« 2018年夏の震災遺構その3 南三陸町防災対策庁舎 | トップページ | 今回の台風21号で思ったこと »

2018.08.26

2018年夏の震災遺構 その4「気仙沼向洋高校」

この夏訪れた震災遺構を紹介するその4は「気仙沼向洋高校」です。

不謹慎ではありますが、ここを選んだ理由というのが、当時の津波によるがれきが今もそのまま残されているという情報を得たからなのです。

3


実際に行ってみました。
1枚目の画像のように、本当に津波で流されてきたのであろうメチャクチャに壊れたクルマが数台、がれきと共に校舎の間に挟まった状態で残されていました。
思わず息を飲みました。
というのも、これまたたいへん不謹慎な表現で申し訳ないのですが、それまでに訪れた三か所の震災遺構は、周囲が整地されたうえに、がれきが撤去されているので、あの震災直後の惨状と目の前の遺構が「信じられない」くらいリンクしなかったのです。
一方、こちらの高校は、このクルマ以外にも、校舎や建物が破壊された状態のまま、がれきともども残されていたので、津波の恐ろしい破壊力をまざまざと見せつけられて衝撃を覚えたのです。

2


この2018年8月の段階においては、私はこの残存している校舎やがれき、クルマに近寄って見ることはできませんでした。
というのもこの校舎は震災遺構としての保存が決まり、2019年3月からの公開を目指して整備工事が行われているからなのです。

ここから離れるとき、妻であるみせすれじぇんど氏と
「そもそもこの高校って、なぜ駅や市街地から遠く離れた、通学には不便なところに建てられたのだろう?」
「本当だ!周囲には飲食店・文房具店はおろか人家ひとつ無さそうだし・・・」
なんて話していたのですが、実際は「あの日」までは周囲に人家も商店もあったのに、津波に根こそぎさらわれたのでは?という思いに到達したとき、本当におそろしい、やるせない気持ちになりました。

今回は被災者の方々からみて不謹慎な言葉が多くあったと思います。
申し訳ありません。

1



今回は足を延ばそうと思えば、石巻の大川小学校跡にも行けたのですが、犠牲になった児童がかわいそうでかわいそうで・・・高ぶるものが大きすぎて行けませんでした。
いつか真正面から児童の冥福を祈る心構えができたときに必ず訪れてみたいと思います。

|

« 2018年夏の震災遺構その3 南三陸町防災対策庁舎 | トップページ | 今回の台風21号で思ったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/67099280

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年夏の震災遺構 その4「気仙沼向洋高校」:

« 2018年夏の震災遺構その3 南三陸町防災対策庁舎 | トップページ | 今回の台風21号で思ったこと »