« JFL2nd第9節 栃木ウーヴァFC対MIOびわこ滋賀を観てきた | トップページ | 柏市に帰ってまいりました »

2017.09.29

気分が悪けりゃ電車を降りろ!

この画像は東京地下鉄に掲示されているポスターです。

Dscn08961

同様の呼びかけはJR西日本でもありますし、ポスターだけではなく車掌さんによる車内放送もあります。

よくぞこういうポスターを作ってくれました!

これ、利用者からみれば切実な問題なのです!

本当に「気分が悪くなったお客は無理せず降りて休んでほしい」のです。

気分が悪くなったお客が電車内の床にへたりこんでしまいますわね。
まわりのお客さんが介抱(こういうところは日本人はまだまだ捨てたものじゃない)し、車内の非常ボタン、あるいは乗務員へのインターホンを押します。
すると今の電車では車内に警報音が鳴り、とりあえず電車は緊急停止します。
乗務員が状況を把握したのちに、次の停車駅に救護要請を行ってから電車は運転を再開します。
次の駅に止まると、待機していた駅係員が当該のお客を介抱し、車イスに乗せます。
それを確認してから電車は通常運行に戻ります。

これだけの手順が済むのに何分かかるかわかります?(笑)

自分の経験則では、気分が悪くなるお客の9割がたは20~30代の女性です。
会社や学校に遅れてはいけない、今朝は大事な用事があるので遅れてはいけない・・・というのはわかるのですが、あなたひとりのせいで、その電車および後続の電車に乗っている数千人のお客まで遅刻してしまうことになるのですから、どうか自重してもらいたい。

ちなみに自分が乗っている車両で、さらにほんの至近距離で、実際に急病人にでくわした例は3回しかありませんが、うち1回は脳内出血のお客さんでした。
車掌さんと乗り合わせていた医療関係者のお客さんが「動かすのは危険」と判断したため、次の駅まで徐行運転し、そこから救急隊員が乗り込んできて搬送されていきました。
20分近くロスしましたね。むしろ20分で救急車が来たことのほうが驚きでした。

|

« JFL2nd第9節 栃木ウーヴァFC対MIOびわこ滋賀を観てきた | トップページ | 柏市に帰ってまいりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/65850584

この記事へのトラックバック一覧です: 気分が悪けりゃ電車を降りろ!:

« JFL2nd第9節 栃木ウーヴァFC対MIOびわこ滋賀を観てきた | トップページ | 柏市に帰ってまいりました »