« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の3件の記事

2015.01.17

阪神淡路大震災の日のワタシ

あれから20年経ったのですね。

平成7年当時、ワタシは埼玉県草加市で一人暮らししてました。
なので被災地の惨状を身を持って経験したということはありません。
そのワタシが、20年前のあの日をどう過ごしたかを記述します。
まあ首都圏のいちサラリーマンは、こんなふうだったということで流して読んでください。

あの瞬間、埼玉県草加市近辺が記録した震度は1でした。
なのでワタシはいつも通り、東武伊勢崎線新田駅を8時4分に発車する日比谷線直通中目黒行きに乗るタイミングで、朝7時に起きました。

いつもの通りテレビ(当時は必ず朝はNHKを観てました)をつけると、ヘリコプターから撮影している、煙が何本も立ちのぼっている都市のLIVE画像が映し出されました。
すぐにそれが神戸市上空と表示されました。
その後画面は、市内中心部で燃え広がる火災や、横転して線路の土手から落ちた阪神電車、横倒しになった高速道路、崩落した阪神電車の車庫などが映し出されます。

想像以上の大きな地震が関西を襲ったのが判りました。
なのにワタシ、京都の実家には電話しませんでした。
「多分回線がパンクしてかからないだろう」と勝手に想像していたようでした。
それで考えたことは、昭和天皇崩御の日と同じく、とにかく出社しようということでした。
出かけ間際にNHKのアナウンサーの
「ただいまなかなか発表されなかった神戸市の震度が出ました!震度7と出ました!」
という絶叫状の声が聞こえました。

当時配属されていた東京都中央区日本橋の部署に出社してみると、全員定時で出社していました。
要は首都圏は大きな交通の乱れが無かったということですね。
部長さんから
「みんな!今日は一日中テレビはつけっぱなしで仕事してくれていい。とにかく集められる情報を集めてくれ。それと関西に出張している部員の安否確認をしてくれ」
と訓示がありました。

情報を集めようとはしたものの、ウチの会社は全国全事業所を市外局番をまわさなくても通じる内線電話があるものの、それでさえ名古屋、京都、大阪には通じません。
普通に市外局番をまわしてみても通じません。
会社の1階ロビーに公衆電話が一基ある(今はありません)のですが、これだけは関西方面でも何回かに1回は通じるようで、多くの人が列を作って通話待ちしていました。

ハッキリ記憶にあるのはここまでなんですね。
この日、夕刻まで勤務して定時退社したのか、昼過ぎに業務打ち切りになって早めに退社した(昭和天皇崩御の日がそうでした)のかさえ記憶が定かでない。
ただ、お得意先の多くから、当社(ワタシは食品系メーカー勤務です)の工場は無事なのか、商品の安定供給ができるのかという問い合わせが寄せられ、その返答に苦慮したのは覚えてますから、どうやら夕刻までは会社にいたようです。

帰宅したら実家から電話があって、留守電に無事を知らせるメッセージが入っていました。
こちらからかけてみると、普通にかかりました。
午前中の苦心がウソのようでした。

オヤジからは
・京都市伏見区のワタシの実家は、古い木造家屋ゆえ若干のゆがみが発生。
・同じく京都市伏見区のマンション13階の実弟の部屋では、冷蔵庫の上の電子レンジが落ちた。
・兵庫県西宮市在住のオヤジの友人から「そのときはコタツに半身入って、寝転んでヒジ枕しながらテレビを見ていた。グラっと揺れたその直後、見ていたテレビが自分に向かってピストルのタマのように、床に平行に空中を4メートルほど飛んできた。あんた、信じられるか?」と連絡があった。
というハナシが聞けました。

そのあとはテレビにかじりつきです。
どこのチャンネル(除くNHK教育)にあわせても、現地の惨状が映し出されてます。
ただし(これはハッキリ覚えていますが)放送の内容が、被災地の状況を被災地以外の地域に知らせるようなものばっかりで、被災地の方々が知りたい情報というのは極端に少なかったです。(もっとも被災地は停電が続いていて、テレビは見ようにも見れなかったんですけど)
ウチの会社は関西人が多いですから、職場のテレビで神戸市の惨状を見て涙ぐんでいる人が多かったのが印象的でした。

あれから20年経ったのですね。
あらためて亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.14

梅小路蒸気機関車館ライトアップ

京都市の「梅小路蒸気機関車館」で保存SLがライトアップされるというので見に行ってきました。

Dscn05561_1

今年は1月10、11日の両日だけの開催でした。

この蒸気機関車館は、普段は夕刻閉館なので、夜間にSLを見ること自体がかなわなかったのですが、ライトアップされたらどんなんだろうと期待をこめて行ったのですが・・・

ヒトおおすぎ!(笑)

まあ、せっかくの企画なのにガラーンとしてたら、それはそれで問題だから、これで良かったのですが、とにかく風情というものは感じられませんでした(汗)

それでもシリンダーを照らす青いライト(時間によって赤やら緑に変化します)に映えるSLって、なかなかのものでしょう?

Dscn05561_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.10

ついに流山有料道路も無料化へ

ワタシ、このブログで、今からかなり以前(2007年10月)に

今日から無料の松戸野田有料道路

って記事を書きました。

その記事の中で、松戸野田有料道路より流山有料道路こそ、早く無料化できないもんかと書き、皆様からも賛同のコメントいただいていました。

その流山有料道路ですが、千葉日報によると、どうやら4月から無料化されるようです。

記事を要約すれば
・日本一短いことで知られる「流山有料道路」(全長500m)が4月から無料化。
・周辺地域の開発などで通行量が想定を上回り建設費の償還が早く終了した。
・予定より7年も早い無料化。
・元々は流山IC自体が、地元からの要望で設置されたもの。一般道路への接続道路が必要なため、県が通行料で建設費を賄う形で整備し、1992年に県道路公社が管理する有料道路としてスタート。

ということになっています。

ワタシ、初めてこの流山ICを利用したとき、常磐道の通行料金とともに流山有料道路の通行料もいっしょに徴収いたしますって表記を見ましたが、その流山有料道路ってどこにあるのかと思いました。
そんなの、まさかICへの取り付け道路が有料道路なんて思ってもいませんでしたもん。

まあ、思わぬ誤解を招きそうな有料道路がいよいよ無くなるということで、あの独特の「何か損した気分」を味わうことも無くなりますが、ちょっと寂しい気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »