年月に2年の間隔があるので、このへんに繊維網とスチール網のビミョーな差が出たとしか考えられません。Keihann7203

3枚目の画像は5扉車5251号車のスチール網棚。

 


混雑時に使用されるドアは閑散時には天井に収容されるため、この部分には網棚はありません(笑)

京阪には、このスチール網の車両がけっこうたくさんあります。

Keihann8081


「網棚」という言葉じりだけなら、京阪電車から「網棚」が消えるのは当分先のことのように思われます。

4枚目は7203号車。
最近の車両はこういう感じのパイプ棚に統一されてます。

5枚目は先ごろ引退したテレビカー8081号車のパイプ棚。
特急用車両は先代の1800系、1810系、1900系から既にパイプ棚でした。

 

最後の6枚目は大津線612号車の棚。

Keihann612


網ではなくパイプの棚です。

京阪では特急用車両の棚は50年前からパイプ棚ということになります。
ところが有料特急の近鉄の特急用車両の一部に、まだ繊維の網の棚が健在であるようです。
これ意外です。
見つけられたら写真に収めてみたいところですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »