« 痴漢の疑いをかけられたらどうすべきか? | トップページ | JFL第13節 武蔵野シティFC対MIOびわこ滋賀を観てきた »

2017.05.29

レイデオロとヤマトダマシイ

「レイデオロ」がダービーを制しました。

藤沢和雄調教師は驚いたことにこれがダービー初制覇でした。
実に12度も調教師リーディングに輝いている名調教師なのに、この方は意外にも3歳クラシックにはあまり縁が無かったんですね。
でも93年にデビューした藤沢師の管理馬「ヤマトダマシイ」がダービーに出ていたら、ダービー初制覇まで、こんな2017年まで待たなくてよかったんじゃないかと思います。

「ヤマトダマシイ」は強かったです。
父パーソロン、母の父キタノカチドキという良血もさることながら、デビュー戦の勝ち方がすごかった。
出遅れから最後の直線で後方一気のブチ抜き勝ちでした。
正直デビュー前から注目していたということは無かったんですが、その勝ち方と、レース後の解説者やアナウンサーのコメントを聞く限り、「今年のダービーはこいつが勝つ」と確信しましたもん。

デビューが93年1月の新馬戦だったので皐月賞のトライアルレースには間に合わず、第2戦は3月末の中山での500万下でした。
ここでいつも連勝式の馬券を購入していたワタシ、初めて単勝式を購入しました。
ええ、「ヤマトダマシイ」に5000円です。
オッズには興味がありません。
勝って当然。
2着馬をどれだけ離すのか、それだけに興味がありました。

結果は・・・
当時競馬に興味をもっておられた方ならご存知のとおり、「ヤマトダマシイ」は4コーナー手前で骨折し外ラチ方向に逸走して競走中止。
そのまま予後不良となりました。

ちなみにこの年のダービー馬は「ウイニングチケット」です。

「ヤマトダマシイ」が健在であったなら、たぶん、おそらく、いやかなりダービーの勝ち負けをしていたと思います。

藤沢師がダービーを制したのを観て、「ヤマトダマシイ」のことを思い出された方が少なからずおられると思います。
ワタシもあれ以来封印していた単勝式馬券を、再び検討してもいいかな・・・と思いました。

|

« 痴漢の疑いをかけられたらどうすべきか? | トップページ | JFL第13節 武蔵野シティFC対MIOびわこ滋賀を観てきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/65424339

この記事へのトラックバック一覧です: レイデオロとヤマトダマシイ:

« 痴漢の疑いをかけられたらどうすべきか? | トップページ | JFL第13節 武蔵野シティFC対MIOびわこ滋賀を観てきた »