« 新幹線N700とN700Aの違い その2 | トップページ | 母が亡くなりました »

2014.04.20

津和野にて

facebookにも記述したように、ワタシ、先ごろ仕事とはいえ初めて津和野に行ってまいりました。

そこで気づいたことをみっつばかり書きたいと思います。

Fj3115291

ひとつめは津和野は島根県であること。
うっかり山口県だと思ってました。
JRの線名が「山口線」だし、近くの有名な観光地で、津和野とセットで訪れる方が多い「萩」が山口県であるからです。

ふたつめはヒトが少なかったこと・・・
4月の平日ということもあって観光客は少ないです。
さらにJR山口線が昨年7月の豪雨災害以来、今も地福~津和野間が運行休止状態になっています。
つまり山陽新幹線新山口駅からの直通列車が無い状態であり、列車での来訪客が制限を受けています。

そしてみっつめは、町なかで出会う小中学生、高校生が、必ずワタシに対して
「こんにちわー」、「おはようございます」
とあいさつしてくれること。
学校や家庭で普段からそうするように指示されているからだとは思いますが、あいさつされてイヤなことはないですし、良からぬ輩にとっては心理的にツラいでしょうね。
こういうふうに欠かさずあいさつを交わされたのは香川県の小豆島以来でした。

Hi363468

1枚目の画像は津和野の中心部殿町通りの夕景。
2枚目の画像は(再出ですが)小豆島にある、世界一幅の狭い海峡としてギネス認定されている土渕海峡です。

|

« 新幹線N700とN700Aの違い その2 | トップページ | 母が亡くなりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/59497609

この記事へのトラックバック一覧です: 津和野にて:

« 新幹線N700とN700Aの違い その2 | トップページ | 母が亡くなりました »