« 2018年夏の震災遺構 その4「気仙沼向洋高校」 | トップページ | もうすぐ引退する電車その8 »

2018.09.12

今回の台風21号で思ったこと

今回の台風21号、京都伏見にある実家の屋根瓦が数枚飛んでしまいました。

ウチの実家って、今回の台風21号と似通ったコースを通った第二室戸台風でも、戦前の室戸台風でも屋根瓦が飛ぶことは無かったんです。
今回は飛んでしまいました。
周囲の家並みが変わってしまって、風の流路が以前とは異なっていたのかもしれませんが、それでも「今まで数十年も無事だったから今回も無事だろう」という考え方が通用しなくなったことを痛感しました。

で、今回言いたかったこと。
それは主に大阪市で見られた「トラック横転」です。
スマホで撮られたと思われる、トラックが横転する画像がテレビのニュースやワイドショーをにぎやかしました。
たいへんな画像でした。すさまじい強風が襲ったとわかりました。
と同時に、横転したトラックの数千倍にのぼる台数のトラックが無事だったこともわかりました。
そのほうが、その事実のほうが大切だと思います。
横転したトラックはお気の毒でしたが、そもそも横転すること自体が最初から避けられたのでないか?ということを考え直していただきたく思います。

|

« 2018年夏の震災遺構 その4「気仙沼向洋高校」 | トップページ | もうすぐ引退する電車その8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/67159037

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の台風21号で思ったこと:

« 2018年夏の震災遺構 その4「気仙沼向洋高校」 | トップページ | もうすぐ引退する電車その8 »