« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の1件の記事

2018.07.31

私が好きな京都ラーメン

最近あまり書かなくなったグルメ的話題です。
というか、このブログ記事の更新自体が頻度落ちてますが・・・(笑)

私が京都に行ったとき、食するラーメンはだいたい決まっています。
今回はそのうち3つを書いてみたいと思います。

Stpp6009



ひとつめは「第一旭
リンクさせていただいたサイトにもあるとおり、一口に「第一旭」といっても、「たかばし」って付いてたり、「本家」って付いてたりけっこう多くの店舗があります。
有名なのは京都駅から歩いて5分ほどのところにある、新福菜館と並んでいる店舗。
そもそも京都のラーメンは、「天下一品」でもっともポピュラーな「こってり系」ではありません。
この「第一旭」に代表される「鶏ガラ主体の醤油系」が本筋だと思っています。
「第一旭」は「新福菜館」と並んで、その京都ラーメンの本流と言えるのではないでしょうか?
画像は、その京都駅近くの店舗ではなく、亜流と言われた「第一旭六角店」のものです。

ふたつめは「珍遊

Img_0063



いわゆる一条寺系の本格派です。
この「珍遊」は、本店と同じ正式な系列店が六角通り河原町西入ルや、我が地元大手筋等にあって、一条寺まで行かなくても食することができるのが利点。
ここも「第一旭」と同じく、あっさり鶏ガラ系のスープが特徴で、決してこってりではありません。

みっつめは「ラーメン藤

地下鉄烏丸線十条駅近くに本店があるのですが、京都よりも滋賀県内に多くの店舗があります。
ここは京都では珍しいかもしれない、鶏ガラを主体としていない深い醤油ラーメンです。

Img_2410


古くから大手筋に店舗があったので、「第一旭」も「珍遊」も「天天有」も大手筋近辺に無かったころは本当によく言ってました。

今回言いたかったこと?
京都のラーメンは決してこってりスープ主流ではないということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »