カテゴリー「ニュース」の39件の記事

2018.09.12

今回の台風21号で思ったこと

今回の台風21号、京都伏見にある実家の屋根瓦が数枚飛んでしまいました。

ウチの実家って、今回の台風21号と似通ったコースを通った第二室戸台風でも、戦前の室戸台風でも屋根瓦が飛ぶことは無かったんです。
今回は飛んでしまいました。
周囲の家並みが変わってしまって、風の流路が以前とは異なっていたのかもしれませんが、それでも「今まで数十年も無事だったから今回も無事だろう」という考え方が通用しなくなったことを痛感しました。

で、今回言いたかったこと。
それは主に大阪市で見られた「トラック横転」です。
スマホで撮られたと思われる、トラックが横転する画像がテレビのニュースやワイドショーをにぎやかしました。
たいへんな画像でした。すさまじい強風が襲ったとわかりました。
と同時に、横転したトラックの数千倍にのぼる台数のトラックが無事だったこともわかりました。
そのほうが、その事実のほうが大切だと思います。
横転したトラックはお気の毒でしたが、そもそも横転すること自体が最初から避けられたのでないか?ということを考え直していただきたく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.26

2018年夏の震災遺構 その4「気仙沼向洋高校」

この夏訪れた震災遺構を紹介するその4は「気仙沼向洋高校」です。

不謹慎ではありますが、ここを選んだ理由というのが、当時の津波によるがれきが今もそのまま残されているという情報を得たからなのです。

3


実際に行ってみました。
1枚目の画像のように、本当に津波で流されてきたのであろうメチャクチャに壊れたクルマが数台、がれきと共に校舎の間に挟まった状態で残されていました。
思わず息を飲みました。
というのも、これまたたいへん不謹慎な表現で申し訳ないのですが、それまでに訪れた三か所の震災遺構は、周囲が整地されたうえに、がれきが撤去されているので、あの震災直後の惨状と目の前の遺構が「信じられない」くらいリンクしなかったのです。
一方、こちらの高校は、このクルマ以外にも、校舎や建物が破壊された状態のまま、がれきともども残されていたので、津波の恐ろしい破壊力をまざまざと見せつけられて衝撃を覚えたのです。

2


この2018年8月の段階においては、私はこの残存している校舎やがれき、クルマに近寄って見ることはできませんでした。
というのもこの校舎は震災遺構としての保存が決まり、2019年3月からの公開を目指して整備工事が行われているからなのです。

ここから離れるとき、妻であるみせすれじぇんど氏と
「そもそもこの高校って、なぜ駅や市街地から遠く離れた、通学には不便なところに建てられたのだろう?」
「本当だ!周囲には飲食店・文房具店はおろか人家ひとつ無さそうだし・・・」
なんて話していたのですが、実際は「あの日」までは周囲に人家も商店もあったのに、津波に根こそぎさらわれたのでは?という思いに到達したとき、本当におそろしい、やるせない気持ちになりました。

今回は被災者の方々からみて不謹慎な言葉が多くあったと思います。
申し訳ありません。

1



今回は足を延ばそうと思えば、石巻の大川小学校跡にも行けたのですが、犠牲になった児童がかわいそうでかわいそうで・・・高ぶるものが大きすぎて行けませんでした。
いつか真正面から児童の冥福を祈る心構えができたときに必ず訪れてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.25

2018年夏の震災遺構その3 南三陸町防災対策庁舎

この夏訪れた震災遺構、その3は「南三陸町防災対策庁舎」です。

1_3


この遺構は震災直後から様々な媒体により当日の状況および惨状が詳しく伝えられており、私自身も今回必ず訪れたい遺構として認識していました。
実際に来てみたところ、1枚目の画像のように遺構の周囲は土地のかさ上げと整地工事が進められており、この2018年8月の段階では遺構の近くに立ち入ることはできません。



遺構から少々離れた、同じ高さの土地に献花台が設けられていました。
お線香をあげさせていただきました。

3


遺構を見下ろせる高さの土地に「南三陸さんさん商店街」があり、お盆休み明けの平日午前にもかかわらずそこそこの数のお客が訪れています。
その一方で同じ南三陸の復興商店街である「ハマーレ歌津」は、面していた国道が整地工事のため一時的に付け替えされたため、クルマで訪問するお客からは、つい見落としてしまう立地になってしまい集客難に陥ったそうです。

2


それでこの遺構「防災対策庁舎」を見た感想なんですが・・・
やはり「信じられない」なんです。
その理由というのが
1、遺構の周囲の土地がかさ上げされて取り巻く様相が変わったこと
2、まとわりついていたがれきが撤去され、鉄骨の赤茶色い塗色が鮮明に浮き出て、何か新設された建物のように見えること
の2点につきます。

この遺構は恒久的保存が決定したようですから、整備された折には再び近くまで立ち入ることができるようになるでしょう。
その折に再訪したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.24

2018年夏の震災遺構その2 旧女川交番

この夏訪れた東日本大震災の震災遺構。

その2は「旧女川交番」です。

1_2



あの日、女川町には高さ15メートルほどの津波が襲い、鉄筋コンクリート2階建ての女川交番は、この通り基礎部分が引きちぎられるように横倒しとなりました。

今回はクルマで現地に赴いたのですが、ネットで公開されている旧女川交番の所在地をカーナビにセットしてもうまくたどり着けません。
津波による破壊と、その後の復興事業による道路の付け替えで、被害の大きかったところは、もはやカーナビが無用の長物になってしまっています。
この旧女川交番も、なかなかたどりつけなかったあげく、ハマテラスにクルマを停めて地元の方に尋ねようと思ったところへ、そのハマテラスの道路はさんで海側に、コンクリート建造物がゴロンと寝転んでいるのを偶然見つけました。

2


写真で見て想像していた旧女川交番に比べると、そのコンクリート建造物はより大きいので最初は違うのかな?と思ったのですが、案内看板があったのでようやく確信しました。

建物の周囲は草地となり、さらに外郭部を整地された道路や土地が取り囲んでいるので、被災前の交番周囲の市街地の状況、およびネットで見た被災直後の交番の状況が想像できません。
ここも旧野蒜駅と同様「信じられない」というのが率直な感想です。

2018年8月現在、この旧女川交番の建物には近づくことができません。
周囲はすべて整地中で、建物の周囲にはこれらの画像を撮った、かさ上げされた新設道路以外には道はありません。

3_2


この旧女川交番は正式に震災遺構として横倒しのまま保存され、それを取り囲むようにメモリアルパークが2020年7月完成予定で設置されることになっています。
このような画像も歴史的経緯になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.23

2018年夏の震災遺構その1 旧野蒜駅

この夏、東日本大震災以来はじめて東北を訪れました。
「震災遺構」を、私自身の眼で見ると同時に、ウチの3姉妹つまり私の娘たちにも見せておきたかったのです。
私は阪神淡路大震災のときには埼玉県草加市在住で、東日本大震災のときには滋賀県草津市在住、つまりこのふたつの大震災には遭遇しませんでした。
なので東日本大震災の「震災遺構」が残っているうちに、それらを見てまわり、自分の自然災害に対する心構えへの戒めとすると同時に、あらためて被災された方々に深く哀悼の意を表したいと思ったのです。

4


今夏は4か所の「震災遺構」を訪れました。
今回の記事は2018年8月の状況を歴史的経緯として残すものであって、今後は震災遺構として恒久的保存や整備されるにしたがい、大きく状況が変わることが予想されます。

あくまで「2018年8月の状況」として捉えていただきたいと思います。

その1は「仙石線旧野蒜駅」です。

3



仙石線野蒜駅は東日本大震災の津波により大被害を受けました。
1996年に奥松島観光情報センターを併設したうえで新築された駅舎は、3枚目の画像のこいのぼりの上部に引かれているラインまで浸水。
仙石線は復旧に際して、線路が約500メートルほど内陸部に移設され、野蒜駅もその移設された線路上に移転することになり、2015年5月に復活営業再開されました。
残された旧駅舎は野蒜地域交流センターとファミリーマート東松島野蒜駅店となり、さらに2016年に「震災復興伝承館」となりました。
今回訪れたのは、この震災復興伝承館と、保存された旧野蒜駅プラットホームです。

1



1枚目の画像は、その旧プラットホーム。
がれきが完全に撤去されたので、架線こそないものの今にも列車がやってきそうな様相です。
ただ2枚目の画像のように、ホーム上に遺された駅名板は津波の影響で曲がっており、さらに下り線の線路の一部が、どういう理屈のせいか山側にむかって大きく湾曲しています。
4枚目の画像は駅舎2階の震災復興伝承館のエントランスに飾られている、自動券売機等の駅備品。
特に券売機の破壊加減が相当なものです。

Img_2453



駅周辺はがれきがすべて撤去され、整地が進み、(震災復興伝承館に飾られている写真にある)震災直後の惨状の面影はありません。
様々な意味で「信じられない」というのが率直な感想です。

なお震災復興伝承館の女性職員さんには、震災時の詳細な状況説明をしていただきました。
本当にありがとうございました。
東松島町の一日も早い完全復興を祈っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.10

参院選の開票速報を見ながら思うこと

うまく言えないが・・・

要は、この前のイギリスのEU離脱か否かの国民投票を見たとき「うらやましい」と思ったんです。
イギリスでの国民投票に行きつくまでの要件や過程については詳しくありませんが、結果的にああいう重要な判断についての国民投票が実現していました。

ところが日本では、現状では改憲についての国民投票などできそうにない。

ワタシは、改憲についての国民投票をしてみたいんですよ。
でも今はできそうにない。

国民投票も、ある意味国民の権利でしょう?
結果がどうあれ、一度はその権利を行使してみたい。
なのに野党の中のほんの一部の勢力が、9条改定→他国へ宣戦可能→改憲絶対阻止というロジを声高々に主張するせいで、改憲派が国会の議席数の3分の2を確保することができず、国民が国民投票をする権利を行使できる機会が来そうにない。
これ、権利の侵害ではないかと思いたくなります。

与党が改憲を考えているのは、9条ではなく96条だと思います。
(96条の詳細はwikiか何かで見てください)

日本が他国への侵略戦争を二度と起こさないという基本精神は今後も変わらないと思います。
(そもそも現状の自衛隊戦力は、侵略戦争を起こすには足りません。お金もないし)
だから将来、9条を日本が侵略戦争を起こせるような条文に変える案が出ても、まず国民投票の過半数は取れない。
9条改憲反対派は、国民投票の際に、なぜ9条を変えてはいけないのかをとうとうと訴えればいい。それがまっとうな主張なら9条は変わることはない。

なのに何が何でも改憲絶対阻止って、ひょっとしてその野党の中のほんの一部の勢力って、国民投票になれば負けると今から思ってるんでしょう?

ラストに・・・民進党はそろそろ分割したほうがいいんじゃないでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.11

風化を防ぐためにも書きます。5年前の今日のできごと

タイトルの通りです。
自己満足だと言われようと、書き残しておきます。

というか、5年前の今日、下のような記事を書いていました。

地震発生時は大阪市内の勤務先オフィスにいました。

 

ちょうどお得意先とケータイで通話していたときでした。

 

オフィスは10階建てビルの6階にあるのですが、そのとき、船に乗っているかのごとくゆらりゆらりと、広いサイクルで輪を描くように揺れ始めました。
1分経っても揺れが収まらない。
通話中のお得意先(大阪ではありません)に、こちらが地震で揺れがいっこうに収まらない、そちらはどうですか?という内容のハナシをして通話を打ち切りました。

 

あとはテレビにかじりつきですね。

 

大きく長い時間揺れた以外は、いつもの週末の光景でした。

それと、その2日後には、さらに下のような記事を書いてました。

以下のようなメールが来たら、ちょっと冷静になって転送するのを待ってください。

 

関西電力で働いている友達からのお願いなのですが、本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、中部電力や関西電力からも送電を行うらしいです。
一人が少しの節電をするだけで、関東の方の携帯が充電を出来て情報を得たり、病院にいる方が医療機器を使えるようになり救われます!
こんなことくらいしか、私たちには、祈る以外の行動として出来ないです!
このメールをできるだけ多くの方に送信をお願い致します!
協力お願いします[m(_ _)m][m(_ _)m][m(_ _)m]・
・返信不要です・

 

よく読めば判るのですが、このメール、精神としては立派ですが、内容については虚偽と言いきってしまっていいほどの不確かな情報です。

 

安易に転送しないでください。

 

そうでなくても被災地を中心に、電話がつながりにくくなっている状況が継続中で、メールの送受信でさえ不安定なのに、不確かな情報を数多く送信しては、かえってサーバーに不要な負荷を与え、いらぬ電力を使うことになります。

 

冷静に冷静に行動してください。

 

正確な情報としては
・東京電力管内では節電は大いに役立ちます。
・中部電力、関西電力管内では、東北、関東に送電できる電気容量に限界があるため、節電してもそう効果はありません。節電の心がけ自体は正しいのですが。

 

5年経って読み返してみたら、ちょっと「?」なところもあるのですが、あえて訂正加筆せずに載せておきます。
皆様もあの日々を思い出してください。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
あわせて、今なお避難生活を余儀なくされてる方々の状況が少しでも好転することもお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.15

広島市の旅館「世羅別館」の食中毒への大いなる疑問

この記事は、11月21日以降の報道等により「大いなる疑問」が解消されたため、予告通りに寄せられたコメントともども抹消削除させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.24

2015年 第28回JR西日本株主総会の報告

今日(2015年6月23日)、JR西日本株主総会に、ひさびさに出かけてきました。

実は今から10年前の2005年6月23日に、ワタシJR西日本の株主総会に出ました。
(はい、ワタシ当時も今もJR西日本の株主です)
その2005年の株主総会というのは、あの福知山線の大惨事の直後でした。
どういう株主総会になるのかたいへん気になったので出た次第です。
あれから10年・・・奇しくも同じ6月23日!
どんなやりとりがあったのでしょうか?
見たまま聞いたままレポします。

開始は午前10時。
議長である真鍋精志社長の呼びかけにより、株主全員と役員が黙祷をささげたあと、総会本題に入りました。
その後営業報告が始まり、事前に株主から寄せられた質問に来島副社長が回答してから、株主からの動議、質問を受け付けることになりました。
(このあたりの流れは10年前とまったく同じです)
ただ10年前に多くあった「緊急動議!!」「発言させろ!!」といった声はあがりませんでした。当然か。

10時28分、一人目の株主から最初の質問。
Q1
・寝台列車を定員の少ないA寝台主流にこだわる理由は?
・新幹線のトイレは今は全部洋式。便座に肌が触れるのをイヤがる人もいるだろうから和式トイレを復活できないか?
A1(堀坂取締役、吉江取締役)
・来季新造する瑞風含めて、寝台列車の価格設定は常に「チャレンジ」的要素がある。
・洋式トイレの要望の声が多いから洋式にした。肌が触れる点についてはトイレ内にあるクリーナーで対処していただきたい。

Q2-1(10時35分)
・北陸新幹線の開業により一部区間(例:京都~糸魚川)で運賃が変わった。なぜか?
A2-1(堀坂)
・北陸新幹線の営業キロによる
Q2-2
・JR西日本管内だけでも新幹線の運賃計算を営業キロではなく実キロでできないか?
A2-2
・新幹線と在来線は並行施設。どちらの線に乗っても同一運賃というのが基本的考え。

Q3(10時42分 質問者はどうやらJR西の社員さん)
・日勤教育について会社上層部から何ら処分者が出ていない。役員はお詫びを!
・契約社員のうち期間5年をまっとうした方は優秀だと思われるが、正社員に登用されず退職している人がいる。こういう優秀な人を救う制度改革ができないか?
A3(来島)
・日勤教育は中身を見直し改革した。今後も効果的な日勤教育を継続する所存。
・契約社員は安全の基幹に影響のない部署にて1年契約、最大5年の更新で勤務してもらっている。勤務態度や業績が優秀な人は正社員に登用している。
(つまり・・・なんか答えになってない)

Q4(10時49分)
・瑞風は株主優待で利用できないか?
・瑞風にはJR九州のななつ星みたいに地方色を出してほしい
A4(二階堂取締役)
・北陸新幹線のグランクラスでも株主優待はしていない現状では、瑞風も困難と思われる。検討はするが。
・地方色のご意見はごもっとも。ご期待に応えるべく鋭意努力したい。

Q5(10時52分)
・JR西日本は人を殺した。一人の社員を過労死に追い込んだ。過労死の賠償金は1億円と聞いたが、この1億円は全額会社が負担したのか?役員は何も負担してないのか?
A5(来島)
・過労死があったのは事実。ここでも謹んでご冥福をお祈りしたい。賠償金の支払いは終了。役員個人が負担するかどうかという点については、法人ではなく個人が対象の訴訟が継続中であるためコメントは差し控えたい。

Q6(10時58分)
・昨年10月の京阪神在来線予告全面運休について、あらためて見解をうかがいたい。
・発表された瑞風の運行ルートはもっと拡大する予定が無いのか。
A6
・(長谷川取締役)予告運休は数多くの情報を取り寄せたうえでよく検討して決めた。あとから考えたら、もっと遅い時間帯まで運行できたとか、台風の影響が軽微な線区は運行できたとか、もっと柔軟性があってもよかった。今後の検討課題としたい。
(真鍋社長)周知に問題があったと思う。運休当日は休日であったが、これが学校のある日なら、やり方が大きく変わる。
・(堀坂)瑞風の運行ルートは、まず、すでに発表した山陽山陰の2ルートを手始めに周知していきたいと考えている。
(ちなみに質問者は予告運休を英断と高く評価されてました)

Q7(11時7分)
・私は福知山線事故で娘を亡くした。去年の総会で挙手を続けたけど当ててもらえなかった。JR西日本はまだ「聴く耳を持たない」体質のままと思う。改めてほしい。
・賠償金は不十分。子供のための奨学金など考慮してほしい。被害者の住所で待遇に格差があると思う。なぜ?
(この株主さんの質問は長時間になったため、司会者から「質問の要点を話してください」と声が飛んだが、質問者が「さっきから要点だけ話しています」と応酬。場内若干笑い)
・事故のあった日、追悼行事をやっている同日同時刻に、JR西日本の別の職場で職場表彰をやるような企業体質をあらためてほしい。
・事故現場となったマンションの保存方法について、JRの案では事故の風化につながるのではないかと危惧している。
(ここで再び司会者が「質問は簡潔に」と注意を促したが、質問者は「2年分話しています」と笑いながら応酬)
A7(来島)
・まず大事故を起こしたことをあらためてお詫び申し上げるとともに、亡くなられた方々に哀悼の意をあらわす。会社としては被害に遭われた方々の個別な要件にできるだけ即して誠意をもって対応していると考えている。現場のマンション保存方法については質問者のおっしゃった通り、事故の風化を防ぐことを第一に考えている。その観点は同じ。まだまだ至らぬ点があるやと思うが、これからもご意見ご指導賜りたい。

Q8(11時22分)
・10年ほど前に倉敷駅のトイレを使用した際、悪臭にまいった。今でもあのままなのか?女性用トイレの整備に気を使ってほしい。
A8(堀坂取締役)
・倉敷駅トイレは現在改良工事中。トイレは今後全体的に順次改装する。

Q9(11時24分)
・バリアフリーについて、まだ不十分な点(例:大阪駅の案内サイン)がある。駅の改修工事が始まる前に障害者が意見を言える場が欲しい。
・今回の2号議案の新任取締役のうち、千代さんは天下りでは?また筒井さんはJR西の大株主である日本生命の社長。この人選はおかしいのでは?
A9(矢吹副社長、来島)
・基本的に「使いやすい駅」を目指して順次改良中。
・新任取締役はいずれの方も個人の力量で選んでいる。出身母体は関係ない。

Q10(11時36分)
・ICOCAで乗車する場合、プレミアム(例:1割引き)が付けられないか?紙の回数券が減れば紙の節約にもなる。
A10(堀坂)
・ICOCAは「普及」が第一。普及のためのひとつのご意見として参考にしたい。

Q11(11時40分)
・北陸新幹線の収支見通しは?どうも乗車率が良くないようだが?
・駅の売店がセブンイレブンに変わってしまって、その地方の特色ある食材や弁当が買えなくなってしまった。見解は?
A11(堀坂)
・現在のところ北陸新幹線の利用状況は開業前の想定以上。ただ平日はまだ伸びる余地があると思うので対策を考えていきたい。
・その地方の名産品を駅構内で売りたいというのは基本政策。ただセブンイレブンは日本最大の流通企業であって、そこと協調することにより流通業の柱として、会社の主要戦略と考えている。セブンイレブン店舗以外の売店には必ず名産品があるので探してほしい。

Q12(11時46分)
・北陸の企業の目が東京に向いてしまわないように、特急「サンダーバード」の最高速度を160キロにして乗車時間を短くできないか?
・特急「くろしお」にグランクラスを取り入れてほしい。
A12(長谷川取締役、吉江)
・サンダーバードの運行最高速度引き上げは検討したことはあるが、諸条件をクリアできないので困難と判定した。
・くろしおの車内設備は沿線の利用実態にあわせて考える。

Q13(11時53分)
・PITAPAには回数券機能がついている。ICOCAにも採用できないか?せめて子供のためにグーパスだけでも取り入れられないか?
A13(堀坂)
・ICOCAは「普及」が第一。回数券機能もグーパスも今後の検討課題としたい。

ここで正午になったため、ワタシ途中出場してしまいました。
10年前に続き今回もラストまで聞けずじまい(爆)

思ったこと?
・質問に対する答えになっていない答えが多かったように思う。
・福知山線脱線事故の被害者遺族と同席することで、妙に緊張感を持った。
ということですね。

「JR西日本株主総会」という検索ワードで来られたみなさん!
これでご満足いただけましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.21

今日は参院選の投票日ですが

なんか今回ほど「自分の一票が国政に反映されないのではないか」と感じた選挙はないです。

マスコミは早くから「与党圧勝」って論調繰り返すし、第二極(=対抗馬)であるべき民主党は守勢一方だし、第三極は仲間割れして間接的に与党の援護をしているし・・・

ゴタゴタ続きの民主党政権は、もうこりごりですが、かといってあの自民党時代に戻るのも・・・なあ。
ふてくされに限りなく近いつぶやきでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)