« あさむーと銀ちゃんのを撮り忘れた | トップページ

2018.12.21

がんばれ!柏の葉かけだし横丁!

ワタシ、6月末に「柏の葉かけだし横丁」の運営元さんに奮起をうながす記事を書きました。

Dscn1670_2

あのあと、8月から9月にかけてOPENが相次ぎ、20ある店区画のうち半数が埋まり、横丁らしき体裁が整ってきました。
お客さんの入りも見た感じではまずまずというところ(実際のところはテーブルが共用なので、どのお店がいちばんお客が多いか?またどのお店が流行っていないのかが判りにくいんですけどね)です。
いやあ、とてもいいことです。
居酒屋に入るまでもないという「ちょい吞み」のお客さんの潜在的需要が、ここ柏の葉キャンパスにも少なからずあったということですね。

Img_2864



残っている空き区画にも引き続き募集がかけられていて、来年3月あたりにはすべての区画が埋まる予定らしいです。
また、前回のワタシの指摘が効いたのか(そんなワケ絶対にないが)、空き区画の真ん前に募集告知ポスターが貼られていて、誰でも簡単に見ることができます。

ただ・・・ひとつだけ気がかりなことが・・・

この時期になって、共用テーブルでの飲食に寒さが身に染みるようになったんです。

博多の屋台の画像なんか見ればすぐに判るように、冬季の屋台は透明のビニールシートが店を覆って、防寒面での工夫がなされています。
ところが柏の葉かけだし横丁の共用テーブルは吹きさらし・・・
もちろん各店舗の中に入れば暖房が効いているのですが、ほとんどのお店が3坪強しかなく、カウンターに収容できる客数はわずかで、そのための共用テーブルということになっています。
その共用テーブルが寒くてかなわん。

Img_2863



せっかくお客さんが付いてきているのに、何とかならないものだろうか・・・

|

« あさむーと銀ちゃんのを撮り忘れた | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87227/67563497

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ!柏の葉かけだし横丁!:

« あさむーと銀ちゃんのを撮り忘れた | トップページ