« 坂本龍馬遭難の地「近江屋」跡の現状 | トップページ | 京都祇園祭山鉾巡行は新町通りで観るに限る! »

2016.07.10

参院選の開票速報を見ながら思うこと

うまく言えないが・・・

要は、この前のイギリスのEU離脱か否かの国民投票を見たとき「うらやましい」と思ったんです。
イギリスでの国民投票に行きつくまでの要件や過程については詳しくありませんが、結果的にああいう重要な判断についての国民投票が実現していました。

ところが日本では、現状では改憲についての国民投票などできそうにない。

ワタシは、改憲についての国民投票をしてみたいんですよ。
でも今はできそうにない。

国民投票も、ある意味国民の権利でしょう?
結果がどうあれ、一度はその権利を行使してみたい。
なのに野党の中のほんの一部の勢力が、9条改定→他国へ宣戦可能→改憲絶対阻止というロジを声高々に主張するせいで、改憲派が国会の議席数の3分の2を確保することができず、国民が国民投票をする権利を行使できる機会が来そうにない。
これ、権利の侵害ではないかと思いたくなります。

与党が改憲を考えているのは、9条ではなく96条だと思います。
(96条の詳細はwikiか何かで見てください)

日本が他国への侵略戦争を二度と起こさないという基本精神は今後も変わらないと思います。
(そもそも現状の自衛隊戦力は、侵略戦争を起こすには足りません。お金もないし)
だから将来、9条を日本が侵略戦争を起こせるような条文に変える案が出ても、まず国民投票の過半数は取れない。
9条改憲反対派は、国民投票の際に、なぜ9条を変えてはいけないのかをとうとうと訴えればいい。それがまっとうな主張なら9条は変わることはない。

なのに何が何でも改憲絶対阻止って、ひょっとしてその野党の中のほんの一部の勢力って、国民投票になれば負けると今から思ってるんでしょう?

ラストに・・・民進党はそろそろ分割したほうがいいんじゃないでしょうか・・・

|

« 坂本龍馬遭難の地「近江屋」跡の現状 | トップページ | 京都祇園祭山鉾巡行は新町通りで観るに限る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/63898004

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選の開票速報を見ながら思うこと:

« 坂本龍馬遭難の地「近江屋」跡の現状 | トップページ | 京都祇園祭山鉾巡行は新町通りで観るに限る! »