カテゴリー「旅行・地域」の68件の記事

2016.08.18

歴史的街並みを3つ

今のワタシ、仕事の出張・個人的な旅行で、いわゆる「歴史的街並み」に巡り合うチャンスがいくつかあります。

ここにあげた3か所は、いずれもここ1年以内に訪問したことがあるところばかりです。

Dscn06431

まず1枚目の画像は島根県津和野町。

足元の石畳まできれいに整備されています。

津和野って、ひょっとして山口県じゃないかと思っておられる方、いませんか?
津和野は島根県です。
ついでに萩は山口県です。
そう、萩と津和野は同一県にあるんじゃありません。

2枚目は広島県竹原市です。

Dscn06961

NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」でものすごく知名度があがったところです。

ただ、この街並み、マッサンを機に整備したものということではなく、それ以前から景観保存地区に指定され、きれいに整備されています。
まあ、マッサンを機に新設された見物箇所もゼロではありませんけどね。

3枚目は岐阜県恵那市の岩村地区です。

岩村といえば岩村城址や五平餅・みたらし団子が有名かもしれませんが、この岩村町本通りの景観は見ごたえがあります。

Dscn11481

いい意味でもっとも生活感が感じられるのは岩村です。
いまも多くの方々が普通に居住されていますし、多くの商店が現役です。

それと3地区に共通しているのは、地域の方々や小中学生が、ワタシのような門外漢の旅行者に対しても、会うと必ずご挨拶されること。
これはある意味驚異であって脅威です。
ものすごくあたたかく迎えられているとも言えるし、監視されているとも言えます。

というか昔は、日本全国どこでもそうだったんじゃないでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.10

ついに流山有料道路も無料化へ

ワタシ、このブログで、今からかなり以前(2007年10月)に

今日から無料の松戸野田有料道路

って記事を書きました。

その記事の中で、松戸野田有料道路より流山有料道路こそ、早く無料化できないもんかと書き、皆様からも賛同のコメントいただいていました。

その流山有料道路ですが、千葉日報によると、どうやら4月から無料化されるようです。

記事を要約すれば
・日本一短いことで知られる「流山有料道路」(全長500m)が4月から無料化。
・周辺地域の開発などで通行量が想定を上回り建設費の償還が早く終了した。
・予定より7年も早い無料化。
・元々は流山IC自体が、地元からの要望で設置されたもの。一般道路への接続道路が必要なため、県が通行料で建設費を賄う形で整備し、1992年に県道路公社が管理する有料道路としてスタート。

ということになっています。

ワタシ、初めてこの流山ICを利用したとき、常磐道の通行料金とともに流山有料道路の通行料もいっしょに徴収いたしますって表記を見ましたが、その流山有料道路ってどこにあるのかと思いました。
そんなの、まさかICへの取り付け道路が有料道路なんて思ってもいませんでしたもん。

まあ、思わぬ誤解を招きそうな有料道路がいよいよ無くなるということで、あの独特の「何か損した気分」を味わうことも無くなりますが、ちょっと寂しい気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.20

津和野にて

facebookにも記述したように、ワタシ、先ごろ仕事とはいえ初めて津和野に行ってまいりました。

そこで気づいたことをみっつばかり書きたいと思います。

Fj3115291

ひとつめは津和野は島根県であること。
うっかり山口県だと思ってました。
JRの線名が「山口線」だし、近くの有名な観光地で、津和野とセットで訪れる方が多い「萩」が山口県であるからです。

ふたつめはヒトが少なかったこと・・・
4月の平日ということもあって観光客は少ないです。
さらにJR山口線が昨年7月の豪雨災害以来、今も地福~津和野間が運行休止状態になっています。
つまり山陽新幹線新山口駅からの直通列車が無い状態であり、列車での来訪客が制限を受けています。

そしてみっつめは、町なかで出会う小中学生、高校生が、必ずワタシに対して
「こんにちわー」、「おはようございます」
とあいさつしてくれること。
学校や家庭で普段からそうするように指示されているからだとは思いますが、あいさつされてイヤなことはないですし、良からぬ輩にとっては心理的にツラいでしょうね。
こういうふうに欠かさずあいさつを交わされたのは香川県の小豆島以来でした。

Hi363468

1枚目の画像は津和野の中心部殿町通りの夕景。
2枚目の画像は(再出ですが)小豆島にある、世界一幅の狭い海峡としてギネス認定されている土渕海峡です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.21

これがヘリ空母の遠景です

呉市にて入港してくるのを見かけました。

Fj311507

(ちょっと判りにくいですが)艦首にある番号は182です。

ということは、この艦はひゅうが型護衛艦「いせ」ですね。

全通型のヘリコプター発着甲板を装備したヘリ空母です。

こうやって遠くから眺めたら、航空機用空母にも見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.09

チョコレートフォンデュを食してみました

先月に訪れた長崎県佐世保市のハウステンボス。

Fj311099

とにかく、ものすごく暑かったんです。
あまりの暑さに、ウチの3姉妹でさえも、おみやげを買う気力を無くしていました。

実際に訪れた方ならご存知と思いますが、フェアウェルゲートから出国(出場ですね)したところに、TDRと同じく大きなスーベニアショップがあります。
おサイフ握っている親からみれば最終関門、子ども達にとってはラストチャンスなワケですが、バテ気味のウチの3姉妹、ススーッと通過(笑)

そんな状況下、みせすれじぇんど氏が「これならいいかな」と買ってみたのが、2枚目の画像にあるチョコレートフォンデュでした。

Fj311121

あまりの暑さだから、チョコレート買っても、またたくまに無残に溶けてしまいます。
が、フォンデュなら・・・オッケーですね。

しかも園内で宿泊したホテルヨーロッパの朝食バイキング会場に、このチョコレートフォンデュがあったんです。
チョコレートが「滝」みたいになってて、ウチの3姉妹が気に入ってパクついてました。

帰宅2日目にさっそく食べてみましたよ。

うん、おいしかった!

Fj311123

これって、普通に売られているものなんでしょうかね?
ウチの3姉妹、すっかりお気に入りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.08.25

由布院 B-speakのロールケーキ

せっかく由布院に来たのだから、地元の方にも評判のいいお店で何か買おうと、お世話になった温泉旅館の若き仲居さんにうかがったところ、このお店を絶賛されていました。

201308220955131

由布院駅から歩いて6分ほど。
ちょうど広い県道と、いわゆる「湯の坪街道」がY字型に分岐する、まあ判りやすいところにお店がありました。

訪れたのが平日ということもあって、予約することなくすぐに購入できましたが、あまりの評判のため、日曜日は予約しておかないと売り切れ必至とのことです。

Fj311120

地鶏の卵が使用されているのが特徴で、ふわふわとした食感がよかったです。

画像は名物Pロール(1380円)。
またなかなかのデザインの保冷剤入り持ち帰り用バッグも購入しました(250円)

ひとつだけ気になったことがありました。

由布院が何となく、かつての清里っぽくなっています。
タレントショップこそありませんが、ハデな外観のあまり地域に似つかわしくないように思えるお店がちらほらありました。
これ以上は華々しくなってほしくないと思います。

Fj311119

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.08.19

ハウステンボスに来ています

いま着いたばかりです。
それにしても暑い・・・

Fj311103

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.05.29

Jリーグ観戦中、広島VS柏

東葛飾の皆さん!
ちゃんと柏レイソルの試合を観てますよ!
広島のエディオンスタジアムにやってきました。

Fj310824


サンフレッチェ広島VS柏レイソルのJリーグ第9節公式戦です。

いやいや、完全なアウェイです。
柏サポーターも100人あまりしかいません。
でもホームと変わらず元気です。
それと、広島のサポーターとは、険悪な雰囲気がまったく感じられません。

Fj310832

試合は、ややサンフレッチェが押し気味で進行しましたが、結局スコアレスドローに終わりました。

試合終了後には、サンフレッチェのGK西川と共に翌日から単独で新幹線に乗って代表に合流するFW工藤に対し、広島サポからも
「代表がんばれよ!」
とあたたかい声援が飛んでいました。

Fj310839

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.26

日本海でアジ釣ってきました

恒例の海釣り、本年度第1回目に行ってきました。

Fj310813

場所はいつもの福井県小浜市です。

会社の釣り好きお父さん方と総勢4人で、いつもの釣り船を貸切にしてもらって、早朝7時にいざ出港。

やっぱりこの時期のターゲットは大アジです。
この日(5月25日)は、波高は0.5程度だが風が強い。
天候自体は、薄い雲が上空高い場所にたなびく程度の晴天。
絶好の釣り日和です。

で、いきなりアジが絶好調。

Fj310814

船長さんが話すには、先週まではここまでは釣れなかったとのこと。
ここに来て、この1週間で水温が上がったということなんでしょう。

夕方6時に帰港するまで、たいへん快適な時間を過ごさせていただきました。

で釣果は・・・
35cm超の大アジ2匹、アジ13匹、ガシラ1匹、ベラ2匹でした。

ラストの画像はこの日最長の38cmのアジ。

Fj310819

今後、暑くなるにつれ、これほどのサイズはあまり期待できませんから、アジとしては今年最初で最後の大物となりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.05.06

変わった形のおみくじ

みなさま、ゴールデンウイークはいかがでしたでしょうか?
ワタシは前の記事にある通り、安近短といってはなんですが、初めて天橋立に行ってきました。
今回はそこで見つけたおみくじのハナシを書いてみたいと思います。

天橋立に着いた我ら一行、クルマを文殊地区に停めました。

Fj310745

ここ文殊地区には、智恩寺(文殊堂)という名跡があります。
(1枚目の画像は、その文殊堂です)
この智恩寺、「三人寄れば文殊の知恵・・・」の語源にもなった日本三文殊のひとつだそうで、知恵を授かる文殊さんとして受験シーズンに賑わうそうです。

その智恩寺で変わった形のおみくじを見つけました。

2枚目、3枚目の画像にあるように、形が扇子になっているおみくじがあったんです。

Fj310793

ごく普通の紙製のおみくじ(100円)もあったんですが、ウチの3姉妹の次女「2号」は、迷わずこの扇子型(300円)を購入しました。
透明アクリルの箱に多くの扇子が入っており、お金を払ってからコレっというのを1個取り出すという形式になっていました。
扇子を開けると「大吉」や「吉」という文字と共に、運勢が書かれています。

普通おみくじといえば、神社やお寺の境内の樹木に結んで行かれるのが一般的ですが、この扇子型おみくじも、やはりしっかりと樹木に結ばれています。
何かそのまま結んで帰るのがちょっともったいない気がしますが。

Fj310746

ワタシ、学生時代までは、おみくじは何が出ようと結んで帰りました。
まわりがみんなそうしていたからですね。
でも今のワタシは、大吉や大大吉なら結ぶことなく持って帰り、丁寧にたたみ治して財布や小物入れに入れて持ち歩くことにしています。
運を呼びますものね。
一方、凶が出たときは結んでいきます。
幸いなことに(?)凶を引いたのは生涯において学生時代の一回だけですが。
ちなみにウチの「2号」は、この扇子型おみくじは結ばずに持って帰りました。

みなさん、やはりおみくじって結んでいきますか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧