« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の3件の記事

2016.07.31

土用の丑の日ウナギチラシ価格2016

昨日は土用の丑の日でした。

この記事、いつも今ごろ書いていたんですけど、前回書いたのは2012年でした。
4年間サボッてたことになります。
まことにすみません。

気を取り直して淡々と書きます。

下にあるのが滋賀県草津市のスーパーにおける土用の丑の日用ウナギのチラシ価格です。
価格表記は税別の円です。

               蒲焼(長焼・大)           蒲焼(長焼)
平和堂     1980(鹿児島産)1980(静岡産)
【2012年価格】1695(鹿児島産)1695(静岡産) 

阪急オアシス 1880(鹿児島産)              1580(中 鹿児島産)
         1980(宮崎他産・店内焼き上げ)
【2012年価格】1695(鹿児島産)              1409(中 鹿児島産)
          1885(愛知他産・店内焼き上げ)

バロー     2180(特大 愛知三河一色産)1980(大 愛知三河一色産)
         1280(特大 中国産)         
【2012年価格】1885(大 愛知三河一色産)
          
1504(特大 中国産)1314(中国産)

コープしが  1980(宮崎産)                 1280(中 鹿児島他産)

2012年と比べると、バローの特大中国産以外はすべて値上がりしてます。
今年は昨年・一昨年に比べると稚魚(シラス)の捕獲量が回復していると聞いていたのですが、本年度の土用の丑には反映できないんでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.18

京都祇園祭山鉾巡行は新町通りで観るに限る!

久々に京都祇園祭山鉾巡行を観てきました。

Dscn10481

山鉾巡行は毎年、曜日に関係なく7月17日(2年前からは7月24日の後祭の巡行が復活)に行われますので、その17日が平日なら、定時に仕事のある方や中高生は観ることができません。
なので前夜の宵山に比べれば人出が少なく、比較的ゆっくり見物できたものでした。
ワタシも大学生の4年間は毎年観てましたが、社会人になってからはご無沙汰でした。

その学生時代にワタシが見物していたのは、四条通りでもなく御池通りの有料観覧席でもなく、必ず「新町通り」でした。
山鉾巡行は新町御池で解散になりますので、各山鉾はここで辻回しをして、新町通りを下がって各町内に帰ります。
この新町通りは、昔のままで拡幅されておらず、クルマがどうにかすれ違える程度の道幅しかありません。
(四条通り、河原町通りは市電敷設のため。御池通りは戦時の建物疎開のため拡幅されました)
なので、あの大きな鉾が、狭い道幅いっぱいにやってきます。
ものすごく迫力があります。
「ギシッ!ギシッ!」と身もだえる車輪の音がすぐ横から聞こえます。
御池通りの観覧席から遠巻きに見る鉾と同じとは思えません。

その新町通りで久々に見物させてもらったのですが、以前に比べたらヒトが増えてましたね。
以前は観光客が四条通りとか御池通りで観るかわりに、この新町通りは地元の京都人が観るところって感じで、なんとなくすみわけができていて、山も鉾もリラックスしてた感じでした。
今は観光客にも「見物の穴場」として紹介されてるのでしょうか。
それでも外国人、特に中国人は少なかったです。
時間の問題かもしれませんが(笑)

画像は昨日新町通り六角下ルで撮った「鶏鉾」。
こんな道幅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.10

参院選の開票速報を見ながら思うこと

うまく言えないが・・・

要は、この前のイギリスのEU離脱か否かの国民投票を見たとき「うらやましい」と思ったんです。
イギリスでの国民投票に行きつくまでの要件や過程については詳しくありませんが、結果的にああいう重要な判断についての国民投票が実現していました。

ところが日本では、現状では改憲についての国民投票などできそうにない。

ワタシは、改憲についての国民投票をしてみたいんですよ。
でも今はできそうにない。

国民投票も、ある意味国民の権利でしょう?
結果がどうあれ、一度はその権利を行使してみたい。
なのに野党の中のほんの一部の勢力が、9条改定→他国へ宣戦可能→改憲絶対阻止というロジを声高々に主張するせいで、改憲派が国会の議席数の3分の2を確保することができず、国民が国民投票をする権利を行使できる機会が来そうにない。
これ、権利の侵害ではないかと思いたくなります。

与党が改憲を考えているのは、9条ではなく96条だと思います。
(96条の詳細はwikiか何かで見てください)

日本が他国への侵略戦争を二度と起こさないという基本精神は今後も変わらないと思います。
(そもそも現状の自衛隊戦力は、侵略戦争を起こすには足りません。お金もないし)
だから将来、9条を日本が侵略戦争を起こせるような条文に変える案が出ても、まず国民投票の過半数は取れない。
9条改憲反対派は、国民投票の際に、なぜ9条を変えてはいけないのかをとうとうと訴えればいい。それがまっとうな主張なら9条は変わることはない。

なのに何が何でも改憲絶対阻止って、ひょっとしてその野党の中のほんの一部の勢力って、国民投票になれば負けると今から思ってるんでしょう?

ラストに・・・民進党はそろそろ分割したほうがいいんじゃないでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »